旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka
スマホを使い始めたら、やたらと出てくる悠悠館ラクビの広告。
痩せるためには、やせ菌を増やせばいい。
ラクビを飲めばやせ菌が増えるというので、買ってみた。
でも、いざ買ってみると、
一緒にこうじ酵素も飲んだ方がもっと効きますよという広告付き。
はいっ?

一緒にこうじ酵素が無料になるハガキがついていたので、
一回分一袋が無料で届くのかなと思って、ハガキを出してみた。

ところが届いたのは、3袋。
しかも、4000円以上の請求書付き。

えっ?
なにそれ。

この会社気持ち悪い。

多分一袋は無料だけれど、3袋セットで買わないとだめということらしい。
そのあたり、よく読まなかったのだが、
ハガキの下の方に書いてあったらしい。

しかし。

たとえ、あったとしても、
お客さんによくわかるように大きな字でよく見えるところに、はっきり書くべき
というのが、今の社会常識であり、
法律であり、

いまだに、こんなせこいことする企業が
相変わらずあるんだなと、驚いた。

こんな気持ち悪いもの飲みたくないので、
返品、解約しようとして、

ホームページからログインしようとしたのに、
ぜんぜんログインできない。
メルアドもあってるし、
名前もあってるのに、
ぜんぜんログインできない。

しかたがないので、電話をかけてみる。
ネットを見ると、電話はすごくつながりにくいらしい。

確かに、現在込み合ってますという音声のテープが延々と流れて、
なかなかつながらない。

しかし、
ここでくじけてはいけない。
こんなものを延々と届けられてはかなわない。

10分か15分くらいじっと待っていたら、
さすがにつながった。

解約、返品を告げるとすんなり、引き受けてくれたのだが、
本当に解約になっているかは、
結構不安である。

返品に関しては、郵便局のレターパックライトがいいですということで、
さっそく郵便局に行く。

なんと、着払いではいけないらしい。
あれだけ、さんざん無料を謳って、
何度も、メールで早く申し込めと催促してきたのに、無料どころか、
結局360円も、損した。

ただほど怖いものはない

もうこんな気持ち悪いもの、一晩だって、家に置いておきたくない。
もうこんなへんなサプリとか買わない。絶対。

やっぱり、自分で努力しない限り、痩せるわけない。

ラクビはまだ、もっと前に届いたので、飲んでいるけれど、
多分痩せない。

実際ネットの広告が多すぎる。
普段スマホを使っていても、何度も出てくる。
その時点で怪しい。
コインチェックもそうだけど、
異常に広告の多い商品、企業は、大体危ない。

こんなブラック企業早くなくなってしまえ。

そして、自分にも反省したい。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
# by civaka | 2018-02-21 14:49 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
標準服が8万円かかるのはそんなに話題なのかな。

アルマーニを標準服として正式採用した、銀座の泰明小学校。
公立なのに、なぜだか有名なのは、立地ゆえだとは思うけれど。
もちろん、中学受験に有利なんてことがあるわけない。

ただ、貧乏人は来ないでほしい、と言わんばかりな施策だと思う。
そして、わからないでもない。

小学校って、将来の犯罪者もやくざも、不良も、ごく貧乏人も、
みんな、同じ教室で、お友達ですって、いって、過ごさなければならない。
大人になったら、そんなことありえない。
高校くらいでも、だんだん階層化されて、ちゃんと勉強して、いい高校に行けば、
そんなタイプの人たちはいなくなる。

しかし、小学校はそうはいかない。
それがいやで、私立の小学校にお受験させたとしても、
最近のお受験のシステムは、対策の立てようが難しそうで、
よもや、落ちた場合、
抑えで、ろくでもない私立小学校に入れるくらいなら、
泰明小学校のようなところに入れようと考えるのかもしれない。
公立なら、学区域内に住んでさえいれば、
住民登録さえ、していれば、
とりあえず、その小学校には入れるのだから。

そして、泰明小学校の区域に住んでいるけれど、
アルマーニなんて、そんな高い服買ってられないとおもうなら、今どきは、
ほかの通える小学校に希望を出すこともできる。

昔と違って今は、学区域も強制ではないので、ほかに行けばいいだけの話。

泰明小学校は、PTAの強い要請でもあったのかもしない。
変な貧乏人や、やくざを自分の子の同級生にしたくないという、親たちがいるのかもしれない。

と、ニュースを見ながら、考えた。

ただ、そもそも思うのはすでにあの立地に公立小学校なんて、要らないのじゃないか。
地方では、統廃合がどんどん進むご時世。
あの立地ならもう、ほかの小学校と統合して、あの場所での公立小学校は、
やめにしてもいいはずだと思う。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
# by civaka | 2018-02-15 12:56 | 社会のあり方を考える | Comments(0)

定年と子供の結婚

子供もそろそろ、結婚適齢期だが、
ぜんぜん結婚できそうにない。
昔なら、親が必死でいろいろと手をかけて、
子供を結婚させようとしたけれど、
今は、見合いのシステムと、昔より薄れてきたし、
結婚させるのは大変だ。

