旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『宮廷女官 キム尚宮』

あの『チャングムの誓い』のイ・ヨンエ主演。

イ・ヨンエが、韓国史上でも有名な悪女といわれるキム尚宮を演じています。

一応歴史的には、王様たちを手玉にとって、宮中を自分のいいように好き勝手にやりたい方だいした悪女、妖婦と、言われているらしいです。

でも、この作品のシナリオとしては、かならずしも、そういう描き方はしてないかも。

原題は、『西宮』。
これは、当時の大妃、インモク・テビが、先王亡き後、それまでいた王宮からの遷都についていかずに残ったたことと、その場所をキムサングンが策略によって、出入り禁止にしてしまい、その結果インモクが幽閉される状態となったためであります。

つまり、話のセンターは、このインモク・テビなんだけど、日本のタイトルは『キム尚宮』。イ・ヨンエの人気を重視して、キム尚宮の話として、売ってるわけですね。

で、シナリオとしては、キム尚宮(幼少名ケトン)の子供時代から始まっていて、貧乏でボロ同然の粗末な服を着ていて、食事もままならない、そして毎日きつい労働ばかりの生活。そんな時に、運命の相手キム尚宮と、未来のインモクテビが出会う。

まったく同じ日同じ時間に生まれた運命の二人。
生まれがほとんどおなじなのに、なぜこんなに二人の人生はちがうのか?

リャンバン(貴族みたいなもの?)であるインモクは、きれいないい服を着ていて、両親に大切にされ、ケトンに対して、自分はリャンバンなんだから、敬語を使えという。それにムッとしたケトンは、インモクを川に突き落とします。すでに二人の対立はここから始まっているわけです。

そののち、宮中で再会した二人。

そして、夫である王がなくなり、わが子を殺されたインモクは、義理の息子であり、当時の王であるクァンヘ君の度重なる頼みにもかかわらず、我をはって、遷都になっても一緒にいかずに、行宮のちの西宮に残る。ここら辺が話のタイトルであり、話の中心なわけです。

で、みていると、このインモク・テビ。結構やなやつだなぁと、私なんか思う。わけで。
勉強していて、頭もいいけど、プライドが高く、すごく説教臭くて、うざい。

のちに、臣下から廃母論が出たのも、幽閉されたのも、たぶん、そういう部分を臣下たちがみんな嫌っていて、実際この人をしたっていた臣下は、ほとんどいなかったのでは。実際のところ結構嫌われていたのでは。だから、あんなに廃母論が出たのでは。もっと人徳のある大妃であれば、先王がいなくなっても、大切にされたり、慕われたりしたと思えるのですよねぇ。

幽閉中のインモクの様子は、白い粗末な服、少ない食料。服にも困る女官たち。
でもこの人、この状況なのに、なんにもしないで、あいかわらずえらそーに座ってるだけ。

他にもででくる歴史上有名な臣下の人たちは、自分で畑を作って、自分で働いたり動いたりしています。自分を犠牲にしてでも、王に意見を言ったりしている。

なのに、インモクは座っているだけで、何にもしてないですね。

この粗末で貧乏な生活ぶりがかつてのケトンそっくり。
まさにかつての二人の生活ぶり状況はそれぞれの人物の能力によって、見事に対照的に入れ替わっているわけです。そして、その時のキム尚宮は、ただの女官のはずなのに、とてもきれいな服を着て、自分の才覚でしっかり資産形成していて、そして、宮中でのポジションも確保しています。

側室への誘いも断っています。
側室は、当時としては、王の寵愛をえることは当時の女性としはて、最高の出世のはずですが、キム尚宮は、側室になっても、王が死ねば宮中を出されるし、何にもできない不便なポジションだと、当時としてはめずらしく、そう見切っているのですね。

生まれつきの地位や身分で、時分ではなにもしないのにいばっているインモク、リャンバン達。

この物語では、社会の最下層の下働きの人間からはじまって、リャンバンの庶子、それだけでなく、リャンバンや、王や王妃、側室など、ほとんどすべての人が実は、社会の身分構造のために苦しんでいます。

