旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

いまだに足が痛い

3年前に足の甲とむこうづねが痛いという記事を書いた。
3年たって、いまだにいたい。

神経内科の後、整形外科にも2か所行ったし、
そのあと、整体にも1年以上行っている。

そして、いまだに足は痛くて、治らない。
もう自分でもどうしていいのか全然わからない。

途方に暮れている。

最初の神経内科でもらったリリカは、確かに痛みはなくなって、効いたけれど、
治るわけじゃないので、
きちんと直したいと思って、
整形外科に行ってみた。
「原因は腰だ」といわれて、
腰のレントゲンやCT、だかMRIだかも、撮ったけれど、
「腰は何でもない」といわれ、

仕方がないので、整体にも通ってみた。
常にあったむこうづねのしびれはなくなってきたけれど、
足の痛いのは、悪くなる一方。

なぜか右足だけが痛い。
右足の薬指の違和感はなくならない。
直接衝撃がかかれば痛みを感じる。
普通に歩く時は衝撃はかからないのでわからないけれど。
薬指に何があるんだ。
超音波でも見てもらったけれど、何にもないといわれた。
リューマチも検査したけど、可能性はない。

普通に歩けるので、整形外科の先生は足には何もないと思うのだろうか。

考えてみれば、足が痛いのに、足自体のレントゲンすらいまだに撮っていない。
もう一度整形外科に行ってみるべきか。
でもそれで、手術とか言われたらいやだし。

足は、むくんでいないけれど、
なんとなーくリンパとか詰まってるのかもしれない。
リンパマッサージでも行ってみようかとも思う。

健診で、相談したら、足専門の整形外科に行くことを勧められた。

近くの大きな整形外科病院、ちょっと遠い足専門の整形外科、リンパマッサージのできる整体。
どこに行ったらいいのか。
迷っている。

ちなみに、3年前困っていた耳鳴りはなくなった。
今思うと、血圧のせいだったのかもしれない。
あのあと、頭痛が続くので、かかりつけの先生に行ったら、高血圧の薬が出た。
そのあと、あんまり頭が痛くならなくなったし、耳鳴りもなくなった。

満身創痍である。
年を取るといろいろな歪みがはっきりとした痛みとなって表れてくるものなんだとつくづく実感。
体の中には長年の間にたまった毒がいっぱいなんだろうか。
若いころには何でもないからと、無理をしがちだけれど、気を付けないと。いけないのだ。

今は膝がやたら痛い。
いつか足が治る日を夢見ている。



[PR]
# by civaka | 2017-10-18 09:27 | つぶやき | Comments(0)
昨日のNHKの所ジョージの番組『所さん!大変ですよ』を見ていて知った。卵がテーマ。だったんだけど、

日本の卵はみんな、卵ご飯用に、白身がもっこり浮き上がる卵になっているらしい。
外国で、マリアという、白身のもっこりする卵を産む鶏(特別改良されたもの)の品種が親鳥として開発され、
海外から、その品種のヒヨコが輸入されて育てられ、親鳥として、日本国内の卵が生産されているのだそうだ。
確かに、今日卵を割ってみたら、白身がもっこりしている。
でもこの、もっこりした白身、私は嫌いだ。
だって固すぎて、かき混ぜても、なかなか混ざってくれない。
白身だけがいつまでも残る。
はしで細かく砕いて、やっと少し混ざる。
卵ってみんなこうなのかと思ってあきらめていた。
まさか、わざわざ作った品種だったなんて、驚きである。

邪魔だ。
もっと柔らかくて、はしで簡単にほぐれて混ざりやすい白身の卵の方がいい。

消費者がもっこり白身の卵を望んでいるなんて、売る側の勝手な思い込みだと思う。たいがいにしてほしい。
なにかっていうと、売れるはず路線のものを作って、市場のものをそればっかりにするのはやめてほしい。

かつてのミニスカートとか、変なロゴ入りのTシャツとか靴下とか、
なんかみんな無理やり。

消費者を販売側の都合で操るのはやめてほしい。

柔らかい普通の白身の卵がほしいです。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
# by civaka | 2017-10-13 17:31 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
なんだか最近うそつきの会社のニュースが多い。
電通の残業嘘申告も、
コベルコの製品の偽装も、
日産の資格偽装も。

