映画の記事はネタバレつきです。あしからず。

by civaka

<   2013年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

池井戸潤の作品に初めて触れたのは、「下町ロケット」のドラマなんだけれど、そのあと、書店でもらったお試し版で一話だけ載っていた「七つの会議」をそこらへんに置いておいたら、普段本を読まない旦那が珍しく読んで、「これおもしろい」と言ったのだ。
それで、続きを、と思っていたけれど、みつけられず、どうしたものかと思ったていたら、NHKでドラマ化してくれた。ありがたい。
同時進行ではじまった、「半沢直樹」のヒットでいまや国民的な作家になった感じ。

最初から文庫として発売ということで買ってみた「ようこそ、我が家へ」も、やはり、メーカーに出向している銀行員の話。

いままで、なぜ銀行員が、メーカーに入り込んでいるのか不思議だったけれど、この話を読んでよくわかった。

会社の中のよそ者というイメージだったし、会社の中にやってきていろいろ口出しする嫌な奴ってイメージだっのは、かつての温泉の女将のドラマを見ていたせいだけれど。w

銀行というと、お金を預けるところ。あるいは、企業に融資して、利息でもうけるところ。
というところだった。けれど、今の銀行は、いろんな会社の、技術や売るものはあるけれど、だから会社をやっているけれど、でも実は、会社経営ってものをちゃんとわかってなくて、だから、うまく会社を経営できないいろんな企業に、経営のノウハウをアドバイスしている。らしい。
そして、これこそが、銀行の本当の仕事なんじゃないのかと、この本を読んでいて、つくづく思った。

お金を貸すだけじゃ貸倒になりかねない。
そして、経営の健全な優良な企業なんて、なかなかない。
だったら、借りたお金をうまく使う方法や、会社の経営のなんたるかをアドバイスして、会社がうまく稼げるようにすれば、銀行もちゃんとお金を貸せるわけで。

優良企業をさがすより、優良企業を作っちゃうおうというわけで。

今の銀行は、そういうことをしているところなんですね。

最終的には、会社もきちんと経営を勉強した人を採用して、自分たちでうまく会社を経営できるようになればいいわけで。

それにしても、池井戸潤の作品のおかげで銀行というところがよくわかった。

私は、メーカー系の方が好きでそういう会社に行ったけれど、だから、お給料のいい銀行とか、生保とか、証券とかそういうところに行ったほうが割がいいのになあと思ってたけど、実際に入ってみれば、そういうところは、そういうところで、大変なんだと、わかりました。



さて、この物語は、ストーカーに悩ませられるところから始まりますが、最後ちゃんとストーカーを突き止めたり、きっちり物語は解決されるので、ほっとします。
でも、物語の最初で、主人公が、電車の割り込みに腹を立てて突き飛ばした人に対して、もう少しだけ優しくしてあげていたら、こんな事件はおきなかったのだろうにと、思ったのでした。

割り込みは悪いけれど、突き倒された段階で相手は、すごく嫌な思いと恥ずかしい思いをしたわけで。だから、その時、主人公が、倒れた相手を助け起こして、「済まないね。ちょっとやりすぎちゃったみたいだ。割り込まれてイラっとしちゃったんだよ。今度はお互いに気をつけようね。」といってあげられたら。

人はだれでも、つい、間違いやずるをするわけで、それをあんまり厳しく問い詰めすぎてもいけない。
それは次に読んだ作品「シャイロックの子供たち」でも、感じたことだし、この物語の最後にも、ストーカーをした相手が、その事件の時、仕事のことで頭がいっぱいで、自分が割り込んでいたことにもきずかなかったとも自戒していたわけで。

都会って人が多すぎて、それだけで、いらいらしてしまう、そんなところだから、尚更。
電車ってどんどんくるんだから、もっとゆっくり乗ってもいいと思うのよ。


[PR]
by civaka | 2013-10-26 12:25 | 読書ノート | Comments(0)
テレビをみていたら、半沢直樹を演じた堺雅人が、KITTEのレストランで故郷宮崎の郷土料理をたべていたのだ、あーこれたべたいねと、さっそくでかけてみた。

