旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka
今回の旅の最後の観光地が金毘羅さん
です。
785段もの階段を登らないと会いに行かれません。
旦那は腰が悪いので、多分無理です。
しかも、ツアーの滞在時間は2時間しかありません。
まずは、さぬきうどんのお昼です。
釜揚げうどんと、魚のフライと、ウナギ、ちらしずし。
期待するうどんとは、違う。
てんぷらはどこにもない。
ちょっとがっかりでした。
今回の旅のお食事の中で、一番おいしくなかった。
こういうとこが、やっぱりツアーなんですね。
うどんも普通のうどんとおんなじです。
伊勢うどんのような特殊性はなしです。
a0226627_12454721.jpg
ご飯の後は、いよいよ金毘羅山に向けて出発ですが、
我が家は早々にリタイアしました。
旦那が全ぜん歩いてくれない。
3グループくらいが抜けたけど、そのほかの人たちは、
添乗員さんと、ガイドの人に連れられて、歩いて行ってしまいました。
すごく早いです。90分くらいで、元のレストランまで戻ってきました。
すごい。行きは階段を登りますが、帰りは、
裏のルートで坂道を降りてくるらしいです。
私たちにはとても無理です。
私もこの時、ちょっと膝が痛かったので。

a0226627_12460353.jpg
すぐに、挫折して、
目の前にあった和三盆ソフトを食べ始めてしまいました。
これ、すごくおいしかった。
a0226627_12462936.jpg
そして、ここが上り始め。
両側にお土産屋さんがたくさん並んでいますが、
100段くらい行くと、急にきつい坂の階段になります。
私たちは、そこまでで、やめて、戻ってきました。

a0226627_12465181.jpg
金毘羅様の鳥居と、
a0226627_12471036.jpg
a0226627_12472726.jpg
狛犬たちです。
a0226627_12480430.jpg
仕方がないので、ふもとにあったカフェで休憩です。
a0226627_12483633.jpg
この後は、ほてほてと歩いて、
お土産屋さんなどを見ながら、
元のレストランに戻りました。
レストラン兼お土産屋さんで、
10人分入りのさぬきうどんと、しょうゆ豆をお土産に買いました。
でもこのうどん、家に帰ってゆでてみたら、10人分もなかった。
実質、5人分でした。
こういうところがやっぱり、おみやげ物なんですね。
いつかもう一度来て、ちゃんと金毘羅様に登りたいです。
この後は、ローカル鉄道に乗って、岡山に戻ります。

旅行・お出かけ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村 旅行ブログへ
# by civaka | 2019-02-17 13:11 | 旅日記 | Trackback | Comments(0)
2泊目は、ダイワロイヤルホテル土佐でした。
温泉ではありせんでしたが、ここのお風呂はかなり広くて、
室戸海洋深層水露天風呂がありました。
四国のはしっこにある室戸岬のあたりの深海からとってきたお水。

ホテルのサイトからちょっと写真を借りてきました。
この奥の屋根のある部分にあるお風呂が海洋深層水のお風呂です。

はるか北大西洋北部・グリーンランド沖の海から
二千年かけて室戸沖に湧き上がってくると言われる
海洋深層水を、室戸岬沖の水深374mで取水した海水

地球の両極の海域で生まれ、北太平洋を巡り、
日本近海まで運ばれてくるといわれています。
この光の届かない深海の流れが、
室戸沖の陸棚にあたり、
海面近くへ上昇する「湧昇流」に乗って運ばれてきます。
だそうです。

ぬるかったし、しょっぱかったし、
入った効果はよくわからなかったけど、
ちょっと珍しいお風呂でした。

部屋は北向きだったけど、
朝ごはんは、13階の部屋なので、朝ごはんを食べながら、
土佐の海、太平洋を眺めることができました。
a0226627_07475982.jpg
ホテルと金毘羅山の真ん中あたりに祖谷があります。
結構高い山を越えていきます。秘境です。雪もありました。
ここは、外国の人が温泉をインスタグラムに挙げたことで、話題になって、外国の人も多く訪れるようになったと、聞いたことがあります。川岸にある温泉にいくのに、ケーブルに乗っていくホテルが有名です。
しかし、今回はツアーなので、そんなとこに行く暇はありません。
とにかくかずら橋を見学し、渡ります。
ここのかずら橋は、観光用なので、中にワイヤーが入っているそうです。
もっと奥のほうに行くと、本当にかずらだけで作った橋もあるそうですが、(添乗員さんが)お金を払ってみんなわたりました。
a0226627_08223303.jpg
a0226627_08245379.jpg
a0226627_08250856.jpg
a0226627_08253091.jpg
a0226627_08255047.jpg
結構怖い。
旦那が死にそうになってたけど、それでも、わたってました。106.png
a0226627_08260873.jpg
a0226627_08262418.jpg
そのすぐそばにある琵琶の滝。

