旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

春の乃木神社

神社フリークとして、東京の神社も訪問しようと思い立ち、
まずは、乃木神社へ。
乃木坂46で有名になった地下鉄乃木坂駅は、ホームで、乃木坂の曲が聞けました。

そして、ソニーミュージックのビルもありました。
乃木坂に来たのは、初めて。

a0226627_12354064.jpg
乃木希典大将がご神体としてまつられている乃木神社です。
なぜ、乃木大将がそんなに人気なのか、私には、謎なのです。

乃木神社の入り口には、みごとな枝垂桜があり、
境内には、桜の古木がたくさんありました。
ちょっとシーズンを外してしまったのが、残念でした。

もう少し早く来れば、桜の満開が見られたのに。
a0226627_12355608.jpg
a0226627_12371083.jpg
a0226627_12372698.jpg
a0226627_12373932.jpg
途中に隣の公園につながる入り口が。
ここには、乃木大将の家と厩が再建されていました。
a0226627_12375429.jpg
a0226627_12381980.jpg
やっぱり、神社は美しい。
しかも、手前には、来訪者のために、お茶のポットと紙コップが用意されていました。
さっそく、いただきました。
こんなサービスの神社は初めてです。
境内はやっぱり、外人さんが多い。
というか、平日だったので、人はほんの少しでしたけれど。
右には、宝物館があり、なんと無料。
中には、乃木大将の像や、いろいろな遺品などもありました。
a0226627_12383409.jpg
なぜ、ヒョウタン?
a0226627_12390357.jpg
そしても隣の公園に。
a0226627_12384995.jpg
再建された乃木大将の自宅。
したが、石造りで、その上に黒い板塀の建物。一見洋館のような作りなんだけど、屋根は、瓦。
中には、乃木大将の部屋と、夫人の部屋。
屋根裏は、ご子息二人の部屋。
半地下は、台所、お風呂、書生の部屋と女中の部屋。
なんとも不思議なかんじの建物です。
a0226627_12392111.jpg
a0226627_12393617.jpg
そして、厩もありました。
a0226627_12395245.jpg
そのあとは、近くの乃木坂長寿庵で、揚げ餅おろしそばをいただきました。おいしかったです。
店内は、近隣のビジネスマンでいっぱいでした。

旅行・お出かけ  にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ

にほんブログ村 旅行ブログへ 

[PR]
by civaka | 2017-04-19 13:08 | 東京散歩 | Comments(0)
帰りは、東北自動車道を通ったので、途中にある羽生パーキングエリアに寄りました。
池波正太郎の小説鬼平犯科帳をコンセプトとした鬼平江戸処です。
江戸からつづく東京の名店が監修したお店が数多くあり、
葛もちで有名な、亀戸の船橋屋や、そばの神田まつやためいいけんなどの私もよくなじんでるお店も多くあり、
おもしろかったです。
a0226627_12190360.jpg
a0226627_12191010.jpg
いかにも、江戸時代。
ただ、めちゃくちゃ暑くて、たいへんだった。
おそばとお好みたい焼きとソフトクリームを食べました。
テレビでやっていたので、食べてみたかった、おこたいは、それなりにおいしかったです。
人気商品なので、おひとりさま4コまで。
おそばは、まつや監修なので、ふつうのパーキングのざるそばよりおいしいと思います。
ソフトクリームは高い割に量も少なく味もそこそこ。お勧めできません。
とりあえず、面白いところだったよ。

そして、東京に帰ります。

今回の旅行は実はすごくお金がかからなかった。帰ってから計算してみて、びっくり。
東照宮あたりでは結構かかったけれど、
ロープウェイも、遊覧船も乗らなかったし、いろは坂も無料だったので、
案外かかりませんでした。
よかった。

