旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka
グロイ話は苦手なので、読んでいてつらかったです。
最後に少しだけ救いがあったので助かりました。

3本の短編が入っている本ですが、
一作目の『六道巡りツアー』も、
二作目の『Ignorance is bliss』も、
どこかで読んだことのあるお話のようで、
掘り込みが足りないなぁと思いました。

ただ、三話目の『自殺考察』を読んでいると、一作目に出てくる、自殺した後どうなるかというエピソードが、
自殺を考えている主人公侑里に、重なる。
自殺の後に周りの人がどんな苦労をし、どんな嫌な思いをさせられ、どれほど悲しむか、この話では描かれないのだろうか。
また、二作目の生きたくても生きられなかった子供たちの話も、自殺を考える侑里と重なる。
命とは、なに?
という深い掘り込みはないんだけれど、
三作の構成が、三作目を掘り下げている。

百合の祖母が死んだ後に初めて、皮膚の再生手術のことが出てくるのだが、
そもそもその前に父親はなぜ、侑里に皮膚の再生手術があることを考えたり、
相談したり、しなかったのか。
それを知っていたら、たとえ父親がやってくれなイにしても、
侑里は将来働いてお金をためて肌を再生しようと考えたかもしれないのに。

侑里を預けっぱなしで仕事ばかりの父親、ほとんど口を利かない祖父など、
子育てに積極的でもなく、責任感も持たない男性は多い。

男性のフォローいかんで、母親の子育ての気持ちも変わる。

いつも夫にほっとかれていて、ストレスのたまる母親。
それが、子供むけられてしまう現実。

結局ひとの人生は母親次第であり、その背後には妻の子育てを支える父親があるわけで。

自殺というと、うつ病の治る途中に起こることと、以前本で読んだけれど、
やっぱり、それ以外の理由で起きる自殺もあるわけなんですね。

しかし、侑里の死にたい理由が自身のつらさではなく、
おばあさんに心配をかけたくないという理由だったのが驚きです。
そういう強さとやさしさがあれば、
生きていけるんじゃないかと思う。

人間の人生ってやっぱり、母親次第なのだろうか。
侑里の人生は母親の代わりに、祖母が支えてくれた。





にほんブログ村テーマ 書評、レビューへ
書評、レビュー
[PR]
# by civaka | 2018-12-05 10:00 | 読書ノート | Trackback | Comments(0)

もうじき定年

定年になるのは夫ですが、
妻である私の生活も影響されるわけで、
いったいどう変わるのか、ドキドキです。

あと、2か月。
夫の誕生日は1月20日ですが、一応1月いっぱいまでは、働けるそうです。
そのあと、10日間ほどのお休みがあって、
そのあとは、会社が作った定年者再雇用のための派遣会社の所属になって、
今までと同じ職場で同じ仕事をするそうです。

お給料も当然減ります。
言われている額からさらに所得税や住民税はひかれるわけだから、
手取りが一体いくらになるのか。
想像もつきません。

そのほかに厚生年金基金からのお金とかも出るわけですし、
退職金も出るわけだけど、
うちの旦那のそもそものお給料も少ないので、
そんなにたくさんはでません。

その収入に合わせてうまくやりくりできるかなと、
心配。

肝臓が悪いので、働いて家計を助けることもできないし。

思うんだけど、
今はみんな4月に新卒で入社するのに、
それぞれの60歳誕生日で、定年退社というのは、ちょっと不公平なんじゃないのかなぁ。
4月生まれと3月生まれだと働ける期間が1年近くも違うわけだし。
まして、再就職するのだから、
3月に一斉退社、4月に一斉再雇用でもいいのではないかと思います。

その方が、新卒の採用の調整もしやすいはず。

今は、100歳まで普通に生きる時代。
65歳まで働いても、まだまだ人生は続く。

そして、夫が働いている間に、定年は65歳から、70歳まで引き上げになりそうだし、
いずれ、定年もなくなるかも。

やめたいときにやめるか、
ドクターストップがかかるまでかも。
そのあとの長い余生はどう生きればいいんだろう。
悩みます。



にほんブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)へ
主婦のつぶやき・・・(*'-'*)にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
[PR]
# by civaka | 2018-12-04 09:43 | 社会のあり方を考える | Trackback | Comments(0)
なんて分厚い本と、思ったけど、気が付けばサクッと読み終わっていた。
面白いです。
伏線のはり方も、物語の構成も、登校拒否のヒロインの状況の描写もすごくうまい。
登校拒否という現代のシビアなリアルを、ファンタジーを使って描きながら、
嘘くさくなく納得のいく結末まで持っていく力量がすごい。

最初は、登校拒否の少女のしんどい話かと思ったし、「かがみの孤城」というのも、「彼女が引きこもっている平日の昼間の家」の象徴的な表現と思っていたけれど、物語の中で本当に城が出てきたのには驚いた。