でも一番思うのは、
ちょうど、子供を結婚させるべき時期と、定年から年金までの60歳から、65歳までの、
親の収入の不安定な時期が重なってしまっていることだ。

子供の結婚ていうと、親がやはりいろいろと、手をかけお金をかけてあげたものだけれど、
ちょうどこの時期に一番収入が不安定で、
結婚にお金をかけにくい。
果たして、年金がどの程度出るのか、わからない。
そんな時に、結婚のいろいろな諸費用をかけることに
とても、不安なのだ。

もちろん、自分で相手を見つけてきて、
自分たちでみんな決めて結婚してしまうカップルもいるのだけれど、
世の中の未婚率の高さは、
やっぱり、結婚しない男女の多さであり、
昔なら、そんな彼らを親たちが何とかしたのだけれど、

今どきは、嫁を貰っても、老後を見てもらえないのかと思うと、
なんだか、無理してお金と労力をかけて、
子供を結婚させることに二の足を踏む。

お嫁さんが老後の姑の面倒は見たくないといって、
本人の意思を無視して、無理やりに介護施設に入れてしまった、旦那の実家の例や、
気に入らないことがあると、老後理面倒は見ませんと脅しをかける私の実家のお嫁さんを見ていると、
もう、
お嫁さんをもらうのは、怖い。

お嫁さんたちの義務はどんどんなくなっていくのに、
権利はどんどん強化されていく。

もし、姑になっても、お嫁さんて怖い。

未婚率がどんどか増えていくのも無理はない。

それでもできれば、子供たちが結婚できた方がいいとは思う。
けれど。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
# by civaka | 2018-02-12 07:27 | 社会のあり方を考える | Comments(0)
センター試験の問題にムーミンが出たといって、
新聞の記事になっていましたが、
ムーミンと一緒にでてきた、ビッケは私が中学生のころに見た。
ムーミンは何度も再放送され、さらにリニューアル制作されて、包装され、かなり有名で、今の受験生も、知ってているが、「小さなバイキングビッケ」は、作られたのは一度だけ、それほど再放送もされていない。
我が家ではたまたまレンタルビデオを見つけて、子供たちに見せたけれど、ムーミンほどの知名度はないと思う。

ムーミンの問題は、受験生が、勉強付でなく、子供らしい子供時代をすごしているか、と問うという意味もある問題だと思うけれど、今の受験生はビッケなんて知らないと思う。

出題者は自分が子供のころに見た子供向けのアニメで、ムーミンが有名で、ムーミンと同じ、北欧を舞台にした作品だということで、選んだとは、思うけれど、受験生はビッケは知らない。

ちょっと出題が苦しいと思う。

それとも、ビッケはいい作品だから、子供に見せようとする親の姿勢が問われているのか。
北欧に住むバイキングの話だけれど、16世紀のアメリカ大陸発見よりずっと昔に、バイキングたちは、アメリカ大陸まで行っているということをアニメの中でも、描かれていて、そのあたりがビッケのすごくて面白いところ。

一休さんのように頓智を使うビッケの賢さや知恵が面白い。
ほかにも、トロイの木馬の話も出てくるし、地理や歴史の勉強にもなる素晴らしい作品なのだけれど、
ムーミンのほどの知名度や放送回数がないのが残念。

これを機に、ビッケの知名度が上がってほしいし、テレビで再放送してくれるといいのにと、思う。

ムーミンよりも、ビッケを問題にしたかったのかもしれない。


[PR]
# by civaka | 2018-01-23 20:02 | Comments(0)
以前から夫がずーっと言っていて、
やっと、決心しました。
つい先日、集金に来た新聞屋さんに、
やめますといいました。
実際に、言ったのは、夫です。
毎月に新聞代を払っている人に、私はが自分でやめるという勇気はありません。
それでもう、夫本人に行ってもらうことにしました。
ちょうど、日曜日に集金の人が来てくれたので、
そのタイミングで断りました。
とっても、悲しそうな顔をしていたと、
夫が言いました。
だよねーーー。

でも実際、新聞の記事のほとんどは読みません。
ニュースは、ネットでいくらでも見られる時代。
ニュース自体を私は新聞で読んですらいません。
見ているのは、ほとんど、テレビ欄と、家庭欄くらい。
株の記事もスポーツ欄もニュースも読んでいない。
家庭欄だけなら、これからは、図書館で読もうかと思う。

ただ、新聞紙がなくなると、困るかもしれない。

これからの、定年後のことを考えての節約。
実際、ダスキンも新聞もなくて戻ってことなさそう。
その分、スマホを買いましたが、
そんな風に節約をしているのに、
休日に車で出かけて払う駐車料金の数千円をなくしたら、
よっぽど、節約になるのだけれど。

70歳くらいになったらもう、車には乗らないし。
車にかけてる経費がかなりなくなるはず。

新聞を定期購読している人もどんどん減っているそうで、
いずれ、神の新聞は、無くなってしまうかも。

でも、リアルのニュースがなくなると、情報操作された時が怖いなと思う。
紙の新聞は残るから、過去の記事を見直すこともできるけれど、
ネットのニュースは速攻で書き直されてしまうこともあるわけで。

ネットだと、自分が見たいものしか見ないし。
ニュースの世界も知らない間にどんどん変わってしまうのかも。
新聞配達の仕事もなくなるな。

追記 やめたはずなのに、元旦に新聞届いてしまいました。なぜ。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by civaka | 2017-12-31 11:21 | 社会のあり方を考える | Comments(0)