旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

外向きの人、内向きの人

世の中には色々なタイプの人間がいるのだけれど、
それを色々なタイプの二種類に分けることができる。

内向きの農耕タイプと、外向きの狩猟民族タイプ。

外向きの人は、囲まれた人間関係の輪の中にずっといるのが苦手で、
常に外に出て、知らない人との新しい出会い、新しい人間関係を作るのが好き。
だから、浮気ばかりして、離婚ばかりしている人は、性的な理由で浮気するのではなくて、実は、
常に新しい出会いがないとだめで、だから、浮気ばかりになってしまうのだけれど、
本当はただ、家庭という人間関係の閉鎖されたループが苦手なだけだと思う。

家庭で、家事だけやって主婦として収まっているのが苦手な女性もまた、
外に出て、働くほうが向いている。
そういう人は、家事は、できる限り手を抜いたり、外注したりして、働いたほうがいい。
今は、ルンバも、食洗器も、ダスキンもあるし、そういうものをどんどん使って、
家事にとらわれない生き方をしたっていいと思う。

私の母も家事が好きじゃなくて、大して掃除もせず、いつもで歩いていた。
外では寺いているわけではなくて、近くにある実家にしょっちゅう遊びに行ったり、
いくらか実家の仕事を手伝いつつ、買い物に行ったりして、
いつもで歩いていた。
家にいるのを見たことがない。
そんな外向きの人だったけれど、
男を作って出ていくようなことはなかったのだから、まあいいか。

そして、父は、ほとんど友達も作らず、
自営業だったので、ずーっと家にいた。
典型的に内向きタイプである。

浮気ばかりする旦那は、家庭を閉鎖された社会ではない方向にもっていくしかないのだろう。
だから、アメリカなんかだと、常にホームパーティーをして、家に他人を入れたり、
家庭単位で、外とかかわる機会を増やしているのだろうと思う。
アメリカは、狩猟民族タイプの人が多そうだもの。
夫を浮気させないための重要なテクニックだ。
極端な場合だと、スワップなんてことまでやっているけれど、それはまあ、どうなんだとは思うけれど。

一方で、内向きの人たちは、農耕社会の日本に多いタイプ。
外に働きに出ずに、家にいることの方が好きな主婦だっている。
今は、主婦でも働くことが、ふつうとされいるけれど、
それが今の社会の常識になっているとしても、
家にいたい人は家にいればいいと思う。
それぞれの特質にあった生き方をすればいいと思うし、時代の価値観にこだわらなくてもいいと思う。

でも、内向きの多い社会にもかかわらず、
日本という国は、友達の多い社交的な人間を良しとする価値観があるし、
社会で働くには、協調性が求められる。
そんな社会に特に内向きの人間が出ていこうとすると、結構きつい。
いろいろとうまくできないうちにすっかり嫌気がさして、
引きこもりになっていくのも無理ないのではないかと思う。

もう少し、内向きの人間が許容される社会になるといいのだが。
パソコンの普及で、家でできる仕事が増えていけば、
多少人間関係が苦手でもなんとか生きていけるようになるといい。
昔の農耕社会は、内向きでも困らない社会だったのだけれど。
外向きなら、ちょっと江戸に出ていけばいいだけだし。

外向きの人は地方の土地からでて東京に来る。
内向きの人は、そのままその土地にとどまる。
それぞれがそれぞれの生き方をすればいい。

そして、その特質を前提に問題の起きないように対策をとったほうがいい。

人はそれぞれ。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
by civaka | 2017-07-30 09:34 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
憲法九条改正の法案を通さないための、壮絶な攻防がずっと続いている。
何とか、自民党と、安倍総理を追い落とそうと、片っ端から、自民党関連の下げニユースや、安倍総理関連の不正など、自民党と安倍総理の人気を下げ、評価を下げるためのいろいろなニュースが連日流れている。
重箱の隅をつつくように、片っ端から、いろいろな問題をさがしてきているのは、いったい誰なんだろうかと思う。

はたして、安倍総理は、追い落とされるのか、
それともこの苦難を潜り抜けて、憲法九条改正をやり遂げてしまうのか。








にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
by civaka | 2017-07-29 10:18 | 社会のあり方を考える | Comments(0)

