映画の記事はネタバレつきです。あしからず。

by civaka

<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

高血圧の薬がデータねつ造で実はそれほどの効果があるわけでもなく。
そんなニュースがちょっと前にあったけれど、ということは、それって氷山の一角かもしれないわけで、お医者さんからだされる薬には、実は全然効かないとか、あんまりきかないとか、そんな薬も結構あるのかもしれないと、ちょっと考えてしまった。

実際、お医者さんからだされていても、なんかぜんぜんきかないなーと、思う薬もあるよなあと、思う。
薬には、プラシーボ効果もあるわけだから、実際の効用がなくても、効くこともあるわけだけど、ぜんぜんきかんないなーこの薬と思う時も結構ある。
特に感じるのは、鼻炎とか、アレルギー系の薬かもしれない。

効くく薬はやっぱり、効いてるなと、思うものもあるわけで。
うっかり切らせて、飲めずにいると途端につらくなってくる薬もあるし。

そんな一方で、普通に一般の薬局で売っている薬の方が、よっぽど効く場合もあって。
どうしたものだろうと思う。

一般には、市販薬はせいぜい2~3日くらいで、ある程度たっても効かない時は、ちゃんとお医者さんにいってくださいと、かいてあったりするし、そうなんだろうなとは思う。

でも、ずーっとお医者さんにいって、薬をもらって飲んでいたりしても、いつまでたっても治らないと、ちょっとしびれを切らした市販薬を買った挙句、そっちで直ったりすることもあったりして。

市販薬の方が効くなあと思うこともあって。

市販薬は、もろ競争の世界。効かなければ、売れなくて、すぐにお店の棚から撤退する一方で長く売っている薬は、市販薬と言えども、結構効果があるってことだよね。

処方箋の薬は、効くかどうかに関係なく、医者が処方さえすれば、売れるわけだし。

ずーーーーっと直らないぜんそくと、鼻炎にちょっとうんざりしている最近は、医者ばかり頼っても仕方ないかもと、思い始めている。

結局のところ、今の処方では、悪くはならないけど、直ることもないわけだし。








にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
[PR]
by civaka | 2015-07-14 08:00 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
いろんなことにお金って必要だよね。しょうがないよねと思って、消費税をなくなくはらっいるのに、
このところの税金の使い道を見ていると、ふざけるなっと思う。
どこにいったい、消費税あげてまで集めた意味があるんだか、わからない。

プレミアム商品券も、プレミアム旅行券も、
お金と時間のあまってる定年退職したばかりの団塊の世代のための、制度だよね。
税金なんて、所詮、お金のある人ほど、戻ってくるようにできてるんだよね。
貧乏人のところには税金スラとどかない。

トルコへの支援金とか、国立競技場の馬鹿高い建築費とか。
ほんとゆるせない。

ここ数年で、給料の手取りが2万円も減ったので、減らされてるんだと思っていたけど、
こないだよくよく、給与明細をみていたら、もともとの支給額は同じで、
いろんな控除が増えていた。

だいたい、40歳になったとたん、40歳からひかれる介護保険がはじまったり、
子育てが終わった途端に、子育ての終わった世代には、配偶者手当の支給がなくなったり、
ちょうど団塊のすぐ下の世代のわたしたちって、
割にあわなすぎるよなと、思うけど。

税金返してほしいよ。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
[PR]
by civaka | 2015-07-11 17:22 | 社会のあり方を考える | Comments(0)

勉強の出発点

子供の勉強というと、まず計算と漢字。
小学校の低学年は、計算と漢字のドリルばっかりやらせる。
そんなことやらせてるから、子供が勉強嫌いになる。

まずは、好奇心。

好奇心から育てるべきだと思う。

だから、いろんなところにつれていって、いろんなものをみせて、経験させる。
まずはそこから。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
[PR]
by civaka | 2015-07-01 09:51 | 社会のあり方を考える | Comments(1)