でも、日光は、長野に比べると、観光地としての魅力が薄い。
東照宮をもっと気合を入れてリメイクして、周辺に無料のパーキングをもっと数多く作れば、
もっと、楽しめるだろうと思います。
男体山にロープウェイがないのも残念です。
中禅寺湖までの道がいろは坂しかないのもつらいところかなぁ。
車を気にせず歩けるお土産屋さん街とかがあるといいですね。
でももう一回くらいいってもいいな。

旅行・お出かけ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
[PR]
by civaka | 2016-08-18 12:34 | 旅日記 | Comments(0)
華厳の滝の後は、中禅寺湖湖畔にあるイタリア大使別荘記念公園にいきました。
最近公開され始めたばかりのところ。
湖畔をずーっと走っていくと、あれ?
どこ?
通り過ぎてしまって戻ってみると、公園専用の駐車場はなくて、バス停のところに、車を10台くらいとめられるスペースがあり、そこから15分ほど歩いていくのですね。
a0226627_07365867.jpg
涼しい湖畔を歩いていくのは、なかなかきもちよく、ほどなくして、まず、イギリス大使別荘があり、そこには入らずに、その前を歩いていくと、イタリア大使別荘がありました。
イギリス大使別荘はとてもきれいで、湖に面した部分はすべて縁側のようなあけっぴろげの状態。
入らなくても、中がよく見えます。
とてもきれいで、イギリスらしいです。
a0226627_07371515.jpg
そして、イタリア大使別荘。
洋館をイメージしていたのですが、どちらも、木造の日本的建築に洋風の内装でアレンジされた不思議な感じの別荘でした。
週末には、大使館どうしでの、ヨット競争などで遊んでいたとか。
なんとも優雅で楽しそうで、うらやましい。
私なんて、夏は、一泊か二泊の旅行をするのがせいぜいですから。

a0226627_07375590.jpg
大使夫妻の寝室。私物があればもっと、生活感もあるかもね。
a0226627_07374824.jpg
食卓。そして、部屋の両サイドには暖炉もあって、夏でも寒いくらいのところなのですね。
さすが、やっぱり洋館。
a0226627_07374120.jpg
a0226627_09301408.jpg
a0226627_09304557.jpg

どちらも、湖には、桟橋があり、湖に向けた縁側には、ソファがたくさん並べてあり、
しかもこのソファは、見学者が座り放題。
ひととき、大使になった気分でゆったりと、夏の午後を過ごしたのでした。

近くにはフランス大使別荘もあり、こちらは、まだ現役みたいでした。


a0226627_07381606.jpg
帰り際、それまでくものかかっていた男体山が、全貌を見せてくれました。
日光富士かな。美しくて、雄々しいですね。


旅行・お出かけ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
[PR]
by civaka | 2016-08-17 08:59 | 旅日記 | Comments(0)

日光夏旅6 華厳の滝 

二社一寺を何とか制覇して、次はいよいよ『いろは坂』を登る。
いろは坂というと、昔は大変だったのです。
登る前にまず、エンジンテストをして、それから、やっと。
48ほどのきつい坂が昔の車ではとてもたいへんだったらしく。
でもいまはもう、そんな気合はなく、普通に登ってしまいます。
それにここ、昔はたしかは有料道路だったんだけど、今は、お金を取られることもなく、普通に登っていけました。
道路にお金をとらなくなりましたね。
ずっと、日光はお金のかかるところのイメージだったので、なんかすごくうれしい。
そして、さしたる苦労もなく、さくさくと登っていける今の車って、すごいな。
旦那様いろは坂のカーブをたのしんでいました。

さて、上に登ってみると、涼しいーーーーーー。
下界の暑さが嘘のように涼しい。
やっぱり、避暑ってここまで来ないとだめだ。
とりあえず、華厳の滝を見学。


a0226627_07363995.jpg
ここ、エレベータで下に降りてみるんだけれど、
展望台があることを発見。
別に普通に展望台からでも見られるので、エラベータ代をけちって、ここから見ておしまいにしてしまいました。
そんなに変わらない気がする。
それに、何年か前の地震で、上の部分の岩が欠けてしまって、昔と違うのですよね。
どう違うのかわからない。
でも、滝の水が下に届く前に霧になって消えてしまっていました。
昔は、滝つぼまで落ちていたとか。
まあ、今はちょうど渇水の時期だし。

