映画の記事はネタバレつきです。あしからず。

by civaka

<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

またまた、大好きなかき氷を食べるため、
北区十条まで、はるばる行きました。

同じ都内だけど、北区となると、ちょっと遠い。

それでもはるばる行きました。

北区十条銀座商店街の中の和菓子屋さん兼かき氷屋さんです。
『だるま屋さん』

どっちが本職?


ここの売りは、どうも宇治金時ではないかと、思い、
ミルク宇治金時を食べました。

a0226627_1764057.jpg

店内。
そして、
a0226627_177610.jpg

ミルク宇治金時。
いまみても、うまそーーーーーーーーー。
ジュルッ!!!

またたべたいーーーー。

ここは、一年中やっているそうです。
また、9月とかにも、食べに行きたいかも。

店内は本当にかき氷専門店ぽくて、かき氷以外は、団子しかない。
あ、団子も頼みました。おいしかった。

ここのお店、今話題の孤独のグルメにもでてきたし、
加山雄三のゆうゆう散歩にも出てきた。

いのがしらごろーさんは、冬にコートきて食べてましたね。
かやまゆうぞうさんは、お餅だけ買って、かき氷は食べずに次に行ってしまいました。
なぜ?
加山雄三はかき氷嫌いなの?

ま、それはいいとして、
実は私、宇治金時たべたの、初めてです。
かき氷は、いちごミルクか、小豆ミルクにかぎる。と、おもっているので、宇治頼んだことありませんでした。

でも今回、宇治金時初めて食べてみて、そのおいしさにびっくりっ!!!

ものすごーーーーーく、お茶がさわやかでおいしいんだもの。
ここのは、本当にいい宇治茶使って作ってるんですね。

かき氷に宇治茶があうなんて、思いもよらなかった。
いままで、なんでかき氷にお茶?
と、思ってました。

お茶のさわやかさが、かき氷の冷たさおいしさ以上に、さわやかっ。
サイダーの比じゃありません。
サイダーのさわやかさなんて、しょせん子供向け。

お茶がこんなにさわやかなものだったなんて。

この清涼感!!はんぱないですっ!!!!

氷宇治金時。
脱帽です。

でも、旦那に聞いたら、他のお店の宇治金時はこんなにおいしくはないらしい。

やっぱりここのは、いい宇治茶を使っているのですねきっと。

他にも、このお店特製の苺シロップとか、他のお店にはないメニューも、いろいろ。
かき氷専門店の路をまっしぐらって感じです。

氷も長野の天然氷を使っているとか。
でも、かき氷のおいしさはなんといっても、あの、薄ーく削り取った、氷だと思う。
家のかき氷機じゃ、ああは、出来ません。どうしても。
そこらのファーストフードや、フードコートあたりのかき氷も所詮ガリガリアイスですからね。
おいしいかき氷は、やっぱり専門店に限るのかな。

ちなみにこのあと、十条商店街を少し散策。
たこ焼きをたべ、コーヒー紅茶をのんで、焼き鳥を買って帰ってきました。

ここでは、女性の高齢の浮浪者?
の人をみかけ、ダウン症の二人とその同伴者一人がコーヒー店で食事しているのをみかけ、車いすでコーヒーをのみにきた、おじさんたちをみかけ、子連れで、喫煙室にいるお母さんを見かけました。

そういえば、こういう人たち、私の住んでいるところではほとんど見かけない。
なぜだろう。

浮浪者は、10年前くらいは、結構いたんだけど、最近観ないのは、なぜだろう。
私の町ではこういう人たちをみかけない。なぜだろう。

それにあんなにしっかり商店街がいまどき、都内でのこっているのも、すごい。

北区十条。
不思議なところだった。

だるまや餅菓子店
【業態】甘味
【アクセス】JR埼京線十条(東京都)駅北口 徒歩3分(地図
ぐるなびぐるなび王子のお店情報もチェック!
※2013年10月6日現在の情報です

周辺のお店のお得なプランで予約する
わすれん棒 赤羽一番街店のお得なプラン予約
創作個室ダイニング 百華 -HYAKKA- 赤羽店のお得なプラン予約
うまいもん酒場 えこひいき 赤羽東口駅前店のお得なプラン予約