王自身が自分が側室の子供つまり、庶子であるために、王でありながら、どこかしらで、臣下に軽んじられていると思っているし、だから、側室の子である皇太子クァンヘ君にたいしても、冷たい態度をとります。そのあげく、どうしても、正室の子供を後継ぎにしたくて、高齢にもかかわらず。新しい若い王妃を妻に迎えて、王子を産ませるのですね。
クアンヘ君も、側室の子であるために、父王に冷たくされ続けます。
また、キムサングンの両親もまた、下働きのために、雇い主に殺されたり、情夫扱いされたりしています。

側室であるインビンもまた、側室であるために、新しい王妃に使えなくてはならず、王の死とともに、王宮を出なければなりませんでした。

そして、多くの庶子たちが、政党に扱われず、出世もできない世の中に不満をもって、謀反を起こし、とらえられ、殺されてしまいます。
物語ほぼすべての人が、庶子差別、身分差別に、自分の生まれによってえた地位にとても苦しんでいるのです。

そんな中で唯一、キム尚宮だけは、生まれや、地位ではなく、自分自身の力や才覚で、お金や地位や幸せを勝ち取っていく、そういう姿が描かれているのですね。そして、自分の地位だけで、威張っている人たちにたいして、「ふんっいまにみていろよっ」という態度をも見せてくれます。自分の力で生きていくことの大切さをキム尚宮を通して、描いている。そういうお話なんじゃないかと、思います。

史実では、悪女だけど、イ・ヨンエ演じるキム尚宮は、美人でチャーミングで、才能のある頑張り屋さんで、素敵です。
主演でもあるし、見ていて、味方してしまいます。

生まれや地位でなく、自分の力で手に入れるべき。

のちに、クァンヘ君を廃位して次の王になった、ヌンヤン君が、インモクを助けだそうした時も、インモク・テビは理屈ばかり並べて、すごーくえらそうで、ヌンヤン君とその臣下達は、とっても、困っている様子。

母を幽閉する不道徳者の王を排除し、インモク・テビを助け出す。
それが、クーデターのお題目でしたが、実際に会ってみると、やっぱりインモク・テビは、威ばりん棒で理屈屋のいやーなおばさんでした。自分では何にもしてないのにね。
なんだこいつ。うーん。クァンヘ君がこのおばさんを幽閉したのはだからなのかーと、その時になってヌンヤン君たちはつくづく思ったのでは。

というわけで、自分の力で栄華を極めたキム尚宮と、身分差別はマチガッチョル、人はその本来の能力で評価されるべき、そして、自分の力で人生は獲得すべきと言うお話だったと思います。

でも、ラストわずか10年の栄華ののち、ちゃらっとキム尚宮は、死んじゃいますが。


人気ブログランキングへ




[PR]
by civaka | 2012-09-26 10:37 | ドラマ(dvd) | Comments(0)
たまたまわたしのみる番組がそこなのか、あまりにずーっとホロホローネショコラのコマーシャルを見せられるので、しっかり洗脳されて、ちょっと一度くらいたべてみようかなっと、思い至った。

            
9月18日新発売ホロホローネショコラ 6箱

9月18日新発売ホロホローネショコラ 6箱
価格:1,180円(税込、送料別)














ので、いつもいくスーパーのお菓子棚をさがしてみたけど、見当たらない。しかも商品名はなんだっけ?
あれだけコマーシャルみていたのに、女優さんの顔はおぼえても、商品名はおぼえてない・・・・・・・><。

で、調べ直し。
えっとーホロホローネショコラですね。ふむふむ黒い箱だね。

で、もう一軒のスーパーに行ってみたけど、やっぱりない。

スーパー3件みて、コンビニをみてもない。

こうなるとやっぱり、キャベツのようにジャスコに行くしかない。

で、いってみるとさすがに、ジャスコには売っていまして。
しかも、目線のいい位置に、3列も。

食べてみて、味は、まあまあおいしいかな。
でも、また、ジャスコまでわざわざ行って買うほど食べたいとは、思わないかなぁ。

あれだけのコマーシャルプロモーションをかけてるのに、実際のところ消費者は、大手スーパーにいかないかぎり買うことはできない。ふつうのスーパーでは棚のスペースがかぎるられるから、どうしても定番品が優先されるのだと思う。

