旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

三崎漁港に行ってきた

私はお刺身はたべられないんだけど、
旦那が港の漁港の食堂で食べてみたいと言っていて、
三崎なら日帰りで行かれると思っていってみた。

ところがまあ、道が混んでて混んでて。
もう行きたくなーい。

途中で帰りたいと思いつつ、たどり着いたのでした。

ついてみると、三崎の街自体はそれほどの活気はないんだけれど、とにかくマグロを食べに来た観光客でいっぱい。
漁港のそばにある、レストラン、食堂、寿司や、居酒屋は、どこもみんな、満席だったり、行列だったり。
a0226627_14502700.jpg
a0226627_14495441.jpg
a0226627_14482425.jpg



なかなかランチもたべられません。

それでもなんとか、出来たての居酒屋さんにもぐりこめた。

ご飯、味噌汁、マグロのかつもついたおさしみ定食が2000円で、たぶん安かったんだと思います。
わたしと娘がマグロのほほ肉のステーキ丼。でした。
でも、マグロはやっぱり、生で食べるべきだ。
火を通すと、ただのツナになってしまう。

そのあと、他のお店をみて値段をチェックしてみると、あんがい自分たちの入ったお店は
安かったのかも。

旦那にきくと、かなりおいしかったそうです。

その日に港についたマグロを三崎の食堂で食べられる。
そういうコンセプトの食堂街なんですね。

観光客用の鮮魚センターうらりもはいりました。
多くのお店を一度に回れるという点では便利かも。
a0226627_14493203.jpg

普段買えないものをさがしてみた。
マグロの輪切りとか、めずらしいけど、旦那一人じゃ食べきれない。
でも、しっぽの部分が小さくて安いので買ってきてみた。
あとは、有名な「とろまん」買いました。
食べてみると、ふつうの肉まんとそれほど変わらない気がした。

港にはすこし、漁船が。対岸には、城ケ島が。

帰り道には、ときどき、河津桜がみえました。

帰り路も混んでいました。

三浦半島。
いろいろ観光地もあるし、東京からも近いのに、道が混んでいて、幹線道路が少ないのが残念です。
行政はもう少し本気で道路を整備するべきなんじゃないかと思いました。

もう少し行きやすくなってくれるといいなあ。



[PR]
by civaka | 2015-02-28 20:22 | おでかけ | Comments(0)
モンサンミッシェル自体あこがれていて、一度はいってみたいと思っていたけれど、数年前にテレビで(たぶん、NHKだったと思うんだけど)、モンサンミッシェルにあるレストランでだけ食べられる特別なオムレツを知って以来、一度は食べてみたいと、思っていた。

このオムレツは、卵をものすごく泡だてて焼いたもので、ふわふわで、口に入れるととろけるらしい。そしてかなり大きい。

そのオムレツを日本で食べられると聞いて、さらに食べたいと思っていたところ、娘が卒業旅行でヨーロッパに行き、モンサンミッシェルにも、いってきた。
「オムレツ食べてきた?」
「うん。でもそんなにおいしくなかった。味もなかったし。一緒に頼んだ山羊のチーズの塩味で何とか食べた。」

そうなのかちょっとがっかり。

でも詳しく聞くと、どうも、オムレツをはじめた元祖の「ラ・メール・プラール」ではなくて、その周りで同じようなオムレツを作っている別のお店らしい。つまりにせもの?つけあわせもなにもなくて、ただ、オムレツがどーんとお皿にのっていただけらしい。

どうやら、オムレツが有名になって、お客さんが多くなった分、周りのお店が真似をして、オムレツを出しているらしい。
さらにネットで調べてみると、日本人の観光客が現地で、オムレツが有名なのでとりあえず、食べてみるかと、ラメールではないお店にはいったあげく、75ユーロもの高い値段で食べる羽目になったらしく。

ちなみに娘が食べたところは、19ユーロだったそうです。

ほぼぼったくりと詐欺。日本人がやたらオムレツを食べたがるということで、馬鹿にされているらしい。
モン・サンミッシェルって、修道院の島なのに?

