映画の記事はネタバレつきです。あしからず。

by civaka

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

コミケに行ってきた

盆と年末に東京ビックサイトでおこなわれるコミックマーケット。

息子が大学の二年生から、オタク道にはまってしまい、今年も描いた漫画を売りに行くというので、初めて観に行った。

私も昔漫画を描いていて、同人誌とかやってたけど、昔と今じゃその違いは果てしなし。

いままでテレビのニュースで見るくらいのヒトゴトだったのに、わが子までその道にはまるとは・・・・・。

ビックサイトの周りは、タクシーもとめられず、駅から入り口までただひたすら人人ひと。

ちらほらと噂のコスプレの人も。

50万人がくるそうで。

こんなにたくさんの人が漫画かいているのかーーーーー。

その熱気にびっくり。

差し入れにマックをかって、冷めるのを心配しつつ、息子のいるところまで、えんえんとひとひとひと。

膨大なテーブルとその間のせまい通路にひとひとひと。

日本トップレベルのイベントなんですねーーー。


まっ、一回いったからもういいかなー。
[PR]
by civaka | 2012-12-31 00:19 | 東京散歩 | Comments(0)

今年のクリスマスケーキ

今年はさすがに、スポンジ焼くことに挫折しまして、スポンジは買ってしまいました。

どうしてもうちのオープンでは、硬くなってしまって、ふわふわのスポンジが焼けません。
来年どうするかは、来年考えよう。

それよりも、23日の夜中に娘がバイトから帰ってきて、先輩が買ってくれたと言って、バイト先のフランス料理店のケーキを持って帰ってきました。
真夜中だったけど、即たべてしまった。

a0226627_6282335.jpg


東京のど真ん中、丸の内のすぐ近くのブラッセリー。

やっぱりすごいーーーーー。
おいしかったですーーーー。011.gif

周りのマカロンがすごくおいしかったと、旦那がべたほめ。
できたてなので、マカロンも外はサクサク、中はもっちりでした。
中は、スポンジじゃなくて、クリームとストロベリーのムースでした。

娘にクリスマスケーキを食べさせてもらえるなんて、ここまでがんばってそだててきたんだなーって、うれしかった。

それから、こっちが私の作ったケーキ。
a0226627_6325882.jpg


クリームとフルーツのデコレーションだけは、自作。
柊の葉っぱは、昨日のケーキの使いまわし。w

いいクリームだと、やっぱりおいしいですーーー。
それに自作だと、イチゴとかフルーツとかほんとにたっぷり。
買ったケーキはこんなにイチゴつかってないもの。

イチゴ1パックと、バラエティーフルーツをたっぷりデコレイトしました。
ケーキの中にも、上の飾り以上にたっぷりとイチゴが入ってます。

クリームがたりなくなって、周りを全部コーティングできませんだした。
でも、切ると、中は、イチゴとクリームがたっぷりです。

これもすごくいしかったーーー。

でもって、丸鶏を買って我が家で焼いた、ローストチキン。
a0226627_636766.jpg


年に一度だけつくるのですーー。
クリスマスの特別メニュー。
うーんでも、写真だと、焼きたてのパリパリほかほかは伝わってこないなー。残念。
でも、あッつくて、パリパリでおいしいんですよ。

旦那が例年、これが毎年の楽しみなんだそうです。

スーパーで焼いたや鶏を買ってきて、温め直すより、ぜーんぜんおいしさが違います。

チキンとケーキでおなかいっぱいでしたー。

で、25日は、鶏足のももを焼いて、残りのケーキを食べておしまい。

毎年クリスマスは、こんなです。

ごちそうさまです。053.gif
[PR]
by civaka | 2012-12-25 06:25 | お料理 | Comments(0)
こっこわかった。ひさしぶりに。

スタンダードのホラーでした。

あのハリーポッターのダニエル・ラドクリフ主演。
19世紀イギリスの片田舎の館。
亡くなったある時アリスの遺言書をさがすためにやってくた若き弁護士アーサー。
でも、遺言書何て結局でてこなかった。

