映画の記事はネタバレつきです。あしからず。

by civaka

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『セブン』

キリスト教の七つの大罪をテーマに、七つの大罪に値するとされる人間が、犯人によって、残酷に殺されていく事件。ベテランサマセットと新人ミルズの二人の刑事がこの事件を追って行く中で、たどりつく壮絶な結末に、大概の人はなんで?と、思うんじゃないかと思う。

新人刑事役にブラット・ピット。『ジョーブラックによろしく』を見て以来ファンだったので、昼間のテレビのロードショーでたまたまみはじめて、ラッキーと思った。のです。

殺人現場のシーンは、すこぶるえぐい。気持ち悪い。

しかし、途中で意外と早くに捕まってしまった犯人。
七つの大罪をたどるように、悪い奴と彼が思う人間を殺すはずだったのに、彼のシナリオは、狂ってしまった。
そして、急展開のラスト。
予定した人間をすべて殺せなかった犯人ジョン・ドゥは、自分自身をもまた、七つの大罪の悪人として、そのいけにえにしつつ、七つの大罪としてのいけにえ7人を作りだすことだけには、成功する。

けれど、何の罪もないミルズの妻が殺されてしまっていることで、彼のシナリオは、不完全に終わる。ジョン・ドゥはゲームに負けている。
七つの大罪をシナリオどうりに完成できたのならば、神の言葉を忘れ、いまだに多くの罪を繰り返す人々への神の断罪をなしえて、彼は、神になりえたはずだった。

けれど、ゲームは、失敗し、シナリオは、矛盾を抱えてしまい、彼は神になりえなかった。

物語において、ジョン・ドゥの行動は予定外、だったけれど、映画としてのシナリオを描いた、ウォーカーにとっては、予定通りだったはず。

つまりは、最初の5人までは、悪人であったのであり、断罪される存在だった。はず。

けれど、残りの二人となるジョン・ドゥも、ミルズも、普通の人間。ジョン・ドゥは、最初断罪する側ではあっても、断罪される側つまり悪人、罪びと、大罪者ではなかったはず。
七つの大罪をすべてシナリオ通りに進めることで、彼は、彼の中では、神にすらなりえたはずだった。
そして、事件を追いかけるミルズもまた、自分は刑事であり、決して、罪を犯す側には回らない。と、心の奥底で確信していたはず。だった。

けれど、事件が急展開する中で、ジョン・ドゥも、ミルズもまた、結果的に七つの大罪の中にカウントされる大罪者となってしまったのだ。それはまさに、映画のシナリオを描いたウォーカーにとっては、予定通りなのだ。
ウォーカーは、最初から7人の中に、ジョン・ドゥとミルズの二人をカウントした上で、この物語を描いているのだ。けれどだからといって、ウォーカーは、自身を神と思うつもりもないし、ただ、物語として、人の罪を人として、啓示しているだけだ。

大概の人間は、罪を犯したり、犯罪者になったりしない。ものを盗んだり、人を殺したりしない、と心の奥で自分的には、確信しているはずだ。

けれど、実際には、ふとしたきっかけで、自分では思っていなかったような事態に巻き込まれ、入り込み、気がつけば大罪者となっている。

ちょっとしたことで、交通事故を起こして殺人者となっていたり、脱税していたり、スリをしていたり、きせるをしていたり、会社のお金を盗んでいたり、うそをついたり。

ミルズのように思いがけない状況で、犯人を殺す殺人者となる状況に追い込まれてしまったりする。

犯人、悪いことをする人間と、普通の人間とは、きっちり隔離されているわけではなく、きがつけば、普通の人間が、大罪者となっている。その境界は近い。

神の言葉は、届いているようで、届いていない。犯罪など、決して起こすまいと、思っているはずの自分自身が、何かのきっかけでふいに、犯罪者になってしまうかもしれない。

神の言葉は近いようで遠い。
これほど、いましめられていても、なお、人は、目の前に不意にあいた穴に落ちてしまう。

罪とは、人にとって、なんなのだろうと、考えさせられる映画でした。


ブラビがカッコ良かった。特に最後の演技がすごく良かった。心に染みました。
前半は、ただの気持ち悪い映画だったけれど、ラストシーンは、荒野の中での三人が、すばらしかったです。