そんなことでいいのか。

そんな惨状をしったラメールのお店がそれをみかねて、日本にだけお店をつくったのでしょうか。

そういうわけで、本当においしいのか、どうなのか。やっぱりきになるし、一度は食べてみようと、とうとういってきました。

a0226627_14555408.jpg
a0226627_14553500.jpg

混んでます。予約しないとほぼ入れません。

というわけで、予約して行ってきました。

サラダとオムレツとデザートのコースをいただきました。

サラダもオムレツもデザートも8種類用意されていて、好きなものが選べます。
私は、カマベルチーズのサラダと、ラタトゥイュのオムレツ、タルトタタン、紅茶。
夫は、ホタテのサラダと、サーモンのオムレツ、クレームブリュレ、コーヒー。
a0226627_14550710.jpg
a0226627_14545378.jpg
a0226627_14534408.jpg
a0226627_14535887.jpg

で、おいしかったです。
確かに、味はすごく薄いし、味はないに近いかもしれないけど、微妙に味はあるし、だしはあったと思う。
というよりも、ちゃんと付け合わせがタップリついていて、一緒に食べていくと、ちょうどオムレツと同じくらいになくなります。
それでちょうど、味のバランスが取れていました。
おいしかったです。

そもそも普段食べる普通のオムレツだって、オムレツ自体には少しの塩コショウをいれるだけ。
だいたいは、ケチャップつけて食べてますしね。
オムレツにあんまり味をつけるとくどくなっておいしくないと思う。
オムレツ自体は、少しの塩とバターの味でいいんだと思いますが。

というわけで、私は、ラタトゥイユの付け合わせなので、ちょうどトマト味で、ケチャップをつけてたべるのに、かなり似ていて、ちょうどよかった。
夫のサーモンはクリーム味で、これも、普通のオムレツでよくある味なので、おいしかったようです。

ホタテサラダのソースがレモン味で美味しかった。

クレームブリュレも、ココットに入っていて、表面パリパリです。ケーキ屋さんではなかなかパリパリの本格的なクレームブリュレは買えないので。
ヒトの話より、やっぱり自分で確かめに行かないとだめだし、やっぱり、元祖のお店はちゃんとおいしい。

というわけで、長いこと気になっていたモン・サンミッシェルのオムレツ、たべました。
気が済みました。

次は、牛肉のココット食べてみたいかも。







ラ・メール・プラール
ラ・メール・プラール
ジャンル:伝統のオムレツ
アクセス:JR有楽町駅 徒歩1分
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1 国際フォーラム(地図
周辺のお店のプラン予約:
炭火焼肉広場 ととり のプラン一覧
かざくら 隠れ家 並木通り銀座一丁目店のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 有楽町・日比谷×オムレツ・オムライス
情報掲載日:2015年3月26日

[PR]
by civaka | 2015-02-21 19:48 | おいしい生活 | Comments(0)

ニュースのその後

最近のテレビは、医療番組が受ければ、各局で曜日を変えて、似たような医療番組が放送され、さらにこれも似たような世界にすむ日本人が放送され、刑事ものの弔辞かものが放送され、池上彰さんの報道ものが放送され。
どの曲を見てもかわりばえしないなあと、思うけど。

できればさらに、ニュースのその後をあつかった番組も作ってくれるといいのになあと、思う。

日々いろんなニュースが放送されてはいるけれど、そのニュースがそのあとどうなったのかはほとんどわからない。
殺人が起きて、容疑者が捕まって。
ニュースになるのはほぼそこまで。
そのあと、その犯人はどうなったのか、本当に捕まった容疑者は犯人だったのか、冤罪だったのか、裁判では、どんな判決が出たのか。
きになっても、ニュースでは、そういうのはやってくれない。

最近というか、ちょっと前のニュースで、騒音おばさんのニュースがあった。
布団を毎日ばんばんたたいて、大声をだすおばさんの映像が流されるばかりで、被害者は近所に越してきた老夫婦。
でも、これだけ怒っているなら、このおばさんにも、おこっている理由があるはずなのに、そのことを尋ねる映像もなくて、ただ、怒鳴る映像ばかり。このおばさんと老夫婦の間に本当はなにがあったのか。
みていてとても不思議なニュースだった。
ネットで、検索すると、そのあと1年数か月の懲役という判決がでたらしいけれど、
さらには、実は、このおばさんミヨコさんには、障害者の夫と、障害者の子供がいたとか、
老夫婦は、創価学会だったとか、
嫌われていたのは、老夫婦の方だったとか、
障害者というのはうそでミヨコさんの夫も子供も普通の人だったとか、
創価学会という話は本当かどうかもわからないとか、