[PR]
by civaka | 2013-08-27 17:29 | おいしい生活 | Comments(0)

病気がいっぱい

喘息でいつもかかっているお医者さんに定期的な診察にいった。
お薬をもらいに。

先生は、やおら、血圧計をだして、私の右手で血圧を測りだした。

「血圧高いです。このままだと、血圧の薬もださないとならなくなりますよ。」
「どうしたら、さがるんですか。」
「体重が多いと血を送り出す体積が増えるからそれだけ心臓に負担がかかります。」

だからようするに、やせろってことです。
かかっている病気は喘息なんだけど、最近国家の指導でなのか、この先生の個人的意向でなのか、
診察に来ると、やたら、喘息以外の病気のことで最近いろいろうるさい。

胃も悪いし、肝臓の数値も良くない。
だからそれらの薬も出してもらってる。

それはしかたない。

一か所で済めば助かるし。

でも、かかるたんびに、こっちがまーったく考えていない、病気で色々言われる挙句、とにかく体重おとせといわれることが、毎度心理的に負担であるのも事実。

やせたいし、やせた方がいいのもわかる。
でもそんなに簡単にはいかない。



でもってなんかまいど、無理やり病気つくられてる気がしないでもない



医療費がかかるとたいへんだから、最近は、国家レベルで、健康診断が積極的。
おかげで、みんなの健康率が上がって、長生きの人が増えた。

うちの母たちも二人ともいまだに80超えてるけど元気だ。

医療費の支出は減ったけど、その分年金の支出は増えたわけだ。
こんなことをいうと、まあ、不謹慎だけど。

国は国民の幸せのためにやっているのか、支出を減らしたくてやっているのか。
と、そんなことを考えないでもない。

なんかもう、医者にいくのがすごく憂鬱。



長生きもしたくないし。




マイナーな話ですみません。
[PR]
by civaka | 2013-08-25 18:14 | 社会のあり方を考える | Comments(0)

会社って

つらつらと考えていたら、会社ってすごいな。と、思った。

旦那の話を聞いていても、他の話を聞いていても、会社って結構変な人や、無能な人もいっぱいいる。そんな人材をかきあつめて、働かせて、ちゃんと利益だして、社員みんなを食べさせているのだものね。

考えてみれば、会社とか、仕事というのは、そのほとんどが、単純作業や、雑務や、日々毎日同じことのルーティンワークがほとんどだ。

会社に必要なのは、そういうルーティンワークを、こつこつと、ミスせず、文句を言わず、不満をもたず、丁寧にやりつづけていける人間なのかもしれない。

その一方で、今の子育て、若者への教育は、生きがいやら自己実現やら、有能な人間の育成やら、仕事への夢や希望をもたせることだったりして、実際の職場の仕事と、かい離しすぎているかも。

だから、今の若者は、いざ職場で仕事を当てられると、そのほとんどがただの雑務であることに、嫌気がさしてしまうのだろう。自分の能力で、こんな雑務や単純作業をやってはいけないんじゃないかと。
そんな疑問を心に抱えながら、仕事をし続けていくことに、自分で自分がわからなくなっていくのだろう。

実際に社会が必要としているのは、地道な作業をもくもくと出来る人間なのだとしたら、子供や若者にも、まず、そのことを教えていくべきなのかも。

先日も、テレビでいまどきの若者の『新型うつ』についてやっていた。
ちょっと怒られただけで、鬱になって会社に来なくなって、その挙句、遊んでいるっていうのは。にもかかわらず、自分は有能な人間だと、信じているのは。

こんな環境で育てられて、洗脳されてるからだわねぇ。

うちの子もあてはまりそうで、ドキッとしましたが。


本当に有能な能力が必要なのは、仕事の中のほんの1割あるいは、1パーセントくらいかも。

日々のルーティンワークの中で、ふっといつもと違うことに気づけるかどうか。

あるいは、重要な責任のかかる決定をしければならないごく一部の職務だけ。

それなのに、仕事をまるですごく重要な夢の世界のように教え込むのは。間違っているのかも。
将来何になりたいかとか、自分に向いた仕事は何かとか。
そんなこと考えさせる必要あるのかな。