さらに周りの崖が崩落の危機にあるらしく、大谷川が埋まってしまいそうだとか。
メンテナンスの工事をしているとか。
反対側が、結構崩れていました。
大丈夫かな。

さてここで、ついでに露天のヤマメの塩焼きと、すいとんをいただきました。
ホテルのビュッフェでおなかいっぱいなので、お昼はこれで十分。
塩焼きがおいしかった。

本当は、ニジマスのコース料理食べたかったのですが、もうおなかいっぱいだし、また今度ね。

次は、イタリア大使別荘にいきます。

旅行・お出かけ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
[PR]
by civaka | 2016-08-15 10:35 | 旅日記 | Comments(0)
二荒山の後は、さらにそのとなりにある日光山輪王寺大猷院へ。
ここは、三代将軍家光公のお墓のある所。
a0226627_06365173.jpg
やっぱり改修中です。これは、
a0226627_06404680.jpg
二天門。とにかく全体に改修中。
ここは、基本の色が黒で、渋くてかっこいいです。
ただ、とにかく階段が多くて、全部で120段くらいだったかな。
たいへだった。
もっとも、東照宮の家康公のお墓まではさらに200段はあったらしく、そちらもたいへんそう。
元気な時に再チャレンジしたいですね。
で、こちらも、礼拝を拝むことはできました。
が、さらに奥にあるという、家光公のお墓は、入れませんでした。
入れても登れないし。
ここも、いろいろと関連グッズの販売がものすごく。
とにかくすごくかかる修理費をかせがなければ。
とりあえず、拝観料は、お布施みたいなのものだ。
早くきれいに修復できるといいね。
a0226627_06370381.jpg
こっちは、小学生も、日本人もほとんどいない。
いたのは、たまたま外国人ばかり。
たまたま、外国人向けのバスツアーが来ていたらしく。
みなさん、こちらまではなかなかこないのですね。
わたしは、輪王寺で、セット販売の券を買ってしまったりしなければ、来なかったと思う。
でも、階段の大変さを除けば、黒くて渋くて、なかなか、いいところだと思います。
a0226627_06371413.jpg
ちなみに、二代将軍のお墓はどこだろう思ったら、東京の芝増上寺にありました。
私行ったことある。みてるわー。
ということは、これで、初期の将軍三人のお墓を制覇。うんうん。
a0226627_06372285.jpg
金箔も美しく。
あとは、細かい彫り物の彩色ですね。
きれーいにリメイクできれば、なかなかに見ごたえのある所なんだろうな。

しかし、暑かった。



旅行・お出かけ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
[PR]
by civaka | 2016-08-14 06:51 | 旅日記 | Comments(0)
霧降高原のあとは、昨日行きそびれた二荒山神社へ。
やっぱり、神社はいいなと、思っていたら、
霊泉のある所に入るには、やっぱりお金がかかりました。

200円。

そして、ペットボトルに入れて帰るには、さらに、ペットボトル代が300円。
自前のペットボトルだと、1000円だと、言われた気がします。

栃木県は、なんだかいろいろ高いなぁ。

若さや体にいいということは、フランスのルルドの泉のように、
今はやりの水素水なのでしょうか。
もしそうだとしたら、
普通のペットボトルで持ち帰っても無意味です。
水素は、アルミのボトルに入れないと、逃げ出しちゃうそうですから。

ここは、これだけお金を取っていながら、
研究機関に頼んで、水質調査をするというような対応はとっていないのでしようか。
今どき、どこの温泉だって、水質表記はしてあるというのに。
周りも全体に汚いし。
少しリセットしたほうがいいと思います。