KITTEとは、

旧東京中央郵便局局舎を一部保存、再生し建設された『JPタワー』内に、地下1階地上6階、98の店舗から成る商業施設

だそうです。

a0226627_169326.jpg


外観を撮りわすれましたが、中はこんな感じ。
ほぼ三角形の建物の中に、レストランやおみせがいっぱい。

でも、期待の宮崎料理のブリ鳥の炭火焼は、平日限定ということで、残念ながら食べられなかった。
これ食べたくて来たのに。

とりあえず、見学。
屋上には芝生。
a0226627_16121855.jpg


そして、記念にのこされている局長室。
a0226627_16124769.jpg


a0226627_16131464.jpg

窓からは、東京駅が。
ここで郵便をしわけすれば、そのまま列車に乗せて、地方の各都市へ、運べるわけですね。

a0226627_1625113.jpg

室内は、やっぱり、丸の内カラー。
濃いこげ茶色。

レストランは、どこも混んでいて、下の階へ移動。
比較的すいていた1Fの丸の内 CAFE 会で、カルークランチ。
a0226627_16175724.jpg

珍しくリゾットなんか食べてみた。
お米がしっかりアルデンテで、おいしかった。
アルデンテって簡単にいっても、意外と作るのはむずかしいです。

その後地下の食品街を見学。
本当は上の階の雑貨やさんもみたかったけど、もうあんまり長くなると旦那が嫌がるので断念。
この人と行くと、いくらおでかけしても、飯食って、お茶して帰ってくるだけ。
他のお店とか全然みられなくて、なんかつまんないなーと、最近思い始めた。
でも、最近体調わるくて、平日に一人で出けることもできないし。

早く健康になりたーい。

地下には、思いのほかお弁当売り場が多く、ここで働く人にはありがたいだろうなと。
というわけで、お稲荷さんと、小豆島オリーブラーメンを買ってきました。

ここは、もう一回いって、もう少しみてみたいなぁ。

CAFE 会
CAFE 会
【業態】喫茶
【アクセス】JR東京駅 丸の内南口 徒歩1分(地図
ぐるなびぐるなび丸の内のお店情報もチェック!
※2013年10月25日現在の情報です

周辺のお店のお得なプランで予約する
OLD MAN’S UN 丸の内のお得なプラン予約
モンタルチーノ のお得なプラン予約
CITA・CITA 〜丸ビル〜のお得なプラン予約


[PR]
by civaka | 2013-10-25 16:23 | 東京散歩 | Comments(0)

トビウオのくさや

お天気が良かったので出けて見た臨海公園。

久しぶりに観覧車に乗った後、ちょうどやっていた八丈島フェスタ。
のぞいてみたら、なんと、トビウオのくさやを売っていました。
しんくうぱっくで2匹で850円。

こんなの初めて見たー。
トビウオは、八丈島に行った時、泊まった民宿で食べた唐揚げがすごくおいしかったので、
それ以来印象がよい。w

とにかくトビウオのくさやだが、その場で焼いてくれるというので、焼いてもらった。

a0226627_924431.jpg

焼いてる間も結構臭かった。
となりでふつうのものたべてたファミリーがくさいーーーといって、そうそうにいなくなってしまった。w

確かにチョイくさい。
そして、そのくささに、たべてるあいだやたら、ハエがやってきました。
ハエを追い払いつつ、食べたけど、

身がぷりぷりしてて、おいしかった。
結構大きいので、旦那と二人で一匹。
トビウオは割とくせのないさっぱりした味なので、くさやにしても、しつこくない。

とにかくこんなの食べたの初めて。
面白かった。

そのあとは、おたふくソース経営の出店の広島焼きを食べた。
広島焼きとというけれど、95%がキャベツでした。

園内を散歩して、かえったきたー。
いいてんきだったけれど、疲れた。
[PR]
by civaka | 2013-10-24 09:07 | おいしい生活 | Comments(0)