ニュースだけ聞いていると、大きな会社のことばかりだけれど、
普通の主婦のかかわる身近な会社にも嘘はある。

4ヶ月前に始めたポスティングの仕事は、やめた。
体力的にきつかったので、肝臓の数値がどんどん悪くなってしまった。
思ったよりハードな仕事だった。
続けている人もいるので、普通ならできるのかも知れないとは思う。
ただ、求人の広告では、月収3万円から5万円となっていたけれど、
実際には、月2万にしかならなかった。
人によっては、7千円くらいらしい。
しかも、届けられた火を含めて3日間くらいで配ることになっているが、
届けられた当日中に配ることが要求されることもあり、
わずか8冊くらいのものを配っても30分はかかる。
ものすごく単位時間あたりの収入が少なくなる。
勿体ないので、他の配達物も無理してその日に配らざるを得ない。
仕事には慣れたので、トータルで計算すると時給800円から1000円くらいになったけれど、
体力的にはきつかった。
実際私のいた4ヶ月の間にほかに3人もやめていた。(同じ配達ルートの人たちだけで)
みんな同じなんだろうか。

しかも、単価表の提示もなく、
返品に対しても、支払われるはずのものの支払いもなく。
一つで、2-3キロもする配達品でも、単価14円など。
仕事を始める前に説明された単価で支払われたこともなく。
電話して聞いてみても担当じゃないからわからないとしか言われず。

ひとりの過失に対して、働いている全員に念書を書かせたり。

予告もなく、いきなり大量の仕事が届いたり。

働いていて、なんだか釈然としないことが多かった。

少なくとも、採点の仕事では前もっての仕事量の大体の予告や、単価表の提示、
支払いミスに対してのきちんとした連絡などもあったので、

ずいぶん違うなあと思った。

そういえば、独身の頃働いていた会社も、嘘をつく会社だったと思う。
女性社員に対しての扱いがひどかった。
女性社員は25歳でやめることが社内の暗黙の了解になっていた。
また、新たな新入社員を、最終的に子会社に出向させる予定であるにもかかわらず、そのことを一切告げずに採用して、3ヶ月くらいごまかしごまかしの使用期間。しかも、部内の社員全員そのこと知っていながら、彼女たちらを告げずにいた。
挙句、私にまで、その人事が降られてきたので、即刻その会社は辞めてしまった。
25歳までしか採用しない会社に奉仕する義務も必要もない。

嘘をつく会社ではやっぱり、働き続けることはできない。

会社が偽装をしていることは、社員であれば目の前で見ているのだから、わかる。
それでも、転職や、生活のことを考えれば、なかなか告発も辞職もしずらい。

それでもいつか黙っていられなくなる社員がでてくる。

嘘をつく会社は続かない。
いつかどこかで破たんする。

そうであってほしいとも思う。






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
# by civaka | 2017-10-12 08:32 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
前回行った時、入らなかった「和栗や」さんのモンブランが食べてみたくて、
日曜日に旦那と、谷中にまた行きました。
でも、今回、ものすごく混んでいて、ついた時には、長蛇の列、どう見積もっても、一時間以上はかかる。
それでも頑張って並んでみたんだけれど、旦那は連日の残業、私はメール便の配達で、疲れていて、45分並んだところで、挫折しました。
ふーーーーーーー。
お店側も、もう少し何か対策をしてほしいものです。

それでも、ソフトクリームは、並ばずに食べられたので、食べました。
a0226627_17291632.jpg
どうしても、うまく写真が撮れなかったけれど、栗のソフトは、とてもおいしかった。
たしかに、栗の味がしっかりと、して、甘すぎず。
あんなに並んでいるのに、なぜか、ソフトクリームを食べる人は、少なかった。
a0226627_16573205.jpg
谷中、連休でもないのに、どんどん人が増えてきて、すごい人気。
カップルも多くて、人気スポットみたい。
こないだ。徳光さんの、路線バスの旅でも、来ていたので、
そのせいもあるのかも。

a0226627_17004093.jpg
昭和のテーマパークですね。入場料ただの。
このあと、コーヒーを飲んで、
たこ焼きも食べて、
メンチカツをたべました。
昔よく近所のそろばん塾に来ていた子たちが、お肉屋さんでコロッケを買って、
ソースをつけてもらって、塾の帰りに食べてました。
昔のファーストフードですね。
私は、塾には行ってなかったので、食べたことなかったけど、
昔のコロッケは10円くらいじゃなかったのかなぁ。
ガリガリ君のようなアイスバーも10円だった。
子供が自分のおこずかいで、簡単に買える値段だった。
物価あがったなーーーー。
今の子供のおこずかいでは、そうそう手軽には買えません。
古き良き昭和ってそういう部分かも。
景色は昭和だけれど、物価は、平成です。やっぱり。
a0226627_16591835.jpg
タコの楊枝がかわいい。
a0226627_16594054.jpg
できれば、おろしポン酢味がほしいところです。
a0226627_16595417.jpg
ソースも青のりも鰹節も自分でつけ放題。
テーブルで座って、ゆっくりたべられるたこ焼き屋さんは、珍しい。
味は普通です。
a0226627_17001669.jpg
最後にレモンサワーを飲みました。
左は、レモンスカッシュ。
輪切りじゃないレモンて珍しい。
いかにも生っぽくて、さわやか。
a0226627_17002928.jpg
イカ焼きも食べたかったけれど、もうおなかいっぱい。
ここは、休日しかやってないので、前回は食べられず。
今回も食べられず。
いつか食べたい。
二回も来てるのに、
モンブランもイカ焼きも、トルコ料理もたべられないなんて。
なぜだ。
a0226627_17005710.jpg
モンブランをあきらめたので、代わりに、栗のお菓子を買ってきました。
栗大福と、栗のパイ。
おいしかった。
和栗独特の味。
パイ生地がちょっと厚すぎると思うけど。