とりあえず、のみました。
パワースポットだそうですが。
一かい飲んだだけじゃ効果はわかりません。
日光にはここのほかにもいろんなところから、湧水があるとか。
いいなあ。
a0226627_22504531.jpg
a0226627_22505777.jpg
ありがたく、拝観して、
a0226627_22511119.jpg
霊泉もいただきました。

a0226627_23040702.jpg
a0226627_23041616.jpg
参道の途中に、ヤドリギを発見しました。
初めて見ました。
こんなところにあるとは。
これはすごい。
しかし、根っこはどこにどうはいりこんでいるのか。
すごく気になる。



旅行・お出かけにほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
[PR]
by civaka | 2016-08-13 10:44 | 旅日記 | Comments(0)

日光夏旅3 霧降の滝

a0226627_22334390.jpg
二日めはまず、霧降の滝へ。
ここに、有名な「山のレストラン」がありました。
霧降高原をネット検索すると、かならず、でてくるので、どんなところだろうと、思っていたのですが、
予想外にきれいな建物にびっくり。
まだ朝ご飯を食べたばかりなので、入らなかったけれど、もしまた来ることがあったら、入ってみたいかも。
特に入り口部分がきれいでした。
中はどうなのでしょう。
a0226627_22370386.jpg
霧降の滝は、駐車場から、400m弱くらい。
展望台が新しく整備されていて、きれいになっていました。
滝までの距離は遠いけれど、雄大な景色の中の滝はとてもきれいでした。
霧降の滝は初めてだったので、ちょっと感動。
a0226627_23102838.jpg
a0226627_23114111.jpg
a0226627_23114672.jpg
さすが、ニコンの望遠カメラ。ここまでとれるとは、感激です。


旅行・お出かけ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
[PR]
by civaka | 2016-08-12 22:43 | 旅日記 | Comments(0)
a0226627_14555194.jpg
かき氷の後、キスゲ平園地に行ったのだけれど、もうすでにキスゲは咲いてなくて、あれはどうやら6月頃に咲くものらしく。
果てしなく続く階段を上るのも大変そうなので、とりあえず、少しだけ散歩して、お茶しました。

a0226627_14580002.jpg
霧降高原コーヒー。
ここ、全体にきれいです。すごく整備されてます。
公園もベンチも階段もお店もきれいです。
こういう観光場所は、結構きれいになっていました。
やっぱり、東照宮のようなところは、手間もかかるし、そんなにすぐにはできないのですね。
ここの自動販売機がすごかった。
最新鋭。お金を入れるとすぐに券が出てくる。
旦那がやたら、感心してた。
でも、ここまでくると、さすがに涼しい。
そして、景色がいい。
できることなら、上まで登って山の向こう側の景色も見たかった。
このあと、ホテルに行って、チェックインして、ホテル併設のプールビバハワイアンにいきます。

大江戸温泉の霧降高原のホテルは、郵政省の郵便貯金綜合保養施設「メルモンテ日光霧降」
だったところだそうです。
さんざお金をかけて作った挙句、経営破たんで、安売り。
おもしろいなぁ。
こんなところがあったなんて。
しかも、有名建築家の設計だとか。
それを聞いて、うちの旦那が行きたいと思ったみたい。
でも、高原に立つ巨大ホテル、屋上の露天風呂、併設される大きな屋内プール。
値段は手ごろです。
楽しいですね。
プールは、普通だと思うけれど、山の上のプールってやっぱり、町中とは違って気持ちいい。
ちょうど雨が降ってしまったので、プールで泳ぐ予定にしてあってよかった。
やっぱりこういうところは、子連れファミリーが多いけれど、熟年夫婦で、行くのも悪くないですよ。
子供たちが子供のころにこういうところがあったらよかったのになぁ。
当時は思いつかなかった。