就活はもう始まっている

今日家から自転車でいける普段は利用しない駅にいった時。
スーツを着たたくさんの学生らしき男女がいた。
明らかに、リクルート学生だ。

なにか、就活のイベントでもあったのかなと、思った。
この駅には、区営のイベントホールがある。
中に入ってみてみると、化学系のイベントがあったらしい。

そして、彼らは、某有名洗剤メーカーの名前のかかれた紙袋を持っていた。

あきらかに、就活イベントだ。

例年なら問題ない。
でも、今年から、会社説明会等の就職イベントは、12月からになったはずで。

だから、企業名や、就活であるとわかるような名前でなく、なにやらよくわからない名前のイベントが行われていたわけで。

うちの娘も今年3年生。
これから、就活だけど、毎日のんびりしているようにしか見えない。
それでも、就活のファンでいっぱいのようだ。

娘は文系だから、このイベントは関係ないけれど、
もう、実際には、
世の中の就活は、はじまっているらしい。

12月からなんて、法規制してみても、あいかわらず、法の抜け穴なんていくらでもあるらしい。

そして、就活も早く始めたから、いいともかぎらない。

上の長男の就活をみてきて、とてもたいへんそうだった。
つくづく厳しい世の中である。

とにかく、就活はもうはじまっている。らしい。
[PR]
by civaka | 2013-10-23 16:58 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
やっぱり旅に来るとどうしてものりたくなってしまうロープウェイ。

箱根の駒ケ岳ロープウェイは何度も乗っているけれど、やっぱり今回も。

a0226627_17214352.jpg

20ふんごトに出るのでそんなに待たなくても大丈夫。

a0226627_1722312.jpg

a0226627_17224947.jpg

紅葉はまだまだ。
紅葉のころに来てみたいです。

a0226627_17232642.jpg

この巨大な建物は遠くからでも見えて、わかりやすい。
昔は、この建物の最上階とかもいけたのでしょうか。
おっこちないのかなぁ。この建物。

a0226627_17243147.jpg

そして、少し歩いて、箱根神社奥の宮へ。

a0226627_17252015.jpg

今や恋の神様として売っているらしいですが。
私には、関係ない。

今回のたびはここまで。
この後は、一路東京へ。
平日だったので、ほとんど混まずに、帰れました。
いつもこうだといいのに。
[PR]
by civaka | 2013-10-17 17:27 | 旅日記 | Comments(0)
小田急山のホテルのフレンチでランチを食べるのも今回の大きな目的の一つ。

子連れのころは無理でしたが、今回は少し高くても、思いきって入ってみようと、やってきました。
フランス料理のレストラン『ヴェル・ボワ』
でも、手ごろなランチコースとして、選んだのは、ハンバーグコースでしたが。

a0226627_14471320.jpg

美しいつつじの庭園として、有名なところ。
シーズンに来てみたいけれど、混んでいて無理だろうな。

a0226627_14481382.jpg

正面には、芦ノ湖。
もう少し下に、ホテル直営のサロンドテが、あります。
湖のすぐ上に出来ていて、ここも素敵です。
ここのバナナケーキがとってもおいしかったですよ。

a0226627_1448563.jpg

白い壁にエンジ色の屋根のヨーロッパ風の低層のホテルが何ともいえず素敵です。

泊まると高いので、ご飯くらいでいいか。

a0226627_1449589.jpg

サラダそして、

a0226627_14502241.jpg

コーンスープのあとに、メインのハンバーグ。
わたし、実はもう少しちがうものたべたかったのですが、
そうすると高くなるので、あきらめました。

味はよかったのですが、ただこのハンバーグ。
たべていたら、髪の毛らしきものが入っていました。
お店の人を呼んで、とりかえてもらえばよかったのですが、
なぜかこの時、ものすごくめんどくさくて、そのまま食べちゃいました。

後で考えてみると、やっぱり気持ち悪い。

次回こういうことに遭遇したら、やっぱり、取り替えてもらおうっと。

そして、きれいなデザート。
a0226627_14532732.jpg


伊豆とか箱根というのは、東京から近いせいか、観光客相手の飲食店の多くが、料理の割にやたら値段が高く。東京の人間相手なら、高くても、いいと、思ってでもいるのかなと、思わされることが多いです。
値段が高くて、気取ってる割に、まずい。