本当に自分で自分のやりたいことをみつけられる人間には、そんな触れ込みは、そもそも必要ないんじゃないのか。


私自身社会の価値観と触れ込みに洗脳されていたかも。と、ふと思った。

それよりは、生きていくことの大変さや、お金を稼ぐことの大変さを教えるべきなのですが。
これはこれで、やっぱり難しい。
社会が一応物質的には、ゆたかで、飢えることもないから。

うーーーーーーーーん。
きびしい。
[PR]
by civaka | 2013-08-22 16:53 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
翌日は快晴。
雨ばかりふる今年の夏にしては、上出来。^^

登山日和でーす。

a0226627_21242391.jpg

スカイライナーのリフトに乗って、山頂へ。

a0226627_21251633.jpg

a0226627_21255512.jpg

後ろにも山。
思ったより、高い。

a0226627_2127740.jpg

a0226627_2128365.jpg

さらに乗り換えて、もう一つ乗ります。

a0226627_21284076.jpg

a0226627_21295167.jpg

下にみえるのが、白樺湖です。
コマーシャルで有名な白樺リゾート池の平ホテルがあるところ。
ここにくるたびにあのコマーシャルを思い出すけれど、入ろうとは、思わない。
せっかくの豊かな自然の多いところにきて、人口的なもので遊ぶなんてもったいなさすぎる。
と、いつも思う。

a0226627_21321824.jpg

そして、ここが山頂。
目の前には、気象レーダーがあります。
黒い四角の上に白い丸。
私ここに展望台があるんだとばっかり思っていた。
なんかおおいなる勘違い。

気象レーダーだったんだすね。

山頂は、周りに何にもなく、高い木も一切ないので、360度周りが全部見渡せます。
すごい。
車山がこんなに高いとは、しらなかったと、ここに来てみて、びっくり。

遠くにかすかに富士さんも見えました。

八ヶ岳も、蓼科山も、みえました。
a0226627_21372178.jpg

木がないので、下の方の登山道も見える。よくみると、人もわかる。
なぜ車山は木がないのでしょうか。
切っちゃったの?
それともはえないの?
なんか不思議。
見晴らしがよくて、きれいだけど、不思議です。

少し散歩しようと思ったんだけれど、道が石だらけで歩きずらくて、あきらめました。
少しだけ歩いて、周りを観察して、涼しさと、気持ちよさをたっぷりと味わって。
でもここ、ハエとはちが多くて、座っていると、ぶんぶんよってきて、体にとまるんですー。
うるさいは気持ち悪いはで、もう、車山の気持ち良さが半減。

虫の多さと、道の歩きにくさが改善されれば、100点満点に素敵なところなんですが。
なんで、あんな高いところにあんなにまでハエがいるの?

a0226627_21435469.jpg

a0226627_2144537.jpg
a0226627_2144295.jpg

それでもすごーくいい景色。

a0226627_21455721.jpg

高山植物も。

そして、
a0226627_21464513.jpg

降ります。
空とんでるみたい。

a0226627_21473569.jpg

リフトとリフトの途中でレストランがあったのでここでランチです。

a0226627_21484679.jpg
a0226627_21482457.jpg

シカ肉のピザ。と、おひさまのピザです。
パリパリのクリスピーで、焼きたて。
こういうところだと、冷凍食品とかでてきたりするけれど、
ここのは、自家製焼き立てでした。
美しい景色を見ながらのランチは、
おいしかった。

a0226627_2151311.jpg

窓の下にはベンチもあって、屋外ランチ。かな。

さらにリフトをおりて、
a0226627_21523461.jpg


車山もおしまい。

あとは、帰宅です。
この日の中央道は、事故が多くて、混んでました。
東京。とおいわーー。
[PR]
by civaka | 2013-08-19 21:54 | 旅日記 | Comments(0)
お昼ごはんのあとは、まだ少し時間があるので、蓼科牧場の方に行ってみました。