カールはもういい

スーパーにいったら、あの「カール」が売っていた。
やっとのことで何とかゲットしたらしい。
早速買ってみて、食べてみた。
カールを食べるのは、久しぶり。
でも、食べてみたら、食感はおいしいけど、
めちゃくちゃ食べずらい。
サクサクッテ食べた後、ほとんどが歯にくっついてしまって、
ほとんどのどにまでいかない。
全体のカサがすごく少ない。
仕方ないから、手で、歯の周りについたカールをこそげとって食べる。
なんか何を食べたかわからない。

カールってこんなに食べにくかったかなぁ。

もう、カールはいい。

ちなみに、最近カールの人気がないのは、
「うまかぼう」のせいじゃないかと思う。
うまか棒人気だし、
うまか棒食べてたら、カールなくてもいいかも。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
by civaka | 2017-07-28 20:18 | つぶやき | Comments(0)

独裁という名の欲望

社会主義国がなぜ、独裁政権になってしまうとか、ずっと不思議だった。

社会主義国は、すべての国民への生活の保障、計画経済、最低限を確保する社会だから、欲望を持つことは許されない。けれど、人間に欲望がないはずがない。

その欲望を満たそうとすれば、政権のトップにたって、自分だけが、こっそり自分の欲望を満たしていくしかない。
それが、独裁者の形になっていく。

生活の底辺を保証しつつ、人の欲望を認める社会。
それが、本来の姿。
人が、欲望を持つのは当たり前のことで、それを認め、生かしていくことが、正しい社会の在り方ではないだろうかと、考えた。

欲望といっても、「おいしいものを食べたい」「いい服を着たい」「旅行がしたい」「贅沢がしたい」その名欲望でさえ、許されなかったら、人が生きていく甲斐はない。

社会も、国も、人のため、子君のためにあるのなら、本来、欲望を認め、活用する社会であってほしいと思う。
欲望が社会を動かし、欲望が社会を発展させる。

今、新しい社会のシステムとして、ベーシックインカムが始まっているらしい。
国民一人一人、10万円配られたら、ずいぶん楽そうだ。
夫婦と子供二人の4人家族なら、40万円。すごい。
そんなにもらったら、働かなくならないか。
いいや、人には欲望があるのだから、その欲望のために、働くはずだと私は、思う。
コーピュータが進んで、AIが進んで、基本機械が働いてくれるから、人間は働かなくてもよくなったら、
国民は、国から、お金をもらって、したいことをする。
絵をかいたり、お芝居をしたり、芸術的な活動や、今まで、お金がなくて、正塚出いっぱいでできなかったことをできる。
そんな未来は、本当に日本にも訪れるのだろうか。

欲望を否定するような、社会は、終わりにしたい。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へにほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
by civaka | 2017-07-23 19:22 | 社会のあり方を考える | Comments(0)

御宿海水浴一泊の旅

いい年して海水浴なんてよく行くなあと、思うけど、楽しかった。

今年は会社の健保組合の契約旅館があるという理由で、御宿にしました。
連休です。混みます。朝の5時半に出発です。
アクアラインを抜けて、首都圏中央連絡自動車のパーキングエリア
a0226627_15033540.jpg
高滝湖で、朝ごはん休憩。
パーキングエリアがあったのには驚いたけど、ここ、トイレと休憩所と渋滞情報以外何もない。
売店もなければ、自販機すらない。ゴミ箱もない。
でもちょうどよかったから、ここで朝ご飯。
おにぎりとか、卵とか野菜とか、いろいろもっていってたので。
すぐ横にあるはずの湖はここからは見えません。
反対車線のパーキングエリアなら見えるようです。

9時ごろようやく御宿着。
ここには、5.6軒の海の家があり、予約した旅館からは、海も近く、車をとめて、いよいよ海へーーーー。

御宿の海はきれいで景色もよくてとてもよかった。
海の家には、おじさんたちもたくさんいて、うるさい音楽もなく、治安もよく、静かで落ち着いていて、とてもよかった。
海の家には、ロッカーもあり、出し入れ自由なので、お財布の盗難を心配することなく、安心して、海を堪能できました。
多分、おじさんたちは、海や、海の家に変な柄の悪い人たちが来ないようにするための護衛でもあるのでしょうか。
出入りするお客さんたちにも、とてもよく声をかけていて、にぎやかでした。
私もとてもよく声をかけられました。セーフティチェックだったのですね。

リゾートホテルやリゾートマンションも多く、きれいで活気のある町でした。
砂浜の砂もベージュ色で、九十九里浜の砂とぜんぜんちがう。
a0226627_15193278.jpg
波は荒いけれど、御宿はとてもよかった。
a0226627_15195895.jpg
ただ、海藻がすごく多くて、足に絡まったら、おぼれちゃうかもよ。