そんなことが何度かあって、箱根や伊豆があんまり好きじゃありません。
パーキングなんかも、しっかりお金取るしねえ。

ほんとに毎回そういう不愉快に会うことが多くて。

私のよくいく長野では、そういう不愉快はほとんどないのですけどねえ。

さて次は、箱根に来るとよくいくロープウェイです。


ヴェル・ボワ
ヴェル・ボワ
【業態】フランス料理レストラン
【アクセス】箱根登山鉄道箱根湯本駅 車40分(地図
ぐるなびぐるなび箱根のフレンチレストラン・フランス料理店のお店情報もチェック!
※2013年10月16日現在の情報です

周辺のお店のお得なプランで予約する
情緒個室ダイニング 楓 KAEDE 横浜店のお得なプラン予約
永華楼 のお得なプラン予約
地酒とそば・京風おでん 三間堂 戸塚店のお得なプラン予約


[PR]
by civaka | 2013-10-16 15:06 | 旅日記 | Comments(0)
箱根スカイラインを降りて、道の駅「箱根峠」に、到着。
ちょっと休憩。
というわけで、中に入ってふと見たら、

a0226627_1236881.jpg

レイちゃん発見!!!!

えっなにこれっ。
と、よくみたら、

a0226627_12364897.jpg

なんとエヴァンゲイヲン自販機発見!!!

さすが。エヴァの聖地。

a0226627_12382370.jpg

真ん中には、しっかり、UCCコーヒーがっ!!!

a0226627_1239799.jpg

なんで、ネルフのマークがいちじくの葉なのか分かった。
知恵の象徴なんですね。
って、いまごろだが。

ほかにも、エヴァグッズがいろいろ売ってました。
レイちゃんのケーキと、まりちゃんたちがかいてあるリバーシブルのカーサンシェードを買いました。

近くには、ヤシマ作戦の地、双子山もあります。ここから見られます。
どれかよくわかんなかったけど。

こんなところで意外なものを発見して、チェックしまくり。
予定外にたっぷり滞在してしまいました。w

このあとは、山のホテルでランチ。
[PR]
by civaka | 2013-10-12 12:42 | 旅日記 | Comments(0)
二日目は、今まで何度も箱根にきいてたけど、なかなかここまでくる余裕のなかったスカイラインを走ってみようと、いうことで。
箱根には何度も来てるのに、スカイラインは、はじめてです。
でも、旦那は、若いころ何度も、やってきて、走っていたらしい。
車好きの人なので、箱根の道路は、車で走るには、楽しいところらしいです。

a0226627_9481847.jpg

途中いくつかの休憩所があり、車を降りるとさわやかな風が。

左は芦ノ湖、右は御殿場の街が見えます。
この日は台風が近づいていて、雲が多く見えなかったのですが、
晴れていれば、富士山がとてもよくみられる富士山スポットです。
うーん。残念。

a0226627_9514716.jpg

御殿場の街。
東名高速もみえました。

a0226627_9524138.jpg

芦ノ湖を上から見たのは、初めて。
有名な海賊船型遊覧船も見えました。

秋のさわやかな風の中を走りぬけるスカイライン。
気持ちよかった。

でも、平日のこともあり、ほとんど他の車もいなくて、割とあんまり人の来ないところのようで。
こんなにいい眺めで、たのしいのに、もったいない。
紅葉の季節には、また、きれいそうです。
[PR]
by civaka | 2013-10-10 09:58 | 旅日記 | Comments(0)
いつもは車の窓越しにみるだけで、ほとんど素通りしていた、仙石原のすすき。
今回は秋だし、じっくりみてみようと、いうことで、やってきました。

なにがどうなってるのかわからず。
それでも、観光客用の臨時駐車場を発見。ススキ野原の中にあるお蕎麦屋さんのところ之角をまがって少しいって、さらに、左に曲がると、あります。
ほとんど整地していなくて、水溜りだらけ。
でも、無料だし、ありがたいです。
そこからススキ野原までは、少し歩かないとなりませんが、10分くらい歩いて、山の中腹一帯をおおうススキの原に行きつきました。

a0226627_1345624.jpg
a0226627_13445140.jpg

a0226627_13463861.jpg


a0226627_13465554.jpg

このあたり、ガイドブックをみても、箱根の観光サイトをみても、細かいことがのっていなくて、どうなっていろのかわからず、こまりました。
もう少し、説明がほしいです。
だって、箱根でも、結構重要なポイントなんだし。