本当は、牛のいる牧場を見学して、とれたての牛乳を飲んだりしたかったのだけれど、だんながあんまり先まで行くのをいやがるので、ゴンドラリフトがみえたところで、あきらめて車を止めました。

後でよく見ると、あと少しいけば、牧場がみられたようでした。

雨でなければ、もっと他のルートでこれたのですが、まあ、しかたありません。

とりあえず、リフトがあったので、リフトに乗ることにしました。
ついたところが、御泉水自然園です。

a0226627_17544426.jpg


遊歩道がきちんと整備してあり、涼しくて歩きやすくて、気持ちのいいところでした。
a0226627_1755337.jpg

水が澄んでいて、浅いけれど、そこまでよく見えました。
癒されマース。

a0226627_17561234.jpg


a0226627_17562697.jpg

どこまでも歩いて行きたくなるような、森の散歩道。
こういうところ大好き。

a0226627_17571033.jpg

a0226627_1758102.jpg
a0226627_17575657.jpg

a0226627_17582453.jpg

そのままずーっと歩いて行ったら、今夜のホテルにつきました。
うそうそ。w

ここは、御泉水自然園を降りた後、車を走らせてやってきた、プチホテル、ネーベルハウゼさんです。

階段を上って、チェックイン。

a0226627_18049.jpg


期待していったわりに、なぜかここの写真はこの2枚だけ。
もう、前日ぜんぜん寝てなかったのと、雨がまた、降り出したのとで、集中力とかゼロ。

あと、小さな宿なのと、他にとまっているのがひと組だけなので、お料理写真もとりずらくて。
ここは、フランス料理のシェフだった方が、運営しているお宿です。
コースのフランス料理おいしかったです。
とくに、メインのフィレステーキが柔らかくて、とてもいいお肉でした。

ちかくにある蓼科牧場のお肉なのでしょうか?
聞けませんでしたが。

ここは、クーラーも大きなお風呂もなし。余計な経費をかけていないぶん、すべてお料理にかかってるのかも。


それにしても、ここには、夏の夜空の星が見たくて来たのに。
雨で見られませんでした。

夜中に目覚めた時ちらっとみたら、雨があがっていて、窓からは、満点の星がみえましたが、窓からではそれほどは見られなくて。
できれば、外にでてみたかったけれど、夜中では無理なので。
残念でした。
降るような星でした。
すごくきれいでした。

ふーーーーっ。
[PR]
by civaka | 2013-08-18 18:09 | 旅日記 | Comments(0)
車山高原にいく途中に以前いっておいしかったお蕎麦屋さんがあったので、また、入った。

利休庵

韃靼そばが売りのお店なんだけど、今回はちょうど十割そばがあったので、そちらをたのみました。
a0226627_11324745.jpg


それと、前回他の人が食べているのをみて、すごいなーっと思っていたかきあげも頼みました。
a0226627_11334878.jpg

どんだけいろんな野菜が入っているのやら。
そして、大きくてとーってもたべであります。
二人だと多い。
ごぼうと、にんじんと、ズッキーニと、かぼちゃとさつまいもと、モロッコいんげんと、なすとえびと、そのほか。

たぶん大きな筒状の入れ物の中に具を入れていくんだと思うんだけど。
そして、最近他のお店でも、こういうかきあげみるようになったけれど。

それでもやっぱり、ここのはすごいです。

それと、ビュッフェ式で、無料でお好きにどうぞという、お惣菜。
a0226627_11382571.jpg


なすの味噌煮と、ズッキーニのコールソローです。
ズッキーニでコールスロー!!!!!!!
ズッキーニって生でも食べられるのかな。

こういうおそうざいってすごくいい。
おいしかったです。

ごちそうさま。


利休庵
利休庵
【業態】石臼挽き手打ちそば
【アクセス】JR中央本線茅野駅 車40分(地図
ぐるなびぐるなびこのエリア周辺のグルメ情報のお店情報もチェック!
※2013年10月7日現在の情報です

周辺のお店のお得なプランで予約する
APPLE’s Cafe&Diner のお得なプラン予約


[PR]
by civaka | 2013-08-17 11:49 | 旅日記 | Comments(0)

雨は花火が降らせている

花火大会が始まってかならず、30分くらいで始まるゲリラ豪雨。

これは、たまたま花火大会の日に雨が降るのではなく、
花火をあげたことによるものすごい高温のの気温のせいで、空気中にたまっていた、水分が花火の高温によって、いっきにあめになってしまうのでは?