a0226627_15183860.jpg
a0226627_15180896.jpg
a0226627_15185322.jpg
ホテルは二つの建物の間のスペースをガラスで囲って、レストランにしてあり、採光抜群になっています。
宿泊棟はすべて東南に向いていて、眺望はどの部屋からでもほぼ同じ。中央にエレベーターがあり、構造的にもわかりやすい。
子供もそんなにまいごにならなそう。
構造がしっかりしていてとても丈夫そう。
部屋のベランダの柵もとてもがっしりしていて、ぜんぜん錆びていなかったし、とにかくお金かかってる。
でも、それ以外の装飾にはそれほどお金はかけていないみたい。シンプルです。
でも、ベットがセミダブルで大きくて、気分良かった。
温泉も湧いたものでなく、わざわざここにホテルをたてるために、堀ったそうですし。
プールのほかに、テニスコートや体育館もあり、健康施設なんですね。
これだけのところなんだから、もっと宣伝すれば、結構お客さん来て、経営破たんしなかったかもしれないのに。とも思う。

ただ、頑丈に作ってあるけれど、その分殺伐としたつくりで、それをフォローするために、いろんな大げさな飾りが作ってあるのですが、これっていらないんじゃないかと、思います。
これのために、デザイン料とか、設計料とか払ったのだとしたら、無駄かもしれない。
もっとエレガントなつくりのホテルは、いっぱいあるけれど、
きれいな建物がいいのか、
シンプルで丈夫なものがいいのか。
微妙だと思います。
このガラス張りは、冬はかなり寒いだろうと思います。
相当暖房費がかかるのでは。
吹き抜けの一階部分での食事は、夏は気持ちいいけれど、冬は寒いかもしれません。
夏と紅葉の季節はいいけれど、冬はもうけだせるのかなとも考えとしまいます。

a0226627_15192941.jpg
食事はビュッフェ、浴衣は自分で選ぶ、部屋へは自分で行く。
お部屋係もなし。
気を使わなくていいから、なんだか気楽です。
人件費もなるべくかからないようにして、それなりに人気のホテルになっているようです。
大江戸温泉はどこにいっても、漫画がたくさんあって、現代人にとっての娯楽がなんなのか、よくわかってるなあと思います。
夫婦と子どもとじじばはで来ているファミリーもおおくて、こういうところなら、そういう構成でも来やすいのでしょうね。
温泉があるから年寄りにもいいし、プールがあるから、子供も楽しいし、ビッュフェならみんな好き勝手に食べられるし、子供が歩き回っても構わないし、それなりのところだなあとおみいます。
去年行った車山高原のスカイパークホテルのビュッフェよりおいしかったかも。
ただ、お風呂は循環式らしく、もしかしたら、温泉成分は薄いかも。

全体にまあまあのお宿です。

旅行・お出かけ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
[PR]
by civaka | 2016-08-12 10:26 | 旅日記 | Comments(0)
毎年いく長野もほとんどのところを制覇して、そろそろ長野にも飽きたので、今年の夏はちょっと方向を変えてみました。
地図で見ると、結構日光は、気温が低い。
軽井沢や、箱根に並ぶ避暑地です。
東京の小学生すべてかどうかはわからないけれど、
小学校の5年と6年は、日光に林間学校です。
それで、うんざりして大人になってからは、行かなかったのですが、
ちょっと気分をかえて、行ってみることにしました。
それと、大江戸温泉の日光霧降高原にあるホテルがすごいので、いってみたくなって。

今年の夏は、一泊二日で、日光へゴー058.gif

まずは、東照宮。
小学校の時以来で、よく覚えていないので、もう一度よく見ておこう。

a0226627_14034463.jpg
二社一寺のひとつ、日光山輪王寺です。
改修中。
いま、日光の二社一寺は、どこもみんな改収中でした。
そして、お金がかかるかかる。
日光はお金がかかってしょうがない。
駐車場も500円もするし。
あんまりお金がかかると、お客さん来なくなるよ。