いろいろかいてあったけれど、真偽のほどはわからない。
ネットだからね。
結構いろんな人がブログに書いていて、
そして、あのニュースに違和感を覚えた人は、私意外にも結構いたんだと、知った。

このニュースの真実はどうなのか。

ほかにも、いろんなニュースのその後が知りたい。
時間がたったことで、今だからあかせるいろいろなニュースの真実がしりたいと、思う。

そんな「ニュースのその後」をかたってくれる番組ができたらいいな。



[PR]
by civaka | 2015-02-10 06:06 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
「イスラム国」がこんなことをする前に、そもそも西欧諸国が武器を作って売ることをしなければ、
こんなことにはならない。

税金がたらないからしょうがないと思って、みんな消費税増税を承認したのに、そうやって集めた税金が230億円も、外国に配られるなんて。
本当に税金は足らないの?
無駄遣いしてるんじゃないの。

今回の事件がなければ、日本がトルコに2億ドルもあげてるなんて、ぜんぜんしらなかった。
結構ショック。
人道支援とかいわれても、トルコみたいなインフレの激しい国で、お金の価値なんて、あっという間になくなるのに、本当に役に立つんだろうか。

私たちの税金は、そうやって、めぐりめぐって、アメリカや、フランスの武器製造会社の経営者の懐に入って行くわけだ。
なんかすごく腹が立つ。

そして、テレビでは、いかにトルコと日本が仲がいいかと、やたら特集していて、今回の2億ドルは当然のことのように思わせられる。
日本とトコルが中がいいのはわかるとしても、だからって、2億ドルはどうなんだーと、自分のオサイフを見ながら思う。

世界がこんなに武器を作らなければ、こんな事件もおこらないだろうし、こんな国もできないだろうに。

と、そんなに単純にはいかないのだろうか?




[PR]
by civaka | 2015-02-05 08:20 | 社会のあり方を考える | Comments(0)

患者の体感

薬を飲んでいて、この薬は効いてるなと思う薬もがある。
ぜんぜん効いてないなと思う薬もある。
副作用のある薬もある。
手が震えたり、ドキドキしたり。
何種類も飲んでいる中で、この副作用はこの薬だなと思うものもある。

いま、数多くの薬をだされて、その副作用でおかしくなるということもあって、薬を減らそうと言う動きもある中で、

たくさんの薬を飲まないままため込んでいる患者も多い。
この薬を飲むとどうもなんだか具合が悪くなるなあと思いつつ、それが副作用だということがわかってなくて、でもどうもなんとなく、この薬は飲むのが嫌だなあと思って、もらっているのに、飲まないでためこんでいる薬もある。

医者は患者が薬を飲まなければ、怒る。医者が怒るとめんどうだから、患者は飲まないまま、薬をためこむ。
出してる薬がのんでいるはずなのに、効果が出ないから、医者はさらに薬を増やす。
こうなるともう、薬を飲んでいる意味も、医者に通う意味もわからなくなってくる。

新薬の承認はむずかしい。そして、時間がかかる。
もっと早く進まないものかと思う。

そして、人間というのは、不安定なもので、プラシーボ効果もあるから、薬自体の屋っこうでなくても、効果が出てしまうらしい。

その割に、薬をだされている患者も、悪い副作用には、意外ときづくもので。
一方で、効いていると偽のレポートで、承認をふける場合もあったりするし。

新薬の試験もだふん、ほんものとね偽物を用意して、その薬効の差を見ると言うほかに、実際に現場で使ってみて、実際の患者にもっと効いているかいないか、チェックしてみるといいのになと、思う。

以前、解熱剤がききすぎるので、医者にいやだと言ったとき、そういう報告は上がっていないから、大丈夫ですといわれたりした。自分が実際に見ている目の前の患者のいうことより、全然知らないところで作られた全然知らない患者たちとお医者さんの報告をしんじるのだろうかと、思った。

出した薬がどの程度効いているか、お医者さんはいったい、どのくらいチェックしているのだろうか。そして、薬品会社は実際に売りだした自分たちの薬の効き目をどの程度、チェックしているのだろうか。

実際に現場で薬を飲む患者たちの感想や報告はないのだろうか。

患者たちのリアルな体感は、どこまで届くのだろうか。

もう少し、患者と体感を、効き取ってほしい。
患者の体感はばかになりませんよ。




[PR]
by civaka | 2015-02-04 10:14 | 社会のあり方を考える | Comments(0)