でもここの、山の斜面にススキの原があるってことは、人間が木を切って開拓したんだろう。
ススキは美しいけれど、このはらっぱは、ある意味人工的なもの。
ふーむ。

a0226627_13501587.jpg


a0226627_13512555.jpg
a0226627_1351339.jpg


すすきのはら。
こんなにじっくり見たのは、はじめて。

駐車場から、ススキに行く途中にあったカフェで、ヨモギソフトをたべて、ここでもまた、のんびり。
ここのカフェ。ありがたい。

この後は、お宿で一泊。
会社がらみの安い宿泊施設だったので、特にレポートはなし。

翌日は、山のホテルへ。
[PR]
by civaka | 2013-10-08 13:56 | 旅日記 | Comments(0)
ここしばらく長野ばかりだったので、久しぶりの箱根は近いなーっと、実感。
旦那のお休みが取れたので、箱根に一泊旅行に行ってきました。

それでも、都心を抜けるのに、30分から、1時間はかかるので、西東京や横浜に住んでいる人がうらやましい。

今回は、ポーラ美術館と、仙石原のすすき、山のホテルをメインに行きます。

箱根は近い分もうなんどもなんどもいっているので、大体の有名どころはいっちっゃてるし。
いままで、どうでもいいと思っていたところに、改めてじっくり行ってみることにしました。

a0226627_3383213.jpg

秋の富士山は、雪がありません。
雲でよく見えないけど。
なんかちょっと茶色かった。

a0226627_339244.jpg

ポーラ美術館です。
名前と存在はしっていたけど、今までは子供たちが小さくて、こういうところは、これなかったし。
子離れして、大人の旅なので、いろいろいけるようになりました。

今回の企画展は、モネ。
やっぱり印象派はいいですね。
日本人は印象派が好きだっていうけど、たしかに、なんかみていてしっくりくる。
ルノワールやゴッホに隠れて、今一つだったモネですが、
今回モネの作品をじっくり見て、ああ、結構いい絵をかいている画家さんだったんだなと、再認識。
モネが好きになりました。
スイレンの絵も再認識。
やっぱりいいですね。
のんびりゆっくりじっくり見られました。

そして、この美術館自体も、いろいろと工夫されたつくりで、心を開放してくれる感じがします。
a0226627_344582.jpg

ガラスが多用されていて、
a0226627_3443126.jpg

周りの空や森の美しさが心に染み入ります。

a0226627_345921.jpg

館内のカフェも大きな窓越しの森を見ながら。です。

a0226627_3454374.jpg

そして、レストランもガラス越しの森を見ながら。です。
同じ森の景色なのに、ガラス越しに室内から見ると、
どうして贅沢な感じがするのでしょうね。
a0226627_3471385.jpg
a0226627_347447.jpg

旦那は、ベトナムのフォーを
わたしは、トマトスバゲティをいただきました。
他にもおいしそうなランチコースもあったけれど、
夜の宿の夕食がたべられなくなるので、軽めに。

ただね。ここ。
料理はおいしかったのですが、出されたお水が生臭くてすごくまずくて。
こんなまずいお水を飲んだのは、何年ぶりでしょう。
屋上の給水タンク式なのでしょうか?
ちょっと何とかしてほしいです。
他のお客様から苦情が出たりしないのかな。

a0226627_3502148.jpg

そのあとは、美術館の周りにつくられた遊歩道をちょっとお散歩。

a0226627_3511444.jpg

さるすべりに似た茶色い木肌の木がたくさんあって何だろうと思ったら、
これがヒメシャラでした。
春に行けば、花をみられそう。

美術館でのんびり。結構時間かかりました。
一日潰せるかも。
そういうコンセプトでつくってありますね。ここは。

そして、つぎは、秋の仙石原。
すすきだ。よ。
[PR]
by civaka | 2013-10-07 03:54 | 旅日記 | Comments(0)