そして、主人公こころの登校拒否がどう解決されるのか、と思いつつ読んでいくうちに、
それ以上に孤城の謎がどう解決されるのか、
そして、孤城にあつまる7人の中学生たちの問題がどう解決されるのか、
と、次々と、気になることが増えていき、
気になって気になって、どんどん読み進めなければいられなくなっていくところが、
この本の凄いところ。

さて、読んでいて思ったのは、
こころをいじめる相手の真田美織がこころの家に友達数人てやってきて、家の中に無理やり入ろうとするところ。
これ、ほとんど恐喝に近いのでは?
なんで警察に連絡しないのだろう。
と思ったけど、中学1年生くらいだと、そんなのわからないですねえ。
夫婦共稼ぎで女の子を家に一人で置いておくことが多いなら、
何かあったら、警察に連絡するように教えとかないとだめだよね。
第一、これだけ家の周りで騒いでいたら、近所の人が警察に通報すると思うんだけど。

第一、こんなに家にいるなら、進研ゼミとかとって、勉強させるべきでは。
学校いかせる以前に、勉強させることを考えるべきでは。

こころにとっては、このトラブルは、人間、友人関係のいじめトラブルなんだけど、
相手の真田にとっては、恋愛関係のトラブル。
恋愛感情が原因で、こころと対立してるんだけど、
こころは子供すぎてそれがぜんぜんわからないのだ。
早熟な真田は、こころと小学校が一緒だった池田くんを好きになる。
でも、池田君はこころを好きだったらしい。と知って、
恋のライバルであるこころに対して攻撃を始める。
転向してきたばかりの友達東条さんを取ってみたり、
池田君に無理やりこころのことをけなさせてみたり、
池田君を手に入れるために必死な恋する乙女である。
しかし、こんなやり方で男性のこころを得られるはずもなく、
二人は結局別れてしまう。
こころにはそんなことは全くわからないから、
真田さんからの手紙も伊田先生の言葉も、気持ち悪くて怖いだけなのだし、
男の先生に十代の女の子の恋愛心理なんてもちろんわからない。

それにしても、この真田さんは、番長みたいだなと思った。
昔なら、不良グループとして、こころのような普通の女の子と接点を持つことなんて
なかったと思うのだけれど、
今は、ゆとり教育のせいで、頭のいい子供たちは私立に行ってしまうために、
クラスの中を無意識のうちに仕切っていた優秀な子たちが、公立学校にいない。
その結果、真田のような、頭の悪い子がなぜか、クラスのリーダー的存在になってしまう。
そんな中でいじめが起こると、普通の子たちは、フォローできないのだ。
なし崩しに、イジメのトラブルは登校拒否になるところまで行ってしまう。

中3のアキが、追い詰められている状況は大人との対立関係なのだけれど、
時代が進んで、こころの頃になると、
大人は、ずっと優しくて理解のあるふりをするようになるから、
闘う敵のいなくなった子供たちは、子供同士が対立してしまうのだ。

息子が高校生の頃のクラスのトラブルに似ている。
スポーツ系生徒と、オタク系の生徒にクラスの中が二分してしまい、
スポーツ系の生徒がクラスの中で、勢力を持ってしまい、二人くらいの生徒がいじめられていたらしい。
息子はどちらのグループにも所属せず、別の友達と仲良くして飄々としていたけれど、
一年間とても不愉快で、不快だったらしい。
しかし、子供だけではやはり、クラスを改善することはできなかったようだ。
担任の先生は、にぎやかに声をあげる楽しいクラスだと思っていたようなのだけれど、
学年の最後についうっかり私が先生に息子の言っていたクラスの状況を話したら、
翌年しっかりクラス替えが行われていました。
ほんとは、高2から高3て、クラス替えしないんだけどね。

本を読みながら、そういえば、うちの娘も何回か幼稚園や学校に行きたくないと言っていたな、と、思い出しました。その時は、いやな理由を聞いて、幼稚園に言ったり、学校の保護者会で先生に言ったり、娘にアドバイスしたりしたけれど、はたして、その効果はあったのだろうかと、思う。とりあえず、うちの子たちは、登校拒否にならずにすんでよかったのかも。

なんでこころは、困ったこと、いやな思いをしたこと、イジメのトラブルを親に言えなかったのだろう。
登校拒否の問題は多分そんなところにあるのだろう。

実際、母親に自分の受けたトラブル、いじめの状況を話せてから、事態は大人たちによって少しづつ改善されていくのだから。

登校拒否の子ども達がこの本を読んだ時、救われるのだろうか、それともかえってつらくなるのだろうか。
だって、現実にはこんな孤城なんて絶対ない。

孤城に代わるものが実はフリスクールなんだけれど、こころは、そのフリースクールすら通えない。
それどころか、孤城すら最初逃げ出してしまう。
それほどに、登校拒否の心の痛みは深い。

