旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

カテゴリ:漫画( 2 )

『ヤング島耕作』

いまさらながらに読んでみて。
うーーーん。

30年くらい前の話になるのかな。

バブルが始まったのは、昭和の最後くらいだったかと思うけど、すでにこのころからその予兆はあったのかも。

島耕作は、ふつうのサラリーマンの話のつもりで書き始めたって作者はいっていたけれど、早稲田大学卒業で、大手家電メーカーに就職。やや早めのペースで主任、係長、課長と、出世していくのだから、十分最初からエリートじゃないですか。

そして、当時の電子レンジの値段はなんと、25万円。
@@。
そんなにしたんだッ。

今なら、1万5千円もだせば、普通に使えるものが買えるのに。
たかくてもせいぜい5万円くらい。

それが、25万円。

当時の先端商品だったかもしれないけど。
たかすぎないか?

それによんでると、初芝の社員は、架空手手形を切って、会社のお金を懐に入れたり、重役クラスは、ゴルフに接待、銀座であそんでいたり、高級料亭に行ったり。

レンジの25万円ていうのは、そういうところに行くお金だったとすると、主婦ヤサラリーマンがせっせと節約して貯めたお金が、銀座にながれていたりしたのでしょうか?

レンジの25万は、商品自体の値段じゃなくて、ゴルフや銀座や、料亭に行くお金だっただけ?
そう思うとなんかすごくはらだたしいですよ。一介の主婦としては。

そのあと、直営ショップ販売だった家電は、大型量販店の出現で、だんだん家電の値段は下げられていくんですよね。

実は、大型量販店の出現で、高級品だった家電は、普通の庶民価格となり、基本の技術料、商品価格で、かえるようになったんだなぁと、読んでいてつくづく思いました。

当時私はまだ子供で、家電がいくらだったのか全く知らなかったけど、近くに量販店ができて、いろいろなものが売っていて、楽しいところだったのを覚えています。

大型量販店を悪者と見る見方もありますが、この漫画を読んで、考え方がちょっと変りました。

今現在、多額のマイナスをかかえる大手家電メーカー。
それはなにも、最近の不況のせいとか、中国韓国の進出のせいだけじゃなくて、この当時からあった、大企業だからという甘えや、自分の出世ばかり考えていた内部の社員たちのもつ気質、会社全体の体質にもあったのではないかと、今更ながらにかんがえさせられるものでした。

今のという未来から見ると、とても面白い物語です。


                 
[PR]
by civaka | 2012-11-05 16:40 | 漫画 | Comments(0)
とうとう完結しました。

前作の『キャリアこぎつねきんのもり』から通して全11巻。連続の連載でもなく、途中掲載誌の引っ越しもあり、長かったです。
十川さんとどうなるのか、ほんとはらはらしました。

石井先生の作品は、ほとんど読み切り作品が多くて、『びんばりハイスクール』以来の長編連載でした。
『ロッカーの花子さん』は、連載というより、読み切りのシリーズものっぽかったし。
しかも、一回『キャリアこぎつねきんのもり』が終わってて、十川さんとのことはどうなるんだーと、思ったままだったから。

実際、結婚して子供産んじゃうと、普通の主婦でも、子供優先になって、旦那のことは二の次とか、どうでもよくなりますからね。003.gif

それが、最初に先ず子供でその次に旦那となると、いらないかもって気持ちになるのも無理ないですね。

でも、早歩さんの、「家族のために自分を犠牲にしない、自分のやりたい事を最優先にして、決して妥協しない」という生き方は、すばらしいなと、思いました。

わらしちゃんのために好きかどうかわからない十川さんととりあえず結婚しちゃうという生き方は選ばなかったわけですからね。自分が納得しないと、譲らない。素晴らしい頑固ぶり、

なかなかこんな風に自分の意思を通して生きていくって、できないです。
なんとなーくその場の雰囲気とか、周りの意見や思惑に流されてしまったりするものですもの。

読んでいて、どうしてなかなか早歩さんが、十川さんを受け入れないのか、あんなに頑固にこだわるのか、不思議だったのです。しかも、十川さんが外国行っちゃったり、顧客サービス室がなくなったり。

顧客サービス室がメインの舞台の物語なのに、どうしてこんなさびしい展開になるんだろうと、思っていたんですけど。

読み終わってみて、なるほどなあっと、思いました。

早歩さんは、わらしちゃんのためでなく、自分自身が十川さんを必要としているということをきちんと自覚する必要があったんですね。だから、こんな展開にして、早歩さんを追いこむ必要があったんですねー。

人生は一人で生きていけると思い込んでいた、思いこもうとしていた早歩さんが、人生は一人ではさびしい、だから、家族が必要で、家族って大切なものなんだって、気づいていく、そういう物語でした。

ハッピーエンドで終わってよかった。

それにしても十川さん。忍耐づよすぎる。どうして、途中で挫折しなかったのか。それほどに早歩さんは、魅力的なんでしょうね。実際そう思うけど。それでもやっぱり凄いわ。

石井先生は独身なのに、既婚で、子育て中で、いい加減いい歳の私にも、すごくためになる参考になる、うならされる、教えられる部分のたくさんある物語でした。

やっぱり、漫画家さんはすごいです。

長い間楽しませていただきました。石井先生、ありがとうございました。


   
[PR]
by civaka | 2012-03-01 09:31 | 漫画 | Comments(0)