さらにリベンジしたい。いつか。





旅行・お出かけ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]
# by civaka | 2017-10-03 17:15 | 旅日記 | Comments(0)

野菜も姑問題も官僚の罠

昨日の夜、ニュースを見ていたら、作家の堺屋太一が出ていた。
そして、官僚がいかに報道を使って、日本社会の情報操作や、価値観の固定化、洗脳をしているかという話をたっぷりとしていた。とてもよくわかった。

幼稚園小学校中高大学卒業して、すぐ就職、貯金、結婚、ローンで家という今の日本のスタンダードの人生も、官僚が報道を使って、国民を洗脳した結果だそうです。すごく怖い。
そして、すごく納得。こういう、規格化された人生だから、どうにも合わなくて、苦しくなったりもつらくなったり、はみ出しちゃう人たちがいるんだよね。
最近子供の自殺も多いし、いじめも相変わらず多い。
本来、人の個性なんていろいろ違うんだから、いろんな人生があって、当たり前。
大学出た後、少し遊んだって、ちょっと留年したって、全然別の人生だっていいはずなんだ。

でも、私たちは、しっかり洗脳されているから、それ以外の人生を選ぶのが、ちょっと怖い。
それに、用意された通りに人生を送れば間違いないし、楽に生きていけるのも事実。
でも、苦しかったら、はみ出しても、それは普通のことなんだ。

それにしても、いつも、テレビドラマを見ていて、なんてこんなに嫁と姑がいがみ合ったりもめたりするんだと思っていた。そういうドラマが結構多い。あれも、官僚による洗脳なのか。
嫁と姑を仲たがいさせる。一緒に住まなくなる。会社って、人事異動がしっょ中だから、核家族だけの方が転勤させやすい。親がいつも一緒で親の面倒見なきゃって社員が思っていると、転勤のたびに嫌がるだろう。だったら、嫁と姑を仲たがいさせておけば、転勤させやすい。転勤で、姑と離れられるとなれば、お嫁さんは、ラッキーと思って、喜んで移動するだろうし。嫁と姑が仲が悪ければ、旦那もあきらめて、親を置いといて、転勤していくだろう。
会社としては、そんなファミリー形態の方がありがたいに違いない。
世の中あんなに、ひどい姑ばかりじゃないし、仲の良い嫁、姑の家だって結構いるのに。

そして、小さい家をみんなに持たせるという考え方も官僚の指導らしい。
その結果、小さな、一戸建ての建売ばかりの日本になったんだ。
家が小さいから、親と同居できない。結果、親の老後を見てあげられない。
そうやって、親と子を離して、その結果、老人年金がかかるようになったのに。
子供と同居していれば、年金なんて少なくても、そんなに困らないのに。
相続税がかかるから、大きな家を作っても、子供は、相続できない。
その結果売り飛ばして、その土地は、企業が買って、ますます、企業ばかりが儲かる。
企業の社長が儲かる。相続税があっても、富の再分配になんかならない。
でも、小さい家でも、今や子供は経済的に苦しいから、親と同居する子供が増えた。
その結果、三階建ての建売が増えた。必ずしも、官僚の思惑だけでは、社会は動かない。

夕方のニュースで、なんでいつも野菜の値段がやたら話題されるのかも、不思議だった。
これももしかして、官僚の指示なのか。
いくら高くても野菜の値段なんて、たかが知れてる。
それよりも、住宅が高いことの方がよっぽど問題だ。
教育費がかかることの方がよっぽど大変だ。
野菜以外のいろいろなものの値段が高くなる方が大変だ。
でも、野菜の値段の原因は、天候で、自然現象だから、政治は関係ない。
そう思わせておいて、もっと別の政治の問題を野菜の値段とすり替えて、ごまかしてる気がする。
でもとうとう教育費の高いせいで、どんどん少子化が進んでいくので、さすがに、政治もそれを無視できなくなってきたらしい。はたして、将来的に、教育費ゼロになるだろうか。

そんな風に世の中のいろんなニュースは、官僚に情報操作されているのなら、
ぼけーっとテレビをみて、信じ込んだりしないように気を付けないといけない。

怖い怖い。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
# by civaka | 2017-09-15 17:03 | 社会のあり方を考える | Comments(0)