孤城での出会いとかかわりによって、少しづつ癒さられていく子供たち。
彼らを救おうとするフリースクールの喜多嶋先生。

人を傷つけるのも人なら、人を救い癒すのもまた人なのだと、
やっぱりまた思った。

嫌な人、自分と合わない人はどこにでもいるけれど、
自分を救ってくれる人、一緒にずっといたくなるような人もまた、
いる。
だからこそそれが、人間社会なんだなと思う。
それがわかるようになるかどうかということだ。

彼らのパラレルワールドの真実とか、
喜多嶋先生の正体とかは、読んでいて察しが付いたけれど、
オオカミサマの正体や、
城の成立の謎だけは、わからなかった。

そんなところが面白い。

なんでひとりの人間にこんな城を作ることができるのかなんて、
そんなことは聞いてはいけない。だって、
ファンタジーなんだから。

そして、7人もいるのに、なんで叶う『願い』は一つだけかといえば、
自分のためでなく、ヒト(他人)のために生きられるようになって初めて、人は救われるからなんだろうなと思う。

『願い』はヒトのために使わなくてはならないという、不文律があるということだ。

アキがフリースクールの先生になったことも、
学校にいかれなかった彼らが学校に行こうとした最初の理由が友達のマサムネのためであったことも。
そんな風に解決されていくんだ。

できれば、こころとリオンが、恋人同士になって、将来結婚したりしないのかなと、
本編には書かれなかった最後のエピソードを想像してみたりして、
最後の読後感を楽しんでみたりする。

真田の恋がわからなかったこころが初めて恋に出会う。ということだと思う。


にほんブログ村テーマ 書評、レビューへ
書評、レビュー



[PR]
# by civaka | 2018-12-02 09:06 | Trackback | Comments(0)
JR両国駅の駅前に期間限定でできている『江戸ねこ茶屋』に行ってきました。
要はネコカフェです。
ねこグッズも売ってます。

1時間1500円なので、ちょっとお高めです。

でも、猫の数は多くて、えどっポイ猫の絵や、お猫様専用の食べ物もあったりする。

たまたまなんかすごく美人に撮れたしろ猫ちゃん。
こんなセットもあっったりする。

a0226627_09513430.jpg
a0226627_09515431.jpg
ここから一匹喧嘩の末に落っこちていた猫がいました。
しかも、着地も失敗して、背中からどたーーーっと。
猫でも失敗するんだ。
あの子大丈夫だったかな。
a0226627_09531737.jpg
ねこキャンディや、ねこ茶づけもあって、これらをお客さんが売店から買ってくると、だだだーーーーっと猫たちが群がり、食べ始める。

a0226627_09544443.jpg
こんな台も。
猫たちはたくさんいたし、触らせてもくれたけど、なんとなくちっょと緊張していて、ピリピリしていて、
やっぱり、ネコカフェより、一人の飼い主にかわいがってもらう方が、猫は幸せだよなーと思った。
私も、ぜんそくでなければ猫を飼いたいけど、無理なので、時々こんなところに猫に会いに行くしかない。









旅行・お出かけ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]
# by civaka | 2018-12-01 09:57 | 東京散歩 | Trackback | Comments(0)

入学金にも法規制を

少子化が問題になっていますが、
原因の一つが異様にかかる教育費のせいと周知され、
教育費の無償化も言われ始めていますが、

それ以外にもかかるのが、受験の費用。
特に大学受験は、数十万もかかります。

そんな中でも、特に思ったのが、
行かない大学に入学金を支払わなくてはならないこと。

少なくとも、受験がすべて終わるまで、
入学金の支払いを強要しないように、法律で規制とかしてくれたら、
助かるのになあと、
子供たちの受験のたんびに思いました。

学校の授業料はある意味かかっても仕方ないけど、
行かない学校に、しかも、お金のやたらかかる受験の時期に何十万もの出費、痛すぎる。

中学受験では、都内の受験の前に千葉の受験があるので、
抑えの千葉の私立に払わなければならなかった。

高校は、結構私立が激戦なので、
都立の受験が終わるまでは払わないで済むシステムになっていて、
助かりました。

大学は、いくら国立大学の授業料が、私立より安いとはいえ、昔ほど安いわけでもなくて私立の半分程度なのに、抑えの私立に数十万の入学金を払うと、国立の安さの意味がなくなってしまいます。
この時期のただでさえ高い大学受験の受験料とプラスして、かなりな出費です。
ついでに言うと、大学の受験料は高すぎる。

今は、大学に行く子も多いのに、何とかならないかなあと、思ったものです。

こんな風に大学にお金がかかると、老後の貯金どころではない家庭も多いだろうなと思います。

法規制するとか、
学校関係のどこかで、話し合って調整するとか、何とかしてほしいです。

まあ、うちはもう、受験終わっちゃったけどね。




にほんブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)へ
主婦のつぶやき・・・(*'-'*)にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
[PR]
# by civaka | 2018-11-30 08:05 | 社会のあり方を考える | Trackback | Comments(0)