映画の記事はネタバレつきです。あしからず。

by civaka

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

おやすーい鶏唐揚げの謎

最近街中をみていると、唐揚げの安いのがめだつなーっと、思いました。
いろいろなチェーンのお弁当屋さんや、コンビニなどで、唐揚げのポスターが目につきます。
なんでこんなにどこでもここでも、からあげ?

と、思ってみたら、もしかして。

もうじき冬。
そろそろインフルエンザの流行る季節。

インフルエンザのせいで、鳥小屋まるまる焼却処分になるまえに、出せる鶏肉は、まえだおしで、出荷してるのかも。

で、市場で鶏が多いので値安くなってるのかも。
さらに安値の鶏があるので、どこのお店でも、鶏から揚げを売りさばいているのかも。

とにかく、例年より、やたら、唐揚げがめだつんですからーーー。

こうなると、来年の、2月3月には、鶏肉がなくなって、高くなってたりして。


さてさて、本当のところは、どうなのかなーーー。
[PR]
by civaka | 2012-10-31 07:51 | 社会のあり方を考える | Comments(2)

『タイム』

おもしろかった。

映画

物語の中の時間という言葉をお金にかえても、多分ほとんど違和感ないと思う。

すべてを時間でやりとりする社会。になった分、お金がいらなくなって、お金を盗まれないように管理しなくてもいいのって、もしかして、便利?

と、思ったけど、やっぱりお金とおなじで、時間も盗めるようでした。
実際通貨のように人間間でやり取りできるってことは、盗んだりもできるはずで。

それでも、お金ほどには盗みやすくない。らしく、たぶん、時間が通貨になったぶん、治安の心配がなくなったらしく、警察とか、ガードマンとか、なくなったのでしょうか。

主人公の二人があんなにたやすく時間強盗できるとは。
将来的に盗まれるようになることを予測していなかったのでしょうか。


ではやっぱり、時間を保存なんて、できるわけないと思うけど。

実際今の労働賃金だって、労働を売っているというより、自分の人生の時間を切り売りしているようなものだと思う。仕事もないのに、会社にいるだけで、お給料もらっている今の社会はまさに。時間通貨社会ですね。

それにしても、社会が富裕層の都合でできているのは、お金の時も時間の時もかわらないっていうのも、なんかなぁ。

ただ、年ほとらなくなって、その分、化粧品とか美容用品とかいらなくなったはず。その手の会社は、その時にバタバタつぶれたのでしょうか。

時間が通貨になった時の社会のパニック状態とか、想像してみるとおもしろそうだ。
[PR]
by civaka | 2012-10-04 21:37 | 映画 | Comments(0)