結局、彼がするべきは館の幽霊をなんとかすることだったみたい。

怖い話の好きな人はには楽しいと思うけど、私はもっと違う話の展開を期待してみにいったので、不満です。

a0226627_20151158.jpg


わが子を殺された(事故死なんだけど)母親ジャネットが、死後幽霊となって、祟り続けるお話。
村の子供たちを次々と殺していきます。

黒衣をきた幽霊の彼女の姿をみた者に関わる子供たちはかならず彼女に殺されてしまう。

でも、ジャネットが一番のろっていたのは、子供を養子にして彼女から取り上げた挙句、事故死させてしまった姉のアリスであるはず。にもかかわらず、アリスは、彼女に殺されることなく、館にすみつづけることができたのはなぜ?

彼女が一番呪っていたのは、子どもをとった姉夫婦のはず。
そして、物語の中でも、その二人の写真の顔をキズつけて、彼女の本当の願いをうったえているけれど、主人公のアーサーはその部分が今一つ分からないのかも。

泥の海に沈んでいるジャネットの子供の死体をすくい上げて彼女に返すことで事件を解決しようとしたけれど、それでは、彼女の恨みは解決しなかった。

そして、館に住み続けたアリスを殺すことはできなかった。

幽霊としての、彼女の力は、子供の精神を操って殺すことはできけれど、大人の心を操るほどの力はなかったのでは。

だから、館の中で一番殺したいアリスだけは、殺せなかった。
彼女の恨みは結局、村の子供たちを殺すことで、子供を殺された自分の悔しさを伝えることしかできなかった。

館にやってきたアーサーにいろいな手段で彼女の伝えたい事を伝えようとした。
けれど、最後の彼女の願いはかなわなかった。

でも、もう、彼女の呪うアリス夫妻は、死んでしまっていて、アーサーにもどうしようもない。

この事件はいったいどうすれば解決できるのか。

ちなみに、ラストは原作とは違うらしい。

映画のラストは、私には納得ではない。一番楽な終わり方かも。

死の世界でアーサーが恋しい妻にあえて救われたなら、幽霊の彼女だって、死んだ段階で、息子に再開してすんでいるはず。彼女の呪いが残り続けたのはなぜか?
彼女にわが子をころされた村の夫婦のこころはすでに、浄化されているのに。

その違いはなに?

彼らはすでにわが子の葬式もして埋葬しているから?

それにしてもそもそもなんであんなところに館とか建てるの?
周り泥の海で、おちおち村にも行けなくてめっちゃ不便。
普通の感覚だと、あんなところに館何て建てないでしょ?
イギリス人の考えることはよくわからない。


とにかくこわかったけど、原作を読んでみて、もう少しこのお話を納得したいです。


ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館@ぴあ映画生活
[PR]
by civaka | 2012-12-24 10:55 | 映画 | Comments(1)

北欧料理をたべてみた

ピースボート見学の後に波止場の近くにあったレストランにはいりました。
その時にたべたのがこれ。

a0226627_18244723.jpg


どうやら北欧料理ノレストランらしい。

スペアリブと、キャビア、フォアグラ、タラモサラダがフランスパンのスライスにのったもの。

はじめてたべた、フォアグラ。
たしかにレバーの味でしたが。
でも、これがどうして、珍味としてもてはやされるのか。
やっぱり所詮レバーだしぃ。
日本人の私には、あんまりありがたくないかも。

キャビアも、かなりしょっぱい。
そんなにおいしいともおもえず。

で、たらことお芋のサラダがいちばんおいしかったという・・・・・。

日本人はやっぱり、たらこのほうがいいっ!

キャビアより、いくらの方がいいと思うのは、やっぱり日本人だからねぇ。

フォアグラたべるなら、レバーの焼き鳥の方が、というか、レバーあんまり好きじゃないし。

世界の珍味がわからない、貧乏人で、日本人な自分を再認識。


でもまあ、経験。ものは試し。001.gif
[PR]
by civaka | 2012-12-12 18:33 | おいしい生活 | Comments(0)