輪王寺の見学料が大ゆう院とセットで、900円。
東照宮が1300円。
二荒山の霊泉が200円。

下手なテーマパークと変わらない。

栃木県の貴重な歴史的遺産なのに、栃木県はなにしているのでしょう。
観光客からの収入で改修費すべて賄うのでしょうか。
国もなにしてるのかなあ。

これだけの貴重な遺産をもっと大切にすべきだと思います。

改修中で、きれいになっているところもあったけれど、全体にすごくいたんでいるなあと、思いました。
地方活性とかいうなら、まずこういうところに力を入れるべきではないかと思います。

なにしろ、関東は、関西とちがって、歴史的な遺産のほとんどは、江戸時代以降のものがほとんどなのですから。
特に東照宮なんて、すごく貴重だし、国家レベルで保守メンテナンスしていくべきだと思うのですが。

そして、今、日光は人気が落ちていて、人が少ない。
お土産屋さんも、しまっているところが何軒もありました。
あぶない。
ほっとくとすたれちゃいそうです。

いたのは、修学旅行の小学生と、外国人観光客ばかりでした。
まあ、平日でしたからね。

何年後かに、きれいにリフォームされた、東照宮含む二社一寺がみたいです。

さて、輪王寺は改修中なので、中の階段をのぼっていって、改修中のお寺の様子が見られます。
しかし、熱いうえに、実際7階建てほどの高さを上っていくのは、結構たいへんでした。
足が痛くなって、この後の観光がつらかった。
健康な人以外は、無理してみないほうがいいと思う。
a0226627_14165775.jpg
そして、日光東照宮。
徳川家康のお墓のある所。
お寺?神社?と思ってけれど、
二社一寺というのだから、
東照宮は神社に分類されるのですね。
三ざるも、眠り猫も
修理中で、レプリカが展示してあり、本物は見られませんでした。
それで、1300円もとるってどうなの。
ま、修理代になるのだから、お布施だなぁ。
でも、修理中の三サルをみられました。
漆をぬっているところらしく、真っ黒でした。
そして、めずらしく、後ろから見られた。
でも、熱いのに屋外で修理している職人さんはたいへんそうでした。



a0226627_14171584.jpg
a0226627_14172373.jpg
                        三ざるのレプリカ。
a0226627_14174022.jpg
改修中なので、金箔がすごい。そして、白塗り。これから、色を付けていくのですね。
とにかく、暑くて暑くて、見学がつらかった。
涼しいのは、中禅寺湖の方なので、この辺りは暑いです。
いくならやっぱり、秋にすべきだった。
でも、秋は、紅葉で混みます。
a0226627_14175643.jpg
東照宮まで見たところで、ギブアップ。お昼にしてしまいました。近くにある創作ユバ料理のお店『日光ゆば遊膳』で、ランチ。
ユバのシュウマイと揚げユバと、ユバこんにゃくといろいろ。おいしかった。すっぎりしていて食べやすかったし、夕食のことを考えると、軽めでよかった。
a0226627_14180534.jpg
a0226627_14181155.jpg
そのあとは、霧降高原のチロリン村にあるカフェアウルで、かき氷をいただきました。
有名店らしく、ここだけ、人が大勢いた。003.gif
私のは、ブルーベリーミルクです。天然氷のふわふわがたまらない。
霧降高原の風を受けながら食べるかき氷は最高だ。
ここ、夏は、屋外でかき氷がほとんど。
冬は、店内でケーキもあるみたい。
しかしみんなかき氷を食べてましたよ。
a0226627_14182414.jpg
a0226627_14183934.jpg
このあとは、大江戸温泉の日光霧降高原に泊まります。




旅行・お出かけにほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村

<a href="https://blogcircle.jp/commu/17/topic/6"><img src="https://blogcircle.jp/thumb/commu/17/2" style="width:3em !important;height:3em !important;vertical-align:middle;margin-right:.4em;"/>ブロトピ:国内旅行</a>


[PR]
by civaka | 2016-08-11 14:47 | 旅日記 | Comments(0)