泊まった旅館の料理はかなりしょっぱくて塩辛かった。
a0226627_15211534.jpg
a0226627_15214210.jpg
a0226627_15215559.jpg
a0226627_15220976.jpg
a0226627_15222204.jpg
伊勢海老と、アワビの踊り焼き。
伊勢海老は伊勢のものより小さかったです。
アワビは蓋がしてあったので、踊っているところは見られなかった。
でもあわびはおいしかった。
おなかいっぱいです。
しょっぱいし、味は今イチだったと思う。

a0226627_15245515.jpg
月の砂漠記念館と月の砂漠の像です。
御宿は、有名な童謡『月の砂漠』の作られたところ。
ここの砂浜の砂を見ながら、遠い異国の砂漠のロマンスを創造したのだそうです。
ちなみに子供たち二人に聞いてみたら、
『月の砂漠』の歌を全く知らないそうです。
今の学校ではぜんぜんやらないのですね。
私も教えなかったのだと、気づきました。
これでは、いくら御宿で、月の砂漠を売りにしても若い人たちには、通じないです。
記念館は建物は素敵だったけれど、中は大した展示はなかった。
できれば、月の砂漠の詩を書いた大きなボードを掲示するとか、
歌を聴ける装置を設置するとか、
曲の聴けるアニメーションを上映するとか、あったらいいのになと、思いました。
外観だけ見れば十分だったかも。

次の日は、勝浦の朝市に行ったけど、ろくなもの売ってなかった。
お勧めできません。
夏なので、魚買えませんし。
クールボックスとかちゃんと用意していかないとね。
もっと朝早くいけばもっといろいろあったのでしょうか。

そのあと、勝浦海中公園の展望塔へ。
a0226627_15361632.jpg
海の上を歩いていくのはなかなか楽しい。
そして、すずしい。
ちょっと怖い。

ここも、視界4メートルと書いてあったけど、実際には、1メートルも見えなかった。
冬に行かないとだめかも。でも、冬の海は寒いからいやだ。
a0226627_15345204.jpg
窓からお魚を見ました。
水槽じゃなくて、自然のお魚。
a0226627_15373672.jpg
クーラーのガンガン効いた館内から、鵜原の海を見る。
この後は、おそばを食べて、渋滞の中アクアラインを通って帰りました。

去年の海とは全然違うとても楽しい海でした。



旅行・お出かけ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
[PR]
by civaka | 2017-07-17 15:40 | 旅日記 | Comments(0)
あまりに暇なのと、あまりに運動不足なので、メール便配達の仕事を始めてみました。
すでに、はじめて、一か月。
初めての支払調書をもらったので、
今までの労働時間から、時給を計算してみました。
初めてなので、能率が悪いのもあるけれど、それでも、これはどうよというくらい、安い。
時給ほぼ400円です。
これから能率を上げたとしても、500円がいいところのような気がします。
まさに搾取されているなあと感じます。
こんなに割の合わない仕事ですが、それでも皆さんやっているのですね。
とても不思議ですが、時間の融通のきかない子育て中の主婦や、老後まじかの主婦のお小遣い稼ぎとか。
配達単価表の提示もなく、説明で聞いた通りの金額通りでなく、ずって安い。
それこそ、聞いてた話と違います。
まさに相手の言い値そのまま。
いきなり、値下げなんてこと、ないのかなあ。
それでも、みんな文句も言わずに働いているのは不思議。

せんだって、ヤマト運輸が、残業代を要求して、ニュースになりましたが、
もっとさらにその下の、メール便配達となると、もっと、安く使われている状況ですね。
ヤマト運輸も、残業代をきっちり払ったら、その年の収益が激減したとか。
つまり、社員のタダ働きで、利益を作っていたわけで、
それでも、役員はきっちり、高給をもらっているわけですよねえ。

雇用の場合は、最低賃金が保証されているけれど、メール便配達のような仕事は、委託なので、最低賃金とかも、保証されないわけで。

配達単価表もないのは、たまたま私のかかわっている会社だけなのか、ヤマトや、佐川では、きちんと出しているのか。わからない。

今の仕事は、他の主婦の人たちの話を伝えで聞いているけれど、月、7000円くらいにしかならないとか。

こういう、これから増えていくであろう、仕事も、法律でもう少ししっかり、まもってほしいと思うのです。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ



[PR]
by civaka | 2017-07-10 20:19 | 社会のあり方を考える | Comments(2)