だから、気合をいれてこまーしゃるをかけても、実際のところ新商品を定番にまで持っていくのは難しいんだろう。

あれだけずーっとコマーシャルをみせられても、消費者はなかなか買えないといのうが、真実。

コマーシャルと実際のマーケットは、こんな風によくかい離している。

気をつけてみていないと、そういうのは、よくわからないものだと、思う。



もう少し、戦略を考え直してもいいんじゃないですかねぇ。

ちなみに、9月18日新発売だったのか。じゃあそんなに売ってるわけないわねぇ。
[PR]
by civaka | 2012-09-25 07:31 | 社会のあり方を考える | Comments(2)
翌日ジャスコにいってみたら、200個限定78円で、なんと嬬恋キャベツが売っていました。
早速買いました。

でも、産地では、あふれているはずの嬬恋キャベツがなぜ、個数限定でしか、売っていないのか。

とっても不思議です。

本当にいいものは、一般の消費者とは別のところにいっている?

料亭とかねぇ。高級すし店とか。
キャベツだから、高級とんかつ店?003.gif

でも、買ったキャベツをたべてみると、硬い。
なんとなーくテレビでいうほどおいしいとは思えない。
春キャベツのようなふわふわでやわらかーいキャベツとは、別物のようです。

夏の旅行でいった嬬恋で買ってきたキャベツもやっぱり硬かったです。
ネットでしらべてみると、嬬恋キャベツは、硬いものしい。

硬いとなると、何でブランドになるほどなのか。
どういう料理法がおいしいのか。
キャベツといえばまあやっぱり、一番は千切りか?

だとしたら、ロールキャベツとか、向いていそう。
ロールキャベツは、葉がしっかりしているほうが作りやすいし、今は冷凍のロールキャベツが、でまわっているので、できすぎてあまったキャベツはつぶさずに、ロールキャベツにして冷凍保存しておけば、もやしのようにコンスタントに年間を通して売れるはず。

そういう工場を現地でつくって、嬬恋ロールキャベツというブランドを作るのもありなんじゃ。

テレビの番組でも、嬬恋のキャベツを使って、軽井沢のホテルのシェフが巨大なロールキャベツをつくっていました。あの料理は、キャベツの葉が硬めで、しっかりしているからこそ、できるもの。
料理のプロもロールキャベツが一番おいしくたべられると、考えたのでしょうか。

それにしても、最近は、産地がわかるので、逆にこんな風にでまわっていないものがわかりやすい。

そして、嬬恋のキャベツは、いっいたどこに出荷されているのか。
あいかわらず、謎です。

大量に出荷すると原価割れというか、モトがとれないというから、つぶしているそうですが、果たして本当にモトがとれないのでしょうか。昔春に野菜がとれなくて、高騰したときがあったけど、その時、キャベツが250円くらいになりました。めちゃ高かった。でも、たまにやすいものがでて、それでも、150円。それは、ふつうのときであれば高い値段だったのに、いつのまにやら、キャベツは、140円でも、安い方という感じになっていました。

最近食品の値段が全体に高くなったとは思うけど、それにしても、キャベツは高いですね。
それは、東京という都会だから?
地方に行くと安いのか?

でも、嬬恋から東京に送っても、他の地域に送っても、送料がかかることに変わりはないのに。

実際には、東京で高いのは、地代、店舗のあるところの固定資産税が高くて、その値段が含まれるから。
だったら、送料とか関係ないんじゃ。

出来過ぎて採算あわないって、本当に本当なのか?
どっかでだれかがちゃっかり儲けていたりしない?