・<a href=http://cinema.pia.co.jp/title/114553/>セブン@ぴあ映画生活</a>



[PR]
by civaka | 2014-05-30 15:28 | 映画 | Comments(0)

就活、そして

とりあえず、娘が内定をいただきました。
長男にくらべると、すごくのんびりして、ひまそうなくらい。
本人はそれなりにたいへんだったとは、思うけど、長男は、もっとすごくいろんな会社を受けていて、OB訪問もいっぱいしたし、会社訪問もいっぱいやったし、すごく忙しそうだったのに。
まあ、あの頃と違って、景気も少し上向きらしいし。

そして、内定のあと、ほんとにこの会社でいいのかな、もう少し就活をやった方がいいかも。
と、思いつつ、やっぱり、気持ちがもりあがらないらしく、そのまま。
内定をもらったのは、一社だけだったし、本当にいきたかった、電車関係のメーカーではなかったので。

今回ふしぎだったのは、ぜんぜん交通費をだしてくれなかったのに、最終面接落ちの連絡をわざわざ速達で送ってきた会社があったこと。交通費もけちっていたのに、なぜわざわざ、落ちた連絡を速達でおくってきたのか?

娘の話を聞いていると、それぞれの会社の人事部同士で打ち合わせをしたりしていないのか?
と、なんとなくそんな想像をしたくなったくらい。

内定をだしても、学生の方が辞退してきたりすると、採用計画がずれるし、人事部同士でこっそり、打ち合わせをして、学生の内定を一社になるように調整すれば、採用計画のずれがおきないし、本当にほしい学生をお互いに確保できるんじゃないか・
とか、思ってみたりする。

都立高校なんかは、本当に受験生がその学校にくるのか、高校と中学の間での情報交換があったから。

そんなことを会社でも、やゆりはじめたかも。とか。


まあ、それはいいとして、
さっそく、決まった会社を見学に行った。
と、いっても、会社の建物をそとからこっそり、観ただけだけど。

どんな会社かなー。

メーカーなので、本社と工場がほぼおなじところにある。
すごくメーカーっぽかった。

春には、実家をでる娘。
大丈夫かな。





[PR]
by civaka | 2014-05-28 09:13 | こどものこと | Comments(0)
会社があるのがほとんど都市だから、サラリーマンは、都市に住まなければならない。
当然住居は高い。

どんなに給料をもらっても、その収入の多くが住居に消えてしまうのだとすれば、
いったい、何のために働いているのだろう。

まあ、会社によっては社宅とか、住居手当、アパートの借り上げなんかをしてくれるところもあるけれど、
まあ、それはほぼ、大企業か、中堅企業で、あるのだし。
すべての会社であるわけでもないし。

ずっと、社宅にいられるわけでもなし。

そして、都市の住宅は高い。
なみのアパート、マンションで、つき8万から10万は軽い。
そして、今時のほとんどの人が買う建売住宅は、30坪くらいの三階建で、5000万くらいは軽くする。
高い。こんな建売の住居のローンをはらうだけで、サラリーマンのその生涯賃金の多くが消えてしまうのだし。

しかも、こんな不安定な時代。建売を買うにしても、公務員くらいじゃないと、ローンもおちおち組めないとか。

何のために働いているのだろう。

これだけネットの普及した時代。会社の中でも、仕事の指示は、メールで行われるらしいし、
だったら、在宅勤務でよさそうな気もする。
会議だって、スカイプで、できるだろうし、資料は普通に専用サイトをみんなで見ればいいだけ。
とりひき企業との打ち合わせだって、スカイプやメールやチャットで出来るだろうし。
資料はメールで送るか専用サイトでみられるわけで。プリントアウトすればいいだろうし。
ほとんどを自宅で仕事して、
週一回程度の出社なら、会社まで2時間かかるようなところに、家をもっても、かまわなさそうだ。

都心まで2時間なら、結構建売住宅も安くなるだろう。
そして、みんなが、都心から離れて住むようになれば、都市の土地代も安くなって、全体のバランスがよくなりそうだ。

それに、自宅での仕事なら、主婦でも、子供がいても働ける。
男女共同参画も、さらに、普及しそう。
そう思いながら、いがいと、なかなか普及しない自宅勤務。

いつのことやら。



[PR]
by civaka | 2014-05-17 08:30 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
先週の水曜日に映画を見に入ってから、右足の甲と向こうずねが痛い。
痛いというか、しびれる感じ。
だったけど、だんだんなんか、やけどした時のようなピリピリひりひりした感じ。
激痛ではないけれど、なんかいつも痛い。それは、皮膚自体はなんでもないのに、痛いわけだから、微妙にストレスがたまる。

