旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

タグ:犬吠埼温泉 ( 1 ) タグの人気記事

銚子の魚介は本当にうまいのか。
グーグルの口コミを読むとそうでもなさそう。
関東一の収穫量、漁獲量をほこる銚子漁港で、果たして本当に安くておいしいお刺身は食べられるのか。

旦那の有休がとれたので、銚子に行ってみました。
都心から1時間半。

まずは鹿島神宮にお参りです。
ここの鳥居。木でできてました。
コンクリートの多い昨今、めずらしいです。
a0226627_20220028.jpg
a0226627_20222336.jpg
a0226627_20223636.jpg
a0226627_20225140.jpg
a0226627_20230408.jpg
本殿は、正面じゃなくて、横向きの配置。なぜ?
建物は、すごく古いのだけれど、メンテナンスがしてあって、きれいです。
欄干も塗りなおしてあるし、かけてある布もきれいだし、
中もきれいです。
a0226627_20231779.jpg
ここのおみくじ変わってる。
四方向から撮れるようになっていて、バサバサ入っている中から、自分で選ぶ。
これなら、お正月混んでいても、そんなに並ばないで、おみくじが引けそうです。
平日だから、あんまり人はいなかったけれど、やぱり、年末年始はすごい人なんだろうなぁ。
うしろの、宝物館。
名刀がいっぱい展示してありそうだったけれど、面倒なので、はいりませんでした。
いつかまた、機会があったら。
a0226627_20232936.jpg
a0226627_20234705.jpg
そして、奥に行くと、鹿苑がありました。
こんな風に寄ってきてくれる人懐こい鹿さんも。
やっぱり、鹿島だから、鹿なのですね。
昔は、このあたり、野生の鹿がいっぱいいたのでしょうか。
神宮の森で、しばし、森林浴。
空気がきれいでした。
a0226627_20240110.jpg
a0226627_20241797.jpg
本殿の後ろに、こんなかっこいい建物発見。
何なんだろう。
彫り物は塗りなおされてるし、金物も、付け直されてます。
最近どこに行っても、いろいろメンテナンスされていて、
2020年のオリンピックに向けて、なのでしょうか。
a0226627_20382534.jpg
ここのご祭神は、武甕槌大神だそうです。
戦いと、決断の神様だとか。


a0226627_20243831.jpg
さて、さらに1時間走って、銚子大橋を渡ると、いよいよ銚子です。
a0226627_20245400.jpg
銚子漁港のすぐ横、
a0226627_20251180.jpg
銚子漁港直営の「まいわい」にしました。
a0226627_20253481.jpg
お刺身。
a0226627_20255234.jpg
ヒラメのお刺身
a0226627_20260930.jpg
目光の唐揚げ
a0226627_20262403.jpg
ミックスフライ
ごはんには、もれなくお味噌汁が付いてきました。
お値段手ごろで安かったし、お店も新しくてきれいだったし、
前面の大きな窓から、銚子漁港を見ながらのお食事です。
フライも上手にカラッと揚げられていました。
その日によって捕れたものが違うので、メニューも違うようです。
この日は、キンメダイ売り切れていて、頼めませんでした。残念。

お店の向かいに魚屋さんがあったので、太刀魚の干物を買ってみた。
a0226627_20264183.jpg
醤油が、ヤマサとヒゲタ。
ちゃんと両方用意してある。
a0226627_20265872.jpg
食事の後は、ウォッセ21に行きました。
こじんまりしたお店で、確かに魚市場というより、お土産屋さん。
こじんまりしているので、全部見てもそんなに大変じゃなくて、これはこれでいいと思う。
アジの開きを買いました。
すぐ隣にポートタワーがあったので、のぼろうとしたら、
なんと定休日。
くーーーーーー、残念。
仕方がないので、昔一度来た犬吠埼灯台へ。
以前、子供が小さいときに一度来たんだけど、
昔といろいろ変わっていたような。
とにかく、白くきれいになってました。
99段登って、地球の水平線をグルーっと見た。
a0226627_20272169.jpg
a0226627_20274029.jpg
展示室には、昔のライトも、あり、
a0226627_20275748.jpg
霧笛室も。
全部鉄でできていて、今では珍しいものなので、壊されずに保存されています。
霧で灯台の明かりが見えない時に、音で灯台の位置を知らせていた霧笛。
今は、電子機器などいろいろ進歩して、もう、霧笛は使われていないそうです。
レイブラッドベリの小説、「霧笛」を思い出しました。
私が読んだのは、それを萩尾望都が漫画化した漫画のほう。
すでに、ただ一匹だけ現代に生き残っている海の恐竜が霧笛を仲間の鳴き声だと思って、
霧の中、灯台にやってくる。
ここでは、スイッチを押すと、霧笛を聞くことができるのですが、
たしかに、恐竜の鳴き声によく似ている感じがしました。
友達のいない誰も同胞のいない恐竜が、仲間を求めて、やってくる。
とても切ない物語でした。
a0226627_20282012.jpg
そのあとは、犬吠埼温泉、ぎょうけい館に行きました。
ここは、高村光太郎が智恵子と過ごした宿だとか。
このあたり、かつての文豪が数多く、過ごしているらしい。
高浜虚子の石碑も灯台の近くにあったし。
海を見ながら、湯船につかってのんびりと、癒されました。
ここの宿でも、銚子のお魚がいろいろ味わえそうです。
a0226627_20284509.jpg
本当に海っばたぎりぎりのところにあるお宿。
庭から、海や灯台が見えました。
この後は、帰るだけ。でも、高速まで、1時間かかります。
ちょっと不便です。
でも、途中の道で、今がシーズンのイチゴが売られていて、
畑で取り立ての完熟イチゴ買いました。
銚子から佐倉香取インターまで、いちご街道が続きます。
柔らかくて、おいしかった。ちょっとスーパーでは買えません。
寄らなかったけど、観光いちご狩りの農園もあったし、
時間があったら、よればよかったかも。

とても、天気が良くて、楽しい春の一日でした。

旅行・お出かけ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
[PR]
by civaka | 2017-04-21 21:15 | 旅日記 | Comments(0)