旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

2017年 05月 06日 ( 1 )

天皇陛下も相続税

ワイドショーを見ていたら、今上帝の上位に絡んで、天皇の財産の相続についてやっていた。
びっくりしたのは、天皇にまで、相続税がかかることと、贈与税もかかることと、
天皇が私有財産を持っていたこと。

天皇って、国民の税金で、全部生活しているんだと思っていたので、驚いた。
もちろん、税金から、皇室費は、出ているけれど。

大正天皇がなくなられた時の財産が、1500万円。
そして、昭和天皇がなくなられた時の財産が18億円。
すごい増えてる。
で、この18億円を皇太后と近所帝で半分この9億円づつ相続したとか。
ほかのご兄弟は、権利を放棄したそうです。
で、奥様である、皇太后には、相続税はかからないけれど、
子である今上帝の相続する9億円に対しては、4億円の相続税がかかったそうです。
テレビを見ていて、びっくり。
天皇にまで税金かけるんだ。

ちなみに、今回の譲位で、贈与になる皇室の三種の神器に、相続税をかけるかどうかも議論の対象になったとか。
いやー、そこにまで、税金かけるとか、どうなの。
結果として、三種の神器は、国家財産でもあるから、かけないことにしたそうです。

それにしても、相続税は、金持ちを増やさないためというより、貧乏人をたくさん作るための悪法だと思います。
累進課税もむちゃくちゃすぎる。
お金持ちはいくらだも税のがれができるけれど、小金持ちの庶民には、そんなことできませんもの。
法律のルールも難しすぎてわからないし。こざかしいことするには、頭脳がいるし。
こんな法律があるのは、日本だけとか聞いたことあるけど、どうなんだろう。
もう少し、時代にあった、現実的な法律にしてほしいものです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
by civaka | 2017-05-06 05:53 | 社会のあり方を考える | Comments(0)