様子をみていたのだけれど、いつまでたっても治らないので、
神経内科に行ってみた。

いろいろチェックされて、お薬を出してもらった。

脚はまだ痛いけれど、特に問題があるわけでもなく、薬ももらったので、気持ちの上でほっとした。

最近テレビで、コマーシャルしている神経性疼痛ってやつかもしれないと思って。

神経が誤解している?
ってやつですか。

もらって薬は、市販の頭痛薬とは、違うわけで。
すぐにきくというものではないらしく、3週間分の薬を飲んでいくと、だんだん聞いてくるらしいのだけれど。
治るといいな。

そういえば、最近耳鳴りもする。
これって関係あるのかな。

神経内科は、脳神経科とも、関係するらしいし。
神経は、脳の病気とも関係あるらしく。

最近は、いろんなところが壊れてくるので、なんとなく心配だったりする。
長生きしたくないと、思っているはずなのだけど、いざ、不調がでてくると、やっぱり、修理しなきゃと思う。

長生きしたくなくても、死ぬにはやっぱり、まだまだ早い。

春先は不調が多い。
去年は6月にインフルエンザになったし。

ここう数年秋になると、膀胱炎にっていたので、今年の冬は毎日きっちりおふろにはいるようにしたら、ならなかった。
おはり、不潔なのがいけないのか。
節約のために、秋冬は、お風呂を沸かす回数を減らしていたりだけれど、それで、病気になるんじゃたまらない。

やっぱり、お風呂は大切。

また、いま、耳鳴りがした。
もしかして、なんか怖い病気かも。と、ドキドキする。

人間は、壊れやすい。

生き物だからね。




[PR]
by civaka | 2014-05-15 05:19 | つぶやき | Comments(0)
18歳に選挙権をと、今政府は必死だけれど、
そもそも若者が選挙しない理由の一つは、住民票のあるところに住んでいないから
なんじゃないかと思う。

高校を出て、実家をでて、都会の大学に行く。
住民票は実家に残したまま。
選挙のはがきは実家に届くし、選挙できる投票所も実家のそば。
大学にいくくらいで、住民票はふつう移さないんじゃないかと思う。
当然、選挙の投票はできない。たとえ、投票したくても。

就職する。
それでも、会社の独身寮とかだと、住民票は移さないかも。
当然、選挙の投票はできない。

転勤する。
海外勤務だったら、当然選挙出来ない。
地方への転勤でも、はたして、住民票どこまで移すか。
しょっちゅう転勤だと、住民票うつさないかも。
で、選挙の投票はできない。

ちなみにうちの息子も、住民票は、実家のまま。
当然選挙の投票はできない。

それに、転勤で住むところって、土地への愛着も関心も薄い。
選挙出来ても、どうでもよくなったりして、行かない。
結果、投票しない。

だから、遠隔地からでも、選挙出来るようなシステムが必要だと思う。
いまは、こんなにインターネットが普及してるんだから、できるんじゃないかと思う。

不在者投票は出来てるんだから。

住民票は移してなくても、指定した住所に投票権を郵送してもらって、郵送で投票するアナログなシステムでもいいと思うし。

住民票をどこに置くかは、個人の自由。
どこに住むかも、個人の自由。

だとしたら、住民票のあるところと、住んでいるところが、離れているなら、
遠隔地選挙システムなんてあってもいいんじゃないかと思う。

だめですか?
ちなみに、転勤族も選挙しなそうなわけだから、やっぱり、支店での採用、支店での勤務の、システムが広がれば、選挙投票率も上がるかもよ。やっぱり、転勤で住む土地より、生まれながらの土地で働いて、暮らすほうが選挙への関心だって湧く。
支店採用システ ム も、実施されると、さらに投票率はあがるんじゃないかと、思う。



