旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私が中学生くらいの時の事件なのだけれど、当時ニュースなんて大して関心のなかった私でも、覚えているほど、大きな事件だった。
長いこと、航空機購入にからむ汚職事件だと思われていた。
けれど、今回の番組では、40年の歳月がへたことで、明らかになって来たことからわかった衝撃の真実が、語られた。
それは、汚職事件のふりをした国家同士の軍事的な策略だった。

アメリカが軍用機を日本に買わせるための大きな計画的事件。
軍用機の購入を隠すために、同時並行で、旅客機を売ることで、旅客機購入がらみの汚職に偽装された、アメリカからの軍用機購入の日本への強制だった。

今、田中角栄が今一度、話題になっていて、すごい人物だったといわれているけれど、
たとえそうだとしても、学歴のない田中があの時代に総理大臣になれたのには、やっぱり裏があったのかもしれない。
歴代の総理大臣は、みんな東大卒で、そして彼らはとてもしたたかで、とても、結束力が高い。
あの時代になぜ自民党内の東大卒の首相候補の彼らが、学歴のない田中角栄を首相にすることを許したのだろうか。

軍用機購入の話は、ハワイで、当時の大統領ニクソンと、田中との間で、初めて行われたとされているけれど、実際には、アメリカからの軍用機の購入の話は、もっと前にあって、でも、それがばれた時のための人身御供として、田中が選ばれたのではないのだろうか。

逮捕されるまで田中がいっさいきずかずにいたのも、
歴代東大卒の中に田中だけが総理になったのも、謎だ。

田中が首相になった途端に、軍用機購入の話がどんどん進んでいくのもタイミングが良すぎて、変な話だ。

田中の受け取ったといわれる汚職の5億円とは別に、いまだに不明の21憶円を懐にいれたのは、田中を人身御供にするべく策略した当時の自民党内の東大卒のトップメンバーたちだったのかもしれない。

番組では、NHKが取材で集めることのできたことだけで、語られているけれど、それらの話をもとに推理していけば、いろいろな闇が想像できそうだ。

日本の防衛は、アメリカ軍によって、なされているけれど、だからと言って、ただで済むわけでもない。
軍用機P3Cの購入のために日本政府が払った金額は、1兆円だそうだけれど、たぶんそれだけでは終わっていないだろう。

今、国民の年金で、アメリカの金融商品ばかりを買っているのだって、
投資によるためのものというより、失敗して損して、年金のためのお金が、アメリカに流れていくのは、国家的策略なんじゃないかと、思っているのは、私だけなんだろうか。

ロッキード事件と変わらない。

アメリカが戦争をしているのは、世界の平和のためじゃなくて、兵器を作る会社をもうけさせるための、計画的策略だ。国家自体が、資本家たちの餌食になって動かされているだけだ。
アメリカの闇は、日本よりさらにもっと深い。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

主婦


人気ブログランキングへ
[PR]
by civaka | 2016-07-27 12:46 | テレビ・ドラマ | Comments(0)

海の家激減のショック

三連休で、海に行きました。
九十九里海岸です。
ところが、最初の目的地だった、矢指ヶ浦海水浴場も、その隣の矢指ヶ浦海水浴場も、海の家がない。
泳いでる人たちは、いるし、車は泊まってるし、無料シャワーもあるけど、でも、海の家がない。
うちは、テントも持ってないし、もう高齢なので、炎天下での海水浴の休憩はきつい。
というわけで、仕方ないので、さらに、南の方の海水浴場を探して、南下したけれど、どこも人はいるけど、海の家はないし、海水浴場自体が無くなっている。
仕方なく、いつもの蓮沼海浜公園まで、南下しました。
さすがに、ここには、プールもあるので、海の家ありました。
結局、中下海水浴場に落ち着きましたが、海の家は一軒だけ。

すでに、閉鎖されている海水浴場も多く、九十九里といえば、何件もの海の家が連なるのんびりとして、広大な海岸が名物だったのに。

いったいなぜ。
そういえば、防砂林もない。
東北の311地震のせい?
確かに、あの時、九十九里も津波が来ていたらしく。
でもねあれは、何年も前。
よくよく考えると、去年は、日本中の海岸で、サメがあらわれて、ニュースになりました。
あのせいで、海水浴客が、激減して、採算が取れず、今年はやめてしまったのでしょうか。
などといろいろ考えましたが、
まあその前から、海水浴客は減ってきているのですよね。
うちも、子供たちが大きくなって、子育てが終わった段階で、
海に気行かなくなりました。
それと、あまりの猛暑に、クーラーのない海の家にいても暑くて耐えられなさそうで、
海にはいかなくなっていました。
それが、また海の家に行き始めたのは、
医学番組を見て、夏に海に行って、海水が鼻に入ったりとかしたりとかが、
冬に風邪のひかなくなる効果になると知ってからです。
今は、年寄りでも、健康のために、プールとか、通ってますからね。
としをとっても、海に行く。