そして、次はいよいよ金毘羅山に行きます。






旅行・お出かけ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村 旅行ブログへ
# by civaka | 2019-02-16 08:41 | 旅日記 | Trackback | Comments(0)
二日目の夕食は、ホタルではなく、レストラン『かつお船』でのカツオのたたきの夕食です。
このレストラン結構有名なようです。
105.png
a0226627_09284863.jpg
船の形。がすごい。
最初、旅程表を見たときは、カツオ漁の船でご飯食べるのかな。
と、思ったのですが、よくよく調べたら、
かつお船という名前のレストランなのでした。104.png

a0226627_09310044.jpg
着くと、さっそく、カツオのたたきを自分で作ります。
生のかつおの刺してあるこんな鉄のくしを持って
a0226627_09311692.jpg
本当に藁を燃やした火で、あぶります。熱いーーーーー。
家で作る時は、ガスなので、
どうしてもガスについているにおいがついてしまいますが、
藁で焼くので、藁の香りです。
ほんとに藁焼きカツオのたたき。
a0226627_09314052.jpg
スタッフの人の指示に従って焼きます。
こんな風に焼けました。
a0226627_09315877.jpg
そして、切ってもらいます。
a0226627_09321193.jpg
出来たら、テーブルにもっていって
a0226627_09322243.jpg
今日の夕飯の完成です。
ほかのお料理は、すでに用意されてます。
さすが、ツアーの晩御飯。
メニューは、
すきやき、煮込みラーメン、
シラスご飯、カツオのユッケなど。

a0226627_09324730.jpg
私は、お刺身を食べられないので、
カツオのたたきは旦那にあげましたが、
せっかくなので、三切ほど、ラーメンに入れてしまいました。
もったいないけど、煮込んでもおいしかったです。
とってもいいかつおです
そして、この後はもう、ホテルに行くだけです。

次は、祖谷のかずら橋を渡りに行きます。







旅行・お出かけ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村 旅行ブログへ
# by civaka | 2019-02-15 09:50 | 旅日記 | Trackback(1) | Comments(0)
四万十川の後は、桂浜に向かいました。この間結構距離もあって、途中で道の駅などにもより、いろいろと買い物したり、アイスを買ったり。
高知県まで来ると、太平洋になります。
なんかやっぱり、海が違います。

a0226627_08095489.jpg
a0226627_08100629.jpg
そして、ここが桂浜。
a0226627_08103695.jpg
坂本龍馬の像があります。結構大きいです。
ここで、記念撮影も。
a0226627_08110696.jpg
そして、しばらく、桂浜をお散歩。
ここは、遊泳禁止です。
高知は、坂本龍馬で持ってるみたい。
水族館もあったし、
龍馬専門のお土産屋さんもあったり。

そして、この後は、カツオのたたきで有名なレストラン『かつお船』で、夕飯です。






【キャンペーン】冬カメ魂が熱い!思い出の冬ショット&大好きな雪景色はコレ!
旅行・お出かけ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村 旅行ブログへ
# by civaka | 2019-02-14 08:19 | 旅日記 | Trackback | Comments(0)
今回の旅は、2月のはじめという厳寒の時期。
なるべく暖かそうな四国を選んだとはいえ、
旅行中寒さに耐えられるかなと、心配していました。
しかし、ちょうど、この時暖気がやってきて、
とにかく旅行中暖かくて、助かりました。
この時、東京も暖かかったらしいのですが、
四国は、暖かいところだなー南国なんだなと、
思いました。
a0226627_08040114.jpg
大洲の町からさらにバスに乗って海岸線をはしります。
海がすごくきれいです。
この辺りは、真珠の養殖もしているそうです。
a0226627_08041546.jpg
a0226627_08043409.jpg
そして、結構かかって、やっと四万十川につきした。
ここは、あんまり車も走ってないし、
個人で来ても、乗れなさそうな感じがします。
船は細いものを想像していたのですが、
ハウスボートみたいなものでした。
窓もしっかりサッシでできていて、
きっちりしまっているので、寒くありません。
そして、全面窓なので、外の景色もよく見えます。
a0226627_08045952.jpg
そして、船内で食べるお弁当。
すごくヘルシーで美味しいです。
a0226627_08052451.jpg
四万十川は、夏は、台風で、すごく水位が上がるので、
橋が流されないように、橋は、最低限のものしかありません。
沈下橋です。
欄干がないので、車で渡ると落っこちそうで怖い。

a0226627_08054322.jpg
浅いところは、川底の石、岩も見えます。
水がすごくきれいです。
コースとしては、船着場から少し下って、
沈下橋を見て、そこから上流に上っていきます。
波がすごく静かなので、楽々登れました。
池みたいです。
そして、この先は、浅すぎて無理というところまで行ったら、
元の船着場に戻りました。
そのくらいのちょっとしたコースの遊覧です。

a0226627_08060197.jpg
波がすごく静かなので、
景色以外あんまり見るものがなくて、
50分が結構退屈。とも言えます。
激流下りではないので、暇。
川がきれいだなーくらいしかない。
船に乗らなくても、川岸からみればすんじゃいそうです。
ゴミが全全ないのは、
台風で水位が上がってほとんどのごみは、流されてしまうからだそうです。
2メートルくらいは上がるそうです。
いったのは、冬だったので、誰もいなくて、きれいでしたが、
夏はいろいろと、カヌーとか、リゾートで人が水遊びに来ていて、
にぎやかだそうです。
海から30キロくらいの場所。
関東なら、まだ都市部の位置で、こんな自然もなく、遊覧どころではないあたり。
四国で、開発されていないから、自然が残っていて、遊覧とかもできるのかなと。
a0226627_08061941.jpg
横から見るとこんな船です。
有名な四万十川初めて見ました。
本当に水がすごくきれいでした。

次は、坂本龍馬の像のある桂浜に行きます。






旅行・お出かけ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村 旅行ブログへ
# by civaka | 2019-02-13 08:29 | 旅日記 | Trackback | Comments(0)