旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

ドラマ『逃げ恥』と相続税

ドラマ『逃げるが恥だが役に立つ』の最終回で、落としどころは、「共同経営者」だった。
夫婦の財産は夫婦のもの。
でも、日本の法律では、夫が死んだ途端に、国家が介入してきて、相続税を取り立て、夫婦経済の中に介入してくる。さらには、生前の贈与まで、口出ししてくる。夫名義の預金は下せなくなるし、財産を妻名義にしておけば、贈与税だといって、取り立てる。
国家では、夫婦の財産は、夫婦のものもではなく、あくまで夫のもの。戦前の家長制当時の価値観のまま、一向に変わらない。
男女共同参画だといいながら、そのあたりはちっとも変わらない。
こんなことでは、おちおち子育てもできない。
国家が夫婦の財産を取り立てるのなら、子育てなんかしてないで、働いて、妻である自分の財産を形成しておかないと、老後の暮らしもままならない。
けれど、今の若い世代ならいざ知らず、それ以前の世代は、女性の働きでは、生きていくこともままならない。

夫が死んだ途端、夫婦の経済は夫婦のものではなくなる。

夫婦が、共同経営者であるのは、夫が生きている間の話。

そのあたりまでは、書かれていないんだなと思ったけれど、原作はどうなのだろう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
by civaka | 2017-01-03 08:16 | 社会のあり方を考える | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://futsupa.exblog.jp/tb/23519720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]