というわけで、
家に戻ってきて、ネットでいろいろ調べてみると、

九十九里は、砂浜の両端にある岬に消波堤を設けたことで、岩場が削られなくなり、砂の供給が減った
とのこと。

でも、それは、1960年代のこと。
でも、50年も前のことが、今頃影響するのでしょうか。
子供の頃は、たしかに、広い海岸でした。
でも、子育てで、通っていた頃もまだ、広かった。
ただ、今回は確かに、海岸のはばが狭かった。
昔は、海の家から水際まで、かなり歩かないとならなかった。遠かった。
でも、今回は、それほど歩かなくても、海につけた。
確かに、昔は、水に入ってから、泳げる深さになるまで相当先までいかないとならないほど、遠浅でした。
でも、今回は、割とすぐに、泳げる深さになりました。

九十九里は、広くて、景色はいいけど、海自体は、遠浅すぎるし、波は荒いし、泳ぎにくいところです。

ただ、海岸が減ったのは、本当に消波堤のせいなのでしょうか。
海岸が減ったのは、ここ数年のような気もします。
311の時の津波のせい。
それとも、地球温暖化のせい?
温暖化のせいで、水位が上がっていて、そのせいで、九十九里の浜が狭くなったていうことはないのでしょうか。

謎です。

ちなみに、温暖化も、実は、地球の軌道自体が変わっていて、太陽に近づいているからとか。

いろいろ考えてみたりして。

でも、しょせん素人だから、学者さんの専門的な分析みたいに、あてにはならない。

でも、九十九里の海水浴場が激減したのは、結構ショックです。
海水浴以外に、特に集客できるものなんてないだろうし。
やっぱり、地方の過疎化は、寂しいものなんだなと思いました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

主婦


人気ブログランキングへ
[PR]
by civaka | 2016-07-18 23:41 | 社会のあり方を考える | Comments(0)

BMW in お台場

お台場に、BMWの新しい車のテーマパークができたというので、見に行ってみた。
オープンは7月だけど、外観だけでも見てみたいというので、行ってみたら、どうやら、入れるというので、入ってみた。実は、グランドオープンは、7月だけど、6月にすでに、プレオープンしているとのこと。
まだ、大掛かりな宣伝はしていないので、お客さんは、少ないけれど、結構来ている。
みんなしっかり、情報チェックしているようですね。
a0226627_5271165.jpg

テーマパークというよりは、超巨大ショールームです。
右が、BMWで
a0226627_527274.jpg

左が最近BMWに吸収?されたMINIです。
a0226627_528581.jpg

裏に巨大な駐車場。そして、中古車の大量の展示。ミニがいっぱーい。
a0226627_5282212.jpg

BMWも、いっぱーい。
a0226627_5284975.jpg

ショールームの中は今販売中の車たち。まずは、ミニの方を見学。
ひととおり見学して、ちょっと中央のスタンドバーに座っていたら、係の人が声をかけてくれました。
a0226627_529468.jpg

ネスプレッソを出してくれて、そのあと、試乗はいかがですかと、いってくれたので、
ディーゼル車をお願いしました。
ネスプレッソは、初めて飲んだのだけれど、思っていたより、おいしかった。
お台場は、普通の町中より、人や車が少なくて、道も整備されていて、試乗するのには、もってこいのところです。
ちょっと走って、ゲートブリッジまで行ってきました。
デイーゼルに乗ったのも、初めて。
今のディーゼルは、クリーンだし、音も静かです。

a0226627_5291743.jpg

そのあとに、ちょっと、BMWも見学。

ここには、BMW,MINIの車がすべて展示してあり、
しかも、すべての車が、試乗できるそうです。

来場してすぐに、試乗ができるなんてすごいですね。

やっぱり車は、乗ってみなくちゃ話にならない。
でも、グランドオープンしたら、混んできて、そんなにすぐには、もう、試乗できないかもしれませんね。

このあとは、デックス東京ビーチにある「たこ焼きミュージーアム」で、たこ焼きを食べて帰ったのでした。
a0226627_5403116.jpg

たこ焼き大好きだぁ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

主婦


人気ブログランキングへ
[PR]
by civaka | 2016-07-02 05:55 | 東京散歩 | Comments(0)