ゲリラ豪雨の発生の科学的な原理はよくわからないけれど、

花火による高温がいっきにその周りの気温をあげ、それが、ゲリラ豪雨を発生させている。
としか思えません。

花火をしなければ、雨は降らないのかも。

できれば、このあたり、科学的に解明してほしいです。

私はもう、暑過ぎて、花火大会はいきませんが。
[PR]
by civaka | 2013-08-16 08:30 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
翌朝は、雨でした。

早朝はまだ曇りくらいだったので、別所温泉の中にある外湯のひとつ大師の湯へ。
なんか銭湯みたいで、ほのぼの。
ほんとは、旅館のとなりにある石湯に入りたかったのですが、この日運悪くおやすみでしたー。
残念。

さて、おいしーい朝ごはんのあとは、出発。
でも、雨なので、とりあえず近くの美術館にいってみようと。

a0226627_943873.jpg

夭折の画家のデッサンばかりを集めてある美術館です。
村山槐多、関根正二、立原道造などなど。
なんかツタのはり具合がおみごと。w
ちょうど着いた途端に雨もあがってラッキー♪

ほとんどが、結核か喘息。
やはり昔は結核が死亡原因のトップだったんだなぁっと。
今は、抗生剤による治療が普及したからねぇ。
ちなみに今の死亡原因のトップは大腸がんだそうです。
昔は貧乏でろくなもの食べられなかったのが、原因。
今は食べすぎが原因。
こんな極端な原因もないもんだぁ。

a0226627_9491049.jpg

館内にはこんなしゃれたカフェもあったりして。すてき。
飲まなかったけど。

ちょっと小高いところにあるので、ここからみわたせる街のけしきもなかなか。
a0226627_950382.jpg

前は畑です。
ちかくには、窯もあったりして。
ちょっとした芸術村。

別館の槐多庵も見学しました。
a0226627_9542492.jpg

この建物がなかなかおもしろかった。

a0226627_958458.jpg

a0226627_9591010.jpg
a0226627_9585870.jpg


なんか有名な建築家さんがたてたらしく。
でも、きいたんだけど、覚えてません。><

ここ、美術館になるまえは、アトリエだったのでしょうか。
こんなところにすんで絵を描くのはおもしろそうだ。
私もそんな生活をしてみたいです。
でも、冬はちょっとさむすぎる。きっと。

そしさらに雨の中を南下して、車山高原を目指します。
[PR]
by civaka | 2013-08-15 10:04 | 旅日記 | Comments(0)
別所温泉を見学して、お風呂に入って、
さあ、
お夕飯です。

a0226627_13183776.jpg

まずは前菜。
私、コース料理で、前菜が一番すきです。
すごくいろいろ工夫してあって、材料もいろいろなものが使ってあるし、すごく工夫のはばがあって、予定外の意外なものも多くて、おいしいのですもの。

a0226627_1318219.jpg

そして、ここでは、なんと、お部屋ごとに、お釜で、ご飯をたいてくれました。
出来たてほかほかです。炊きあがったら仲居さんがよそってれる。はずでしたが・・・・・。ぷぷ。

まちきれないうちの旦那が、先に開けてしまい、それをちょうど部屋にはいってきた仲居さんにみつかってしまい・・・・・・・・。

ご飯はねーーー。
火を止めたあと、蒸さないとだめなんですよ。
そうじゃないと、ふっくら柔らかいご飯じゃなくて、堅くなってしまいます。
でも、うちのだんな、
そんなのしらないって。
おかしいなぁ。
学校とかで習ってないのかな。
ごはんは、むらすのが大事なんですよ―――。

それはまあ、いいとして、和食はやっぱり、ご飯とおかずは、一緒に食べたいです。
最近フランス料理みたいに、コースでだす旅館がふえてきましたが、
やっぱり、和食は、ご飯とおかずは、一緒にたべたいと、つくづく思ったのでした。

