旅行や、都内散歩、関東近辺の日帰り旅行、普段の生活や思ったことなど書いてます。

by civaka

AKB世界選抜総選挙に考えさせられる

須田亜香里の二位の結果を見て、つくづく日本はおべっかの国なんだなと思った。
総選挙の番組自体はもう十分楽しかったのだけれど。

おべっかとか、根回しとか、立ち回りのうまさとか、愛想の良さとか、
そういうことが決め手になる国。

日本が、アジアの中で唯一西欧列強の中にいるのも、
実はこんなところにあるのかもしれない。

技術力よりも、西欧列強の中で、
闘わず、逆らわず、うまく立ち回って、引きのうまさで、
生き延びているのかもしれない。

総選挙の番組を見る前に、韓国と日本のAKBの協賛で、韓国と日本で活躍する新しいアイドルグループを作ろうとする番組を見た。その中でみた、オーディションでは、韓国は本当に歌や踊りにプロフェッショナルを求めているのに対して、日本のアイドルはあくまでしろっとぼさ、どこにでもいる「普通の女の子」が求められる。
日本の男は、アイドルが歌やダンスのがうますぎると、逆に引いてしまうのだろう。
自分よりプロフェッショナルな女の子は嫌い。
内助の功とか、夫より引いて歩くとか、
そんな封建社会の価値観そのままに、
現代社会でも、男の前に出るような女は嫌いなんだ。

歌も踊りもうまくなくて、顔もかわいくないことが、逆に売りになるそんな社会。だ。

「プロデュース48」のオーディションでも、審査員の女性が、日本のアイドルAKBの下手さに驚きつつも、
「日本は文化が違うから」と、何度も言っていたけれど、

まさにそんな感じ。

「プロデュース48」の選挙では、一位は宮脇咲良だったので、
今回のSKEの強さは、名古屋開催のおかげ。
名古屋の土地の見え好きな土地柄のおかげ。

NMBが弱いのは、商人の町のケチさのせい。

順位も、所詮トップが抜けたからこその順位だし。

やはり、日本は、個人の能力より愛想の良さが評価される国。
立ち回りのうまいやつが出世する国。普段はいいけど。
何かあったときに、能力のない人間ばかりの組織は残れない。

それにしてもいっそ、須田亜香里が一位だったら、面白かったのに。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ にほんブログ村主婦
人気ブログランキングへ
[PR]
by civaka | 2018-06-19 19:12 | 社会のあり方を考える | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://futsupa.exblog.jp/tb/238610048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]