[PR]
by civaka | 2014-05-09 20:37 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
ちょっと前のことだけれど、NHKのクローズアップ現代で、自分たちの払う税金がスラム街の敬語にばかり使われていて、自分たちの方に少しも警察が警備の人材をさいてくれないと、不満をもったアメリカのお金持ちたちが、自分たちだけで、独立したお金持ちだれ7けの町を作り、警察は、自分たちの警備をしてくれるようにしたとか。
ウオールシティというお金持ち竹の街があり、周りが塀で囲まれていて、普通の人は入れないという話もきいたことがあるけれど。

このニュース自体は、ひどいなと、思った。なんて自分勝手。お金持ちだけの街をつくって、自分たちだけが住みよい街をつくったら、そのうち、たれらの食べる食物をつくる人たちすらいなくなって、やがては、彼自身が困ることになるはず。

ただ、こんな風に税金に不満を持っている人たちは、いるわけで、今まで当たり前に思っていた税金の使い方って、本当に正しいの?
もしかして、ここで一度考え直してもいいのでは。

私たちは、税金の使い方を政治家や、官僚や、地方自治体や、役人に任せ過ぎているのではないのか。

たとえば、公営の野球場。野球をする人たちしか使わないのに、広い土地を税金で用意してあげて、メンテナンスしているわけだ。
いまって、娯楽を自治体が安く提供している。そういう税金の使い方だけれど。

もっと、生活の基本の部分に税金を使って、娯楽は、民間にまかせてもいいのではないのか。
そのぶん、野球場の民間経営に対して、土地にかける固定資産税を安くすることで、バックアップするとか。

生活保護も、予算がないから、ということで、新規の申し込みに対して、申請しにくくなっていたりするらしいし。

最近は東京都の喘息の補助も打ち切られそう。
そのわりに、オリンピックを誘致していて、その建設には、税金をかけていたり、東京マラソンをしていたり。

実際の援助の認可が、現場の役人に任されていて、ぜんぜん認可されなかったり。

税金の使い方に対して、私たちは、関与出来なさすぎる。と、思う。





[PR]
by civaka | 2014-05-08 21:03 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
昔、私が勤めていた中小企業。

ある時人事異動があって、
千葉で営業を担当していたAさんは、母親と二人暮らしの独身。
それでも、マイホームを建てて、やれやれと思っていたら、いきなり、九州へ転勤。結局同業他社に転職。
結婚しているなら家族を置いて奥さんに母親を任せての単身赴任も出来るけど、高齢の母と二人暮らしでのこの転勤はちょっとひどい。

東京でうまく営業していたBさんは、千葉へ移動。なぜかうまくいかず。結局退社。

大阪から、東京の営業になった、Cさん。
Bさんは、嘱託の高齢の部長とパートのおばさんと三人で仲良くうまく気を使ってやっていたのだが、
そんな気配りまったくできないCさんの傍若無人ぶりに嫌気がさして、パートさんも、退職。

九州からよんだ技術のDさん。
でも、Dさんがいない九州の現場は立ちゆかず、結局九州に戻って仕事になり、東京に借りたアパートは、誰もすまないまんま。

この人事でそれなり優秀で担当の職場でうまく仕事していたはずの三人がやめてしまった。


会社のいろんな職場を経験させ、会社自体を理解させて、出世させて、未来の管理職を育てる。
これが、企業の人事異動の理由だけれど。
そして、私のみた会社の変な人事はまあ、特別かもしれないけれど。

会社は、本当に全体のことや、会社のことや、人事のことを考えて人事異動しているのか。謎。

本当にこんなにあっちやこっちゃに行かせる人事は必要なのか。

というよりも、今までのような、本社一括採用の上での、全国行脚のようなことはもうやめたらとも思う。
これが結局、地方の過疎化も作っているのだし。

社員は各支店で、その土地に住む人間を募集採用する。
その中で、優秀な人材をエリート候補として、東京の本社に移していけばいいのではと考えてみた。
これを、支店採用システムと読んでみる。

ほとんどの人材は普通の平とか、係長どまりで一生を終えるのだから、だったら、地元で、親の面倒もみつつ、地域の自治体をまもりつつ、その生涯をその土地で送るような、ライフスタイルがあってもいいと思うのです。
その方が無用な転勤費用、引っ越し費用、子供の転校手続きなどのむだもない。

地方の過疎化や、地方自治体の粗悪か、良質化も出来ると思う。


まあ、地方を知らない私の意見ではあるけれど。




[PR]
by civaka | 2014-05-05 21:29 | 社会のあり方を考える | Comments(2)