そして、
a0226627_1318549.jpg

メインメニュー。
豚肉のソテー。トマトソースかけ。
上に、しょうがの千切りのフライがのっていました。
トマトソースと、ショウガの千切りフライと一緒に豚肉をいただく。
はじめての味。おもしろい。以前テレビでしょうが専門店をやっていて、しょうがのせんぎりフライ作ってるのを見たことはあったけど、自分で作る気にはなれなくて。
どんな味なんだろうとおもってたけど。
ここではじめてたべることができました。
しょうがの千切りフライ。おもしろい。
やはり、一度くらいつくってみたいかも。しかし、千切り。むずかしそうだ。

a0226627_13175651.jpg

なすの野菜あんかけ。

写真とりそびれたけど、他にも、お刺身とか、鰻と豆腐の蒸しものとか、スッポンスープとか。
いろいろでました。

a0226627_13174648.jpg

お釜でたいた、そばごはん。
しょうゆ味でおいしかったです。

a0226627_1317332.jpg

夜の柏屋別荘でーす。

しかし。
この夜。

夕飯で出たスッポンスープのおかげで精がつきすぎて、一晩ねむれませんでした。
夜はすごくよく寝る旦那まで、夜中の3時に目覚めてしまい、
翌日ドライブ中眠くて眠くて。
とーっても困りました。

スッポンスープは、できれば、朝、出してほしいと、つくづく切実に思ったのでした。

おしいかったです。ごちそうさま。
[PR]
by civaka | 2013-08-14 13:41 | 旅日記 | Comments(0)
とりあえず宿に入って休んでから、別所温泉を見学しました。

別所温泉は、長野の鎌倉といわれるところ。
お寺が多いようです。

その中でも安楽寺と、北向観音が、特にポイント。

a0226627_13161536.jpg

北向観音。
本堂が北を向いて建てられているかららしい。

a0226627_13182356.jpg

とにかく暑くて。
暑さで疲れていて集中力ゼロでした。
写真が斜めってる。
まともに水平の写真がとれず。><
無念です。

a0226627_13221146.jpg


ここは、かの有名なすれ違いラブドラマ『愛染かつら』の愛染かつらの木のあるところ。
これは、『愛染堂』

そして、
a0226627_1324567.jpg

a0226627_13254452.jpg

これが、愛染かつらの木です。

物語の舞台自体は大阪ですが、小説を書いた、川口松太郎が、ここにある木をみて、これをネタに小説をかいたそうです。ネットでしらべると物語の舞台になっているところにも、愛染かつらの木があるらしく。
どっちがどっちだと、思ってしまった。

ほかにも、
a0226627_13284520.jpg
a0226627_13283150.jpg

夫婦杉なんかもあったりして。

ラブラブの観音様です。

でもここは、災害除けの効果のあるところ。
ここのお札で地震の時しなないですんだんだよーっと、堂内に書いてありました。
お札買った方がよかったのかな。

そのあと安楽寺に行きました。

その前に休憩。
a0226627_13321277.jpg
a0226627_1332278.jpg

かき氷。大好きです。
これで少し涼しくなって、安楽寺。
ここは、お宿からどちらも歩いていけます。
でも、ほんものの鎌倉には、負けるが。
でも、山の中の温泉街でのお寺巡りもいいものです。

a0226627_13345553.jpg
a0226627_13343290.jpg

途中うつくしいスイレン池がありまして。
癒されましたーーーーー。

a0226627_13362757.jpg

安楽寺。
a0226627_1336529.jpg

そして、ここにあるのが、国宝の八角堂だそうです。
普通の五重塔、三重塔は、四角ですが、ここは、八角形でつくられている。
なんかめずらしいらしい。
実はここまわりがお墓で。
写真とったら、あぶないものうつったらどうしようと、ちょっとはらはらした。
a0226627_13411276.jpg

でも、大丈夫だった。ほっ。


とにかく暑かったーーーーー。
あせだくです。はあはあ。
[PR]
by civaka | 2013-08-13 13:46 | 旅日記 | Comments(0)