旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

伊豆一泊春の旅3 江川家住宅

韮山反射炉を見た後は、反射炉を作った江川英龍の家を見に行きました。
反射炉で、両方を見て700円のチケットを売っていて、
それではぜひ見ようということで。行ってみました。
江川家のそもそもの先祖、始祖は、源頼近だそうです。
その9代目の宇野親信が、
都の争いを嫌って、13人の従者とともにこの地に逃げてきた。
その末裔が、江川家。
この土地で、代々代官を引き受けて、
その明治末期の江川家頭領、代官だった江川英龍は、時代を読んで、
諸外国が日本を植民地化するかもしれない時代に、江戸湾に大砲を設置しようとした人。
お台場を作り、大砲を作った。
その大砲を作るために、韮山反射炉を作った。
江戸時代には、代官を務めた家。

先祖は、源氏で天皇の血筋で、貴族って、地方の土地に来ても、やっぱり残るんですね。
やっぱり、頭がいいから、どこに行っても、トップに立つ能力があるのかなと、思いました。
そういう能力が代々遺伝して、伝えられる。
うーん。

一緒に来た従者の子孫もみんな、この土地に残っているそうです。
すごいです。


a0226627_16580662.jpg
反射炉から、車で5分。
お寺なのでは?
と、思うような高い屋根の家ですが、
実は一階建て。
ものすごく、屋根裏が高い。
ここで、時々NHKの大河ドラマの撮影がされたそうで、
今放送中の「西郷どん」のおシラスの場面もここで撮ったとか。
たしかに、こんなでした。おおおおーーーー。
a0226627_16593979.jpg
天井を下から撮ってみた。
とにかく、柵がすごくいっぱい。
室町時代の作りらしく。
非常に珍しい作り。


a0226627_16585752.jpg
主屋を裏から。桜が咲いていたら、きれいだったのに残念。

a0226627_16592331.jpg
a0226627_16595780.jpg
当時パンを焼いたパン釜。
イースト菌がないので、めちゃ固い。
a0226627_17002517.jpg
広い土間。かまど。とても大きな釜です。昔だから、使用人もたくさんいたのでしょう。
何人分を炊いたのか。
いったい何合のお米を炊いたのか。
地方の名士の家ですからねえ。

a0226627_17010122.jpg
晩年は、ここで塾も開いていたそうです。
a0226627_17014535.jpg
裏には米蔵も。
土壁ではなく、板塀なのも珍しい。
a0226627_16582382.jpg
次は沼津市でランチです。



旅行・お出かけ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]
by civaka | 2018-03-23 15:30 | 旅日記 | Comments(0)