たくさんとれてるはずの野菜があいかわらず、首都圏では高いのは、なんでかなぁ。

消費者のところに安い食品はもう、届かない。そんな構造の世の中になっちゃったんでしょうか。


とりあえず、嬬恋キャベツを届けてくれたジャスコさんありがとう。
[PR]
by civaka | 2012-09-18 08:33 | 社会のあり方を考える | Comments(2)

嬬恋高原キャベツの謎

テレビのワイドショーで嬬恋の高原キャベツがとれすぎて、困っているとのこと。
出来過ぎた分は、市場にださずにつぶしてしまうらしい。
価格も出来過ぎで落ちているとか。

今年の夏は暑かったから、野菜もできすぎてしまうらしい。

で、いつものスーパーにその嬬恋キャベツを買いたいと思って、いってみた。
でも、いつものスーパーに売っていたキャベツは、岩手県産のものと、千葉県産のものだった。
値段も、120~140くらい。
特にすごく安いわけでもない。

なんで?

嬬恋のキャベツは、どこ?

2個100円くらいのおいしい嬬恋の高原キャベツをかうとしう私の夢は流れ去ってしまった。

おかしい。

こんなにとれているのに、キャベツの値段はそんなに安くないし、
嬬恋のキャベツはない。

ジャスコとかの大手のスーパーにいけばあるの?

今年の夏の旅行でみたあの嬬恋のキャベツ畑にわさわさできていたあのキャベツはどこ?



嬬恋の安いおいしいキャベツがたべたいよーーーーーー。
[PR]
by civaka | 2012-09-14 21:36 | 社会のあり方を考える | Comments(4)
AKB48の前田敦子卒業公演をNHKで放送していたので、録画して、みてみました。
すごくよかった。

でもでも、それにしても、篠田真理子と小嶋陽菜がめだった。
この二人は、やっぱりだんとつにスター性を持っているんだなぁと思った。

ごく普通の子ががんばっているなかで、成長していく姿をみせるというAKBのコンセプトとは、裏腹に、やっぱり、天性のスター性には、かなわないと、思ってしまった。

チームAのメンバーでの公演、だったので、もちろん、大島優子とか、柏木由紀子とか、でてなかったわけだから。

あの二人の抜群のスタイルのよさとか、品の良さを持ち合わせながらの絶対の美貌と、色気とか。
なんかっやぱり、どうがんばっても、努力では、手に入らない。
かわいい子も、きれいな子もいっぱいいるのに、人の目をひきつけるものは、やっぱり、天性なのか?


たくさんのメンバーの中で、際立つ輝きは、やっぱり、生まれつきのもの。

努力だけでは手に入らない。

もっとも、あそこまで努力できる前田敦子の努力できる能力もまた、たぶん、天性なんだと思うけど。

たくさん採用して、歌わせて、躍らせて、その中で、いつのまにかめだってくる個性は、努力なのか、天性なのか。

結局、めだつことなく、輝くことなく、卒業以前でやめていくメンバーの方が、実際には、多いんだろうと、思うけど。

なんか。皮肉だなぁ。





それが、やっぱり、芸能界なんだね。




[PR]
by civaka | 2012-09-12 07:10 | 社会のあり方を考える | Comments(0)

『梅ちゃん先生』

前作『カーネーション』の流れでそのままみているんだけど、最近ちょっとつまらない。
だって、女医さんのお話なのに、せっかく開業したはずの梅ちゃん先生の医者としての苦労とか、活躍のシーン゛ほとんどなくて、梅ちゃんの家族のすったもんだの話ばかり。
これじゃ別に主人公が女医である必要はないのでは。

女医だからこその、苦労やエヒソード、女医をしながらだからこその家族との軋轢なんかがないと、主人公に女医さんを持ってきた意味がない気がする。

前作の『カーネーション』も、家族間のすったもんだのエピソードはもちろん入ってたけど、やっぱり主軸となるファッションの仕事の話がちゃんとメインでガンガン進んでいて面白かった。

『梅ちゃん先生』も、最初は、結構おもしろかったし、医者になるためにがんばってるところはおもしろかったんだけど、開業してから、なんだか、話が冗長で、最近なんかわかんなくなってきた。

もう収録は終わっちゃったらしいので、これからシナリオが修正されることはないだろうし、お話ももうすぐおわりなんだけどね。
[PR]
by civaka | 2012-09-05 18:28 | テレビ・ドラマ | Comments(0)