旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

『源氏物語千年の謎』

まあまあの出来というところでしょうか。a0226627_1313957.jpg

生田斗真の『青海波』が観たくていったのですが、まあまあというところでしょうか。
でも、全体にすごく雅できれいでした。

六条の御息所役が田中麗奈で、どうよとおもったのですが、彼女の特別に印象的な目が、生霊の役の時にまさにぴったり。ミステリアスな源氏物語もなかなかです。

千年の謎とかいいますが、紫式部が源氏物語を書いた動機が、藤原の道長への恋情と、嫉妬というのは、なんかちょっと安易なような気がします。嫉妬だけで、あれだけの物語がかけるとは、思えない。

それと、源氏物語は、実際には、ばらばらに書かれたもので、時系列をととのえたのは、後でのこととか。
桐壷の巻から、順番に書かれたわけではないはずです。
まあ、フィクションですからね。

でも、六条の御息所の生霊の部分がかなり描かれていて、見ごたえはあったかもしれません。

時代考証は、いいまでみた源氏物語の中では一番リアルだったと思います。

何作も作られていますが、作られるにつれて、だんだん時代考証や、建物、調度などが、それらしくなっていくようです、そのあたりだけは、いいです。


藤壷役の真木よう子さん。美人なんだけど、声がハスキーすぎてねー。ああいう時代だから、声の美しさって、かなりの美人の要件だっただろうにと思うんだけど、声が美しくなくて、そこが残念。

でも、キャストや、セットはよかったし、この後のストーリーも、作ってほしいかも。
[PR]
by civaka | 2011-12-23 13